(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

処刑少女の生きる道

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2022年4月現在のものです。

放送 2022年4月〜
話数 全-話
制作 J.C.STAFF
声優 処刑人・メノウ:佐伯伊織
迷い人・アカリ:佳原萌枝
処刑人補佐・モモ:金元寿子
諸国漫遊の姫騎士・アーシュナ:M・A・O
OP

ED


ストーリー

かつて日本から訪れ世界に大災害をもたらした《迷い人》。 彼らは過去に世界を滅ぼすほどの厄災をもたらしたことから「禁忌指定」となり、人知れず処刑する必要があった。 《迷い人》の処刑を生業とする《処刑人》のメノウは、ある日、日本人の少女・アカリと出会う。 いつものように任務を遂行しようとしたメノウだが、アカリの〝とある能力“により失敗に終わってしまう。 アカリを確実に処刑するため、彼女を連れて、いかなる異世界人をも討滅可能な儀式場があるというガルムの大聖堂を目指すメノウ。 殺されるために旅をしているとは知らず純粋に楽しむアカリの姿に、メノウのなかで何かが変わり始めていた。 ――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

みどころ!

ストーリーも作品設定も戦闘描写も完成度が高い作品で、地球から召喚された人を処刑するメノウと地球から召喚されたアカリをが軸のお話なのですが、メノウがアカリを処刑しようとしましたがアカリの時を戻したり止めたりする能力で失敗してしまうのですがまず最初のみどころです。そしてそのごなぜかアカリがメノウにとても懐いてしまうのですが、それはアカリが何度も旅を繰り返してその道中でメノウと仲良くなっていきメノウはアカリのために死んでしまったりするのでアカリは自分の力で過去に戻り何度も旅を繰り返しているのでメノウに懐いていたのですが、最初の世界線ではアカリを騙してアカリを処刑をするチカラのためにメノウはアカリと一緒にたびに出るのですが、二人の変わっていく関係性や、その途中での細かいアクションシーンが凝っていて魔法の仕組みや独自の身分制度やそれに関係する問題などや宗教や支配体制などもかなり凝った作りの内容になっているのでその当たりも見どころです。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間


見放題

31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『処刑人』

かつて日本から現れ、この世界を滅ぼすほどの厄災をもたらしたと言われる《迷い人》。日本人の少年・ムトウミツキ、彼もこの世界に召喚された《迷い人》だ。グリザリカ王城に召喚され、「無能力」と判定されたミツキは、王城から追放されてしまう。ゆくあてもなく彷徨っていたミツキは、自分を保護してくれるという神官の少女・メノウと出会う。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
勝手に異世界へ召喚しておきながら、お前はいらないの一言で片付けるなんて、さすがに少年が気の毒だと思い始めていたけれど、少年のような異世界人が今までにもいたから、メノウの判断に迷いがなかったんだなと理解は出来ました。
40代女性
ご飯の途中に召喚されて、よっしゃ!勇者召喚ってヤツだ!とパッとしなかった元の世界には全く未練なさそうで、この世界に順応するかに見えたムトウ少年よ!君こそこの作品の主人公の1人なんだね?と思っていたら、あっさりさようならするとは全く蘇ることはないのかな?と少し期待したくなるキャラクターでした。
30代女性
彼らが選抜されたというよりも、異世界人をこの世界へ召喚することに意味があったんだろうなと推測。教会を打倒したい第二身分側の反乱に、普通に生きていた少年少女が巻き込まれて、処刑人のメノウよりも国王の方がよっぽど残忍だと思えました。
30代女性
始まったときは勝手にメノウがヒロインでムトウくんっていうのが主人公で、無能力扱いした王様に復讐する話かと思ったけど、まさかのメノウさんが主人公で、能力を持ってやってくる迷い人を処刑して回っていることに驚きました。
40代女性
ムトウ少年を処刑する際にも、あなたには何の罪もないのよと懺悔の思いを捧げながら実行していたけれど、それは幼いメノウが厄災を体験していたからだと知ることは出来たけれど、何故迷い人は日本からしか来ないのか、今後のキーポイントになりそうなので心に留めておこうと思いました。

第2話『迷い人』

主に仕える神官であると同時に、《迷い人》を殺す使命を担う《処刑人》・メノウ。ミツキと同時に、アカリというもう一人の異世界人が召喚されていることを知る。メノウの後輩で《処刑人補佐》のモモもサポートに加わり、王城への潜入に成功。安心させるような演技でアカリに近づき、アカリの処刑を試みるが……。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
これまで迷い人と深く関わって来なかったメノウなのにと、桃が超絶メノウヲタクだからアカリに嫉妬しているだけなのかな?と思っていたけれど、メノウの消えてしまっている記憶のことを何か知っているから心配しているようにも受け取れて、殺すことが決まっているとしてもその前にメノウ自身にも変化が現れるんだろうなと感じてしまいました。
40代女性
救出に来たと油断させて後ろからアカリを襲ったけれど、彼女の体には傷1つ付いていなくて、メノウが刺した傷が再生したの?とも考えたけれど、時計が現れたということは、アカリの純粋概念が時間と関わっているからなんだろうなと感じました。
30代女性
行ってもいない日本の学校の夢をメノウが見ているのは、今まで処刑した迷い人の残像なのかと考えたけれど、もしそうなら何故親友がいることまで分かったんだろう?と、アカリの方も日本に戻ることを望んでいないように見えたのでさらに謎を呼びました。
30代女性
前回のムトウくんとかいう少年同様に、今回もアカリちゃんを出会い頭にサクっと処刑って怖いわーって思ったら、アカリちゃんは時間を操る能力の持ち主って凄いですね。殺しても殺しても生き返るというか、死ぬ前に戻されるんじゃ、永遠に処刑できないのでは!?
40代女性
メノウの能力の高さは確かにすごいのですが、それが役に立たないとは。アカリの能力の底知れなさには驚きです。アカリはどうやら天然な性格のようで自分の凄さにまだ気が付いていません。彼女との触れ合いの中でメノウの心境が大きく揺るがされることは推測できます。主要キャラは出そろったようで、どんな旅となるのか注目しています。

第3話『禁忌の【赤】』

確実に殺したはずのアカリは、彼女の持つ謎の能力により復活してしまう。実質不死身であるアカリの、その能力が暴走する前に仕留めなければと焦るメノウは、アカリを連れガルムにある異世界人討滅のための儀式場へと向かう。だが、その車中、謎のテロリストの襲撃を受ける…。そんな中、同列車の貴賓車両には、グリザリカ王女、アーシュナの姿があった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
アカリの立場になって考えれば、メノウが暗殺者だなんて思わないんだから当たり前だけど、異世界という世界を心から楽しんでいるアカリを見ると、これがアカリを殺すための旅ってことがちょっと複雑ですね。ただ「もう残されるの嫌」って言葉が気になる。
40代女性
列車テロから始まり、戦闘シーンの連続は思っても見なかった展開だけに見ごたえがありました。メノウの戦闘能力の高さを再確認するとともにモモやアーシュナもとんでもない強さです。もっともアカリの化け物具合も理解できましたが。このまま更に過激になっていくのは怖い気がします。
30代女性
アカリが本当にあざといんだよな。本人は無意識でやっているのか。本当は計算だったら怖いけれども、メノウがめっちゃ強いってことを知っているこっちからすると、テロリストからメノウを守ろうとするアカリの行動にめっちゃ驚いてしまった。
30代女性
明らかに怪しい乗客たちは、アカリとメノウを追って来たんだと思っていたけれど、禁忌を犯したグリザリカ国のアーシュナ殿下の元へ向かっていて、誰に雇われて彼女を捉えに来たのか、その目的と首謀者が誰なのか気になりました。
40代女性
アカリを仕留めきれなかったメノウではあるものの、素敵なキャラクター性があるアカリだけにそのままにして面白い関係性の場面を見せ続けてくれと願いたくなる楽しさが堪らなく、ナノウよりもアカリを主人公にしても良いのではと思えてしまう。

第4話『古都ガルム』

テロリストの襲撃によって制御弁が破壊され、暴走する列車。このままでは大惨事になりかねないと、アカリと導力を接続して列車を止めることに成功。その際、アカリの能力を再び目撃したメノウは、彼女の持つ能力が【時】の純粋概念だと確信する。そして、無事にガルムについたふたりは、大司教オーウェルと対顔する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
迷い人のアカリは世界全体の時間を戻すことも出来るし自分の時間だけを戻すことも出来てしまう能力なんて凄いなと思いました。処刑人補佐のモモは迷い人のアカリに気をつけてと何度も忠告したりメノウの事を心配しているのが分かって良いなと思いました。モモはアカリの事をオッパイ女と呼んだりアーシュナの事もクソ姫と呼んだり面白い子だなと思いました。メノウが幼少の頃にマスターに会った時にメノウが誰と聞いたらマスターのフレアは清く正しくそして強い神官だよと言っているのが格好良いなと思いました。
40代女性
アカリは自分の時間を戻すだけじゃなくて、世界の時間も戻すことができるって、下手したら今もアカリが、時間をメノウと出会ったときに一度戻している可能性もあるかも?メノウの街が滅んだのって、世界最大の災厄かと思ったけど、塩の世界になるようなヒューマンエラーがあったって、マジで日本人危険だね。
30代女性
メノウの過去をしっかりと描き、彼女が何故処刑人となったのか理由が分かりました。メノウの師匠に当たる人も相当暗い雰囲気の持ち主で非常に厳しい感じです。意外だったのはメノウ自身に才能はあまりなく努力によって今の地位となったということです。悲劇を繰り返さないためのメノウの決意は並々ならぬものがあります。しかしアカリと出会ったことで何となく揺れているのも事実です。アカリの能力でメノウや大司教の思惑とは違った方向へと行くような気がしてなりません。
30代女性
メノウだけではなくてモモも感じ取っていたあの違和感の正体の謎。何かの力が働かない限りあのまま列車はぶつかって大惨事になっていたはずなのに、その事故を回避出来たと言うことは、アカリの純粋概念を使って時間を戻したということでもあるんだろうなと感じました。
40代女性
無事に目的地であるガルムに着いて、これで処刑されておしまいってわけじゃないだろうから、どうなるんだろうって楽しみにしてました。それにしても、昔のメノウちゃんの死んだような目を見ると本当に良くここまで明るく立ち直ったというか、強くなったなって関心する。

TOPに戻る↑

第5話『さよなら』

オーウェルから、ガルムで起こっている「女性連続行方不明事件」の調査依頼を受けるメノウ。ガルムの街を観光したいというアカリのため、モモに調査の代行を依頼。旧王城地下を調査するモモは、またもやあの厄介な姫騎士に遭遇してしまう…。一方、日本に帰ることができると思いこんでいるアカリは、メノウに別れを告げていた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
なんだかんだ処刑するって分かっていても、メノウはアカリとの街の観光を楽しんでいる感じでしたね。ジェラート食べて喜んでいるのが可愛い。とうとうお別れになってしまうのかって思ったら、モモは地下でアシューナに会うし、純粋な処刑物語ではなかったのね。
40代女性
日本へと帰る儀式の前に観光をしている気分なんだろうとメノウさんは思っているけれど、アカリさんは初めから元の世界に帰りたいと望んではいなかったので、これが自分にとって最後であるとメノウさんとの時間こそ大切だと心から楽しんでいるように見えました。
30代女性
多くの異世界人を処刑し来たメノウにとってアカリは特別な存在でした。複雑な思いを抱えながら処刑の時を待っていたようです。しかしメノウの予想外の事態となりました。そもそもこの事態を招いたのはオーウェル司教でメノウも触媒にしようとしていたのです。複雑な状況になりメノウとしてもどう処理して良いか分からないでしょう。一体どうすればこの状況を切り抜けられるのか見えません。おそらくはアカリの能力が必要なのかもしれません。
30代女性
アカリの純粋無垢さが溢れている行動が可愛らしく、メノウとの繋がりは仲良しというよりも恋愛感情からの密着としか見えないのに、アカリはごく普通の気持ちの好きという人は間違えてしまう印象しかなく、ここまで良い子なのにと切なくなる。
40代女性
とうとうアカリとお別れになるのか、もしかしたら別れたくないって思ったアカリが無意識に能力を使ってしまって、メノウと出会ったところからやり直しになる可能性を考えたけど、意外な展開に話が転がっていって面白かったです。

TOPに戻る↑

第6話『回帰:記憶・魂・精神』

旧王城地下に、異世界人召喚のための転移術式を発見したモモとアーシュナ。第一身分(ファウスト)しか知るはずのないこの転移術式が王城地下にあったことから、この一連の事件の首謀者は、大司教オーウェルだという真相にたどり着く。メノウは、自らの若返りのためだけに【禁忌】を犯したオーウェルと対峙する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
絶対的なピンチを迎えたメノウを救ったのはアカリなのですが、そこに至った経緯が明かされて驚きです。この作品の奥深さは想像以上で全く見方が変わってしまいました。時間を戻す能力を持っていることを知っていましたが、まさかもっと未来からこの物語のスタートに戻っていたとは。当然アカリの進んだ破滅への道へはいかないでしょうが、メノウと共にどんな選択をしていくのか注目です。
40代女性
大司教様だけじゃなくて、フレアも最終的にはメノウを殺しに来るのか。だとしたら敵しかいなくない?
それにしてもメノウの街が日本人に漂白されてしまったのって、大司教が実験に失敗したからって、本当に最悪すぎる。
たしかにメノウは人の命を救い、大司教は救ってきたかもだけど、あの時点で大司教も同じでしょ。
30代女性
メノウよりもモモの方が断然キレたら強いのか。メノウからもらった髪留めを燃やされて、子供みたいに泣きながら戦っているのが印象的でした。ちょうど新しいシュシュが貰えたからいいけれども、このピンチを切り抜けるためと言えど、あんなに泣いているのを見たら、ちょっと可哀想だった。
30代女性
アカリはやっぱり時を戻していたんですね。しかもメノウに殺されたくないから、最初に戻したわけではなく、
メノウ以外の人に殺されたくないから、メノウに殺してもらうためにやり直しているって、アカリの愛が凄い。
40代女性
メノウが大司教から攻撃を受けてハラハラするけど赤い戦士もメノウが小さい時に遭った事故も全てが大司教の仕業だったなんてショックですね。アカリは術が掛かる寸前で自分の力を発揮したけど別人のようだし、自分を頭を貫いてやり直しをしてビックリでした。怒ったモモが教会の結界を壊して殴り込んで来たのは頼もしかったですね、メノウと大司教が対峙している時にフラッと声を掛けて来たアカリは緊張感無くて笑えました。メノウの作戦勝ちで大司教を倒して良かったけどアカリについては色々と謎が残ったので早く知りたいですね、殺されるならメノウが良いとは何度やり直しているのかも気になります。

TOPに戻る↑

第7話『港町リベール』

激しい戦いの末、オーウェルの打倒に成功したメノウは、アカリを確実に殺しきる方法を見つけるために、彼女を連れて旅に出ることを決意する。そして、旅の途中、「港町リベール」にたどり着く。そこには、四大人災(ヒューマン・エラー)を封じ込めた霧の牢獄、「霧魔殿(パンデモニウム)」が存在した。

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新。