(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

トロピカル~ジュ!プリキュア

トロピカル~ジュ!プリキュア

Contents

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
見放題
31日間無料!

※このページは2021年7月現在のものです。

放送 2020年2月28日(日曜)朝8:30〜
話数 (放送中)
制作 東映アニメーション
声優 キュアサマー/夏海まなつ:ファイルーズあい
キュアコーラル/涼村さんご:花守ゆみり
キュアパパイア/一之瀬みのり:石川由依
キュアフラミンゴ/滝沢あすか:瀬戸麻沙美
ローラ:日高里菜
くるるん:田中あいみ

 


ストーリー

小さな島で生まれ育ち、春から都会の中学校に通う中学1年生の《夏海まなつ》。故郷(ふるさと)の島から引っ越してきた日、まなつは、《伝説の戦士・プリキュア》を探しに1人で地上へやってきた“人魚”の女の子《ローラ》と出会う。ローラの故郷(ふるさ)と《人魚の国・グランオーシャン》は、暗い海の底に住む《あとまわしの魔女》の襲撃をうけ、《やる気パワー》がみんな奪われてしまった。人間のやる気パワーまで奪われたら、世界は大変なことに…!そんな中、地上に現れたあとまわしの魔女の召使いにローラが捕まって大ピンチ!「わたしの《今、1 番大事なこと》!それは…!」メイクでトロピカルチェンジ! やる気全開!まなつは、伝説の戦士・プリキュア《キュアサマー》に変身!プリキュアに、学校に、部活に! 春夏秋冬いつでもムテキのやる気で、みんなトロピカっちゃおう!

みどころ!

近日更新予定

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間


見放題

31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『トロピカれ! やる気全開!キュアサマー!』

都会の中学に通うため、南乃島からあおぞら市へと引越してきた夏海まなつは、海で“人魚”のローラと出会います。世界を救うため、伝説の戦士・プリキュアを探しにきたというローラでしたが、人魚の国に伝わるパクトが開かないことがわかると、すぐに去ってしまいました。
家に着いたまなつは、そこで人々の悲鳴が上がるのを聞きつけます。近くの浜辺では「あとまわしの魔女」の召使い・チョンギーレが生み出した怪物・ヤラネーダによって人々の<やる気パワー>が奪われ、海にいたローラもとらえられていました。
浜辺に駆けつけたまなつは、ローラを助けようとヤラネーダに立ち向かいます。そのとき、光とともに出現した指輪によってローラの持っていたパクトの鍵が開き、まなつはメイクでチェンジし、伝説の戦士・プリキュア、 キュアサマーへと変身します。
ヤラネーダを倒し、無事人々のやる気パワーを守ったまなつでしたが、まだよく状況がのみこめません。しかしローラは笑顔でその手を取り、「私の元で戦ってもらうから!」と告げるのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
プリキュアシリーズの新作で、海の街が舞台。今までのシリーズとは異なり、作風自体が全体的にとっても明るくて日曜日の朝が楽しみになるオープニングから始まりとってもわくわくしました。第一話はお決まりの主人公がプリキュアになるまでの物語でした。エンディングのダンスも前作より覚えやすくキャッチーなメロディも相まって、ハマりそうな予感です。毎週日曜の楽しみになりそうです。
40代男性
海を渡って都会に越す上京物語から始まる点に意外性がありました。主人公の放った大事なものは自分できめるという強い意志が引き金になってプリキュアに変身したシーンは胸にぐっとくるものがあってよかったです。人魚が登場するファンタジーな展開も子供うけするものでよかったと思います。
40代男性
主人公ヒロインがとにかく元気で可愛らしいのがよかったです。主人公を演じたファイルーズあいさんの元気なお声が目立ってよいものに見えました。人間と人魚が出会って物語が始まるファンタジー要素にわくわくするものがあってよかったです。
40代男性
リップを塗ることで、少女らしい姿の主人公が、やや大人っぽく見える点がよかったです。海の向こうにいる母と再会した時に、思わず荷物を落として散らかしてしまう描写はコミカルなものでよかったです。変身シーンの作画は特に綺麗で素晴らしい出来でした。
40代男性
日高里菜さんの演じる人魚のヒロインが、美しい見た目と違って意外に図太い点に好感がもてました。リップを塗って乙女の武装をすれば、気持ちが高ぶるという女子ならではの心理を表した展開も共感がもてるものでよかったです。

TOPに戻る↑

第2話『まなつとローラ! どっちのダイジが一番大事?』

あおぞら中学の入学式。中学生1日目を迎えたまなつは、昨日コスメショップで出会った女の子・涼村さんごと教室で再会します。
夜、まなつはローラを今は使われていない水族館のプールへ案内します。そこで人魚の国・グランオーシャンのこと、ローラは人魚の女王になるため、プリキュアを探していることを知ります。
翌日、まなつに付いて学校にやって来たローラでしたが、退屈のあまりまなつに内緒で抜け出してしまいます。勝手な行動で騒動をおこしたローラにまなつは注意するのですが、想いがぶつかり合い、お互いそっぽをむいてしまいます。ローラは近くの川に飛び込み、街の水路にたどり着きますが、街ではヤラネーダがあばれていました。攻撃を避けながらプリキュアにふさわしい人を探すローラでしたが、トロピカルパクトは反応しません。
そこにまなつが駆けつけます。まなつは「学校もプリキュアもめいっぱいやる」と宣言し、変身すると一気にヤラネーダをやっつけました。すぐに学校へ戻り、体育館で部活紹介の続きを見るまなつにローラは「ありがとう」と小声で伝えるのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
都会の中学校に入学するというウキウキとドキドキのまなつの気持ちはよくわかるのだが、学校に通って放課後は様々な部活動をエンジョイとしたいと語っていたがその間にある最も重要で必要な事である勉強が抜けていた所が愉快でならずイマドキの学生らしい。
40代男性
“まなつは元気いっぱいに入学式を迎えていた。
教室でみんなの自己紹介をするのだが、積極的に自己紹介していたのだが、かなり滑っていたのは面白い。
さんごと仲良くなったが、さんごがコスメショップの娘さんだったのは驚きだった。”
40代男性
“入学式でまなつは自己紹介で失敗してしまったが、さんごと同じクラスになった事が嬉しそうだった。
ローラがどんな気持ちで部屋で待ってるのか気が付かなかったのは仕方ないと思う。
ローラは一緒に学校に行くのだが、学校がつまらないとこぼすのはまだ何も起こっていないからだと思った。”
40代男性
“まなつは入学式でコスメショップのさんごとクラスメイトだった事を喜んでいた。
まなつはさんごと時間を過ごしていた時、ローラはまなつが帰ってこないと不貞腐れて待っていたが、風呂場を占拠していたのは、まなつも困ったと思う。”
40代男性
“まなつの中学校の入学式だった。
まなつは自己紹介を順番に紹介していこうとしたら、手を上げて元気よく自己紹介していたのは笑った。
目の前にコスメショップにいた、さんごが同じクラスだったのは良かったと思う。
まなつはさんごとコスメ部があえばいいなと思っていた。”

TOPに戻る↑

第3話『自分を信じて! キュートいっぱい!キュアコーラル!』

さんごは、まなつたちと訪れた水族館で偶然ローラと出会います。次の日の昼休み、まなつに幼稚園の頃の話をするさんご。そのできごとから自分の好きを信じられなくなってしまった、と語ります。
放課後になり、まなつたちがクラスメイトと下校していると、街にヤラネーダがあらわれました。まなつはすぐ駆け出して行きますが、他のクラスメイトは「モンスターが出現するそばには人魚もいるらしい」と噂話を始めます。それを聞いていたさんごは「人魚は悪くない!」と告げ、まなつを追いかけます。
人々が逃げまどう中、ヤラネーダを懸命に食い止めるキュアサマーを目にしたさんごは、「逃げない」と決意します。すると指にハートクルリングが現れ、ローラの持つトロピカルパクトの輝きとともに、さんごはキュアコーラルへと変身しました。
いっしょにヤラネーダをたおし、クラスメイトの元へ戻ったまなつとさんご。2人はお互いプリキュアとしてこれからもよろしくね、と心を交わすのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
何をするにもハイテンションなまなつは、日々楽しそうで羨ましくなります。みんなと一緒にお母さんの勤める水族館に来たけれど、ペンギンや熱帯魚で癒やされるみんなとは違い、まなつだけダイオウグソクムシが可愛いと本気で言っていたのがトロピカっていて素敵でした。
30代男性
“まなつの元気の良さは本人のいい所だが、部活を全部やりたいというのは無理があった。
案の定、クラスの友達からも色々と勧められるが、全部は無理と言われて残念そうにしていた。
友達とおでかけをするのだが、まなつの母親が水族館に勤めているので、みんなで行く事になったが、まなつの好きな生き物は独特だと思った。”
20代女性
“まなつの追究する気持ちはかなり高いと思うのだが、いくらなんでも部活を全部やりたいというのは絶対に無理な話で、クラスの友人にも無理と言われていた。
ローラにお出かけする事を聞かれるのだが、まなつはローラにいい日曜日をと言い残して置いて行ったのは少し可哀そうに思った。”
30代男性
“教室でまなつは部活をどうするのか決められないと騒いでいた。
島にいるときから楽しみにしていたというまなつの気持ちもよくわかるが、全部をやりたいというのはかなり無茶としか言いようがない。
まなつの母親が仕事をしている水族館にいくのだが、まなつの一押しが一般の人には向かないのは面白い。”
30代男性
“まなつは教室で決められないと騒いでいた。
どうやら部活をどうするか悩んでいるようだったが、悩んでいるというより、全部の部活をやりたいというのはかなり無理があると思った。
ローラも連れて買い物に行くのかと思ったら、あっさり切り捨てたのは笑った。”

TOPに戻る↑

第4話『はじけるキュアパパイア! これが私の物語!』

まなつとさんごは、図書室でプリキュアや人魚に関する伝説を調べるうち、2年生の一之瀬みのりと知り合います。ふたりはみのりが書いた小説『マーメイド物語』を読み「続きが読みたい」と伝えますが、みのりは自分の作品から目を背けます。
翌日、まなつとさんご、ローラは博物館で再びみのりに出会います。みのりはポットから飛び出していたローラの姿を目にし、ホンモノの人魚がいたことにおどろきます。そこに、あとまわしの魔女の召使い・ヌメリーがあらわれます。
ヤラネーダに苦戦するキュアサマーとキュアコーラルの姿を前に立ちすくむみのりでしたが、ローラはそんなみのりを励まし、トロピカルパクトを差し出します。ふたりを助けようと自分の足で前へ踏み出したみのりは、新たなプリキュア・キュアパパイアへと変身し、ヤラネーダをやっつけました。
まなつとさんごに迎えられたみのりは、うながされてローラの尾ひれに触れます。ホンモノの人魚に触れ、感動したみのりは、「すごくリアル…!」と嬉しそうに微笑みました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
ドクターヌメリに変身させられたヤラネーダが土偶姿で笑ってしまいました。これは毎週違うヤラネーダが見れるフラグなのか。みのりん先輩は、文芸部時代に「マーメイド物語」を否定されたんだろうな。キュアバパイヤに変身出来たなら、きっともう大丈夫!
30代男性
“まだ部活の決まらないまなつとさんご。
まなつと一緒にいるさんごは部活をどうするのかまなつに話すのだが、ローラが作ってしまえばいいと話す。
いっその事、プリキュア部にしたらいいのではと思ったが、プリキュアに事を調べに図書館に行くのだが、みのり先輩と出会う事になったが、まなつに押されまくっていて気の毒に思った。”
20代女性
“まなつは今日も部活を決められなくて嘆いていた。
さんごも自分も決められなかったと同意していた。
そこにローラは自分で作る事を提案するのだが、まなつはどういう部活名にするか悩んでいたが、プリキュア部を提案されるが、プリキュアとは何とすごい点に気が付いたのは面白い。”
30代男性
“さんごとまなつは部活を決められなくて困っていた。
だが、ローラが自分で部活を作ってしまえばいいのではと話をする。
この時に、そもそもプリキュア部と言い出して、プリキュアと伝説の戦士という事らしいが、それは調べてみる事になったが、部活の話はどうなったと思った。”
30代男性
“まなつとさんごは結局、今日も部活が決められなかった事を話していた。
まなつは色々とやりたいのだが、どうしたらいいのか困っていた。
それに付き合わされるさんごも大変だなと思ったが、ローラからプリキュア部にすればと提案される。
しかし、プリキュアとは何か調べる事になったが、結局部活は決まらなかった。”

TOPに戻る↑

第5話『先輩参上! 燃えろ!キュアフラミンゴ!』

困っていたところを助けてくれた3年生の滝沢あすかをプリキュアにスカウトするまなつたち。あすかはそっけなく取り合ってくれませんが、そこに生徒会長の白鳥百合子がやってきます。
まなつは新しい部活を作ろうと生徒会に申請していましたが、百合子は活動内容の曖昧さを指摘し、そもそも空きの部室がないので新しい部は作れないと言います。それを聞いていたあすかはまなつたちをかばうように百合子に詰め寄り、部室探しを手伝ってくれることになりました。
みのりの提案で屋上にある使われていない物置小屋を見つけたまなつたち。数日かけて小屋を片付け、不用品をリサイクルセンターに運び込みますが、そこにヌメリーがあらわれます。分裂を繰り返すヤラネーダにまなつたちが苦戦していると、学校で別れたはずのあすかが駆けつけてきました。あすかはローラに呼びかけると、キュアフラミンゴへと変身し、キュアサマーたちと呼吸をあわせてヤラネーダを倒します。
まなつたち後輩に囲まれるあすかの顔には、晴れやかな笑顔が浮かんでいました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
“まなつとローラは一人のプリキュアになってほしい人物を見つけた。
偶然、まなつが不良に絡まれていた時に助けに入ったあすかが不良を退治してくれたが、かなり強い人だった。
ローラは絶対にプリキュアにするべきだと積極的にあすかにアタックするが、冷たくあしらわれてしまうのは仕方ないと思った。”
30代男性
“ローラはプリキュアがあと一人だと喜んでいた。
まなつが偶然助けてもらった学校の先輩のあすかが助けてもらった。
あすかをプリキュアに誘うのだが、アスカの返答はお断りだった。
しかし、このあすかは実はすごい面倒見が良い人で口だけ悪い人だったのは面白い。”
20代女性
いつものように、面白おかしくローラと会話をしながら街を歩いていたまなつ。口癖の「トロピカっている!」を連発していたけれど、前から歩いて来た男性が自分の頭を「ツルピカってる!」と馬鹿にされたと勘違いしていて、確かにそう聞こえてもおかしくないかと思わず笑ってしまいました。
30代男性
“まなつは早く部活がやりたいと張り切っていた。
更にはローラもプリキュアがあと一人と浮かれていた。
そこになんじゃとすごい怒号が浴びせられた。
3人の不良に絡まれたまなつはトロピカってると発言がツルピカと聞こえたようで災難だと思った。”
30代男性
“まなつもローラも部活の事やプリキュアの仲間があと一人で喜んでいた。
一人で騒ぎすぎて、3人の不良にからまれたまなつは困ってしまう。
そこに先輩のあすかが助けに入ってくれた。
しかもかなり運動神経もよさそうに思った。”

TOPに戻る↑

第6話『今はじまる! その名は、トロピカる部!』

部室をみつけ、いよいよ新しい部活を立ち上げようとするまなつたち。しかし、肝心の活動内容が決まらず、生徒会にも申請書類を受け取ってもらえません。そんな中、学校の中庭にあおぞら中学の卒業生たちがやって来ます。彼女たちは10年前にみんなで宝物を隠したペンギンの置物を探していました。その置物は、まなつたちが部室を掃除した際にリサイクルセンターに渡したものでした。部活申請の締め切りも迫る中、街じゅうのリサイクルショップを探しまわるまなつたち。最後の一軒に向かおうとすると、ペンギンの置物型のヤラネーダが出現しました。
まなつたちはヤラネーダをたおし、ペンギンの置物を持ち帰ります。隠してあったペンダントを見つけ、よろこぶ卒業生たちの姿を見て、まなつは部活動の内容を「いま、一番大事なことをやる部」にしよう、とひらめきました。
卒業生たちの後押しもあり、生徒会に書類を受け取ってもらえたまなつたちは、ついに新しい部活「トロピカる部」を立ち上げることができました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
やりたいことがいっぱいありすぎて、結局トロピカれるもの全部をやる部活で「トロピカる部」だとは、さすがまなつ。顧問の心配はいらないよと、何をするか判らないまま「やってみたかったのよ」と引き受けちゃう桜川先生も、なかなかトロピカっている先生だ。
30代男性
“まなつはこれから部活で何をするのか決めようと張り切っていた。
しかし、まだ何も決まっていなかったのかと呆れもあったのは仕方ないと思う。
更にまなつの要求は全部やりたいと言い出しており、まなつはそのまま生徒会に提出するが、あっさり却下されたのは当然だった。”
20代女性
“いよいよ部活で何をするのか決まる事になった。
しかし、全部やる事を生徒会に提出するが却下されてしまう。
まなつはトロピカる事をやりたいと言い出すのだが、アンケートを取るが読書が出て来て、読書を始めるがまなつは静かに読めなくて、挙句には寝てしまうのは笑った。”
30代男性
“部活で何をするのか決める事になったが、まなつのテンションが高すぎて暴走していく。
何度も生徒会に提出するが、すべて却下されていたのは当然だった。
更にはコスメ部と提出するが、校内では化粧は禁止だったので、また却下されてしまい、まなつは愕然としていたのは仕方ないと思う。”
30代男性
“まなつは部活で何をするのか決めようと張り切っていた。
しかし、あまりにも要求が多すぎて生徒会にも断られていた。
そこでアンケートを取るが、読書をしてみるが、まなつには居眠りの時間になってしまった。
次のアンケートの答えが女王様の練習と出ており、ローラの希望とすぐにわかるのは面白い。”

TOPに戻る↑

第7話『やってくる! 海の妖精くるるん!』

なつたちはトロピカる部のランニングの最中、砂浜で海の妖精・くるるんを見つけます。グランオーシャンからのおつかい中になくしてしまったくるるんの荷物を探すため、みんなで砂浜を探しまわっていると、みのりが防風林にひっかかっている風呂敷包みを見つけした。
しかし、その風呂敷を狙ってあとまわしの魔女の召使い・エルダがあらわれました。キュアサマーたちがヤラネーダと戦う中、ローラは、エルダを追い払うために、勢いよく風呂敷包みを解きます。てっきりパワーアップアイテムだと思っていた包みの中身は、グランオーシャン名物のお菓子でした。あっけにとられるローラでしたが、そこに飛び込んできたキュアパパイアたちがヤラネーダをたおすと、エルダは去っていきました。
みんなでお菓子を食べている中、アクアポットに触れるくるるん。すると、ポットから泡の形をしたシャボンピクチャーが出てきました。そこには、写真のようにみんなの姿が浮かびます。ローラが海へと飛ばしたシャボンピクチャーの1つはやがてグランオーシャンまで届き、ローラたちの元気な姿が女王様にも伝わりました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
海の妖精・くるるんが名前の通り「くるる?ん」と鳴いて、全ての感情を表現していたのが可愛すぎました。しかも、耳がハート型で見た目までキュートな上に、貝殻クッキーが大好物だなんてさらにキュート!女王様からの預かり物をみのりん先輩が見つけてくれてひと安心でした。
30代男性
“トロピカる部を作る事が出来た、まなつは浜辺でランニングしていたが、かなり体力がないらしく苦戦していた。
休憩した時に、何か生き物が目を回して落ちていた。
ローズの知り合いだった、海の妖精くるるんだったが、ローズにもくるるんが何を伝えているのかわからないのは面白い。”
20代女性
“まなつ達、トロピカる部は浜辺を走っていたが、かなりしんどそうだった。
そこに生き物が落ちてた。
ローズが海の妖精くるるんだったが、なんだかすごく可愛い生き物だと思った。
ローズがくるるんの伝えたい事を聞くのだが、ローズかわいいとか笑ってしまった。”
30代男性
“トロピカる部が活動を開始出来たが、ランニングはみんな苦手だったようだ。
あすか以外はみんなへ垂れていたのは仕方ないと思った。
そこにくるるんが生き倒れていたが、貝殻クッキーを与えると嬉しそうに食べていてかわいいと思った。”
30代男性
“あすか先輩が海で何か見つけた。
トロピカる部のまなつ達を呼んで、これは何かと思っていると、ローズが海の妖精のくるるんだという。
だが、くるるんが何を言いたいのかローズにはわからないのは面白いのだが、みのりが意外にも理解していたのはさすがだと思った。”

TOPに戻る↑

第8話『初めての部活! お弁当でトロピカっちゃえ!』

お母さんが中身を間違え、ご飯だけのお弁当を持ってきてしまったまなつ。おかずを分けてもらいながら、みんな自分でお弁当を作っていると知ったまなつは、特に上手なあすかにお弁当作りを教えてほしいと頼みます。
今一番大事なことをする“トロピカる部”の初めての部活動は<みんなでお弁当作り>。教わりながら、毎朝お弁当を作ってくれるお母さんの大変さを実感するまなつ。やがてくるるんをイメージした“くるるん弁当”が完成し、景色のいい場所で食べようと海沿いに出かけると、公園からヤラネーダの声が聞こえてきました。
すぐにプリキュアに変身し、公園であばれるヤラネーダに立ち向かうキュアサマーたちでしたが、お腹が減っていていつもの力が出せません。そこで、ローラの作戦で少しの間ヤラネーダの動きを止め、お弁当を一口食べることに。力を取り戻したサマーたちは、一気にヤラネーダをたおしました。
その夜、まなつは「明日からはわたしもお弁当を作る」とお母さんに伝え、よろこぶお母さんといっしょに笑顔で晩ごはんを囲むのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
毎日、家族のために懸命に頑張っているお母さんを手伝おうと、まなつがお弁当作りを始める展開でやっと気付く有り難さという内容は見ている子供たちにもイイ影響を与えると考えられ、アニメーションながら内容は素晴らしい。
40代男性
“まなつは起きると母親がお弁当を作ってくれていた。
水族館のお仕事で早く行かなければならない母親は早々に出かけて、まなつは大変だなぁと思っていた。まなつはお昼休みにお弁当を食べるのだが、弁当箱の中身はどちらも白米だけだったのは面白い。”
20代女性
“まなつのお母さんは水族館の仕事が忙しくて早くに出かけていた。
まなつはそのお弁当を持って学校に行き、お昼休みにお弁当を開くのだが、おかずはなかった。
どうやらお母さんは忙しくて、間違えてしまったようで、まなつは罪悪感が出てしまったのは当然だと思う。”
30代女性
“まなつはお母さんの作ったお弁当を持ってきていた。
お昼休みにお弁当を開くとどちらもご飯あったので、まなつは驚いていたのは仕方ない。
まなつは自分でお弁当を作る事を考えて、あすかにお弁当に作り方を部活でおこなう事になった。
あすかがお弁当作るのが上手なのは意外だと思った。”
20代女性
“部活でお弁当を作る事になったのだが、まなつはお母さんの負担を減らそうと考えての発言だった。忙しいのに大変だと思う、まなつの気持ちはとてもいい子だと思った。
あすかが自宅では家族の食事を担当しているなど、苦労人だと思った。”

TOPに戻る↑

第9話『メイクは魔法? 映画でトロピカる!』

あおぞら中学校で映画の撮影があると聞いたまなつたちは、校門の近くでマスクとサングラス姿の女の子を見かけます。彼女は人気急上昇中の若手俳優・山辺ゆなで、あおぞら中学校で撮影する映画で演じる役柄に戸惑ううち、ロケ地まで来てしまったのだといいます。
まなつたちトロピカる部と一緒に、役作りに打ち込むゆなでしたが、なかなかうまくいきません。しかし、シンデレラをモチーフにしたマスコット“でれらちゃん”の着ぐるみを着て新しいコスメのサンプルを配るさんごの姿に勇気をもらいます。
頑張りすぎて倒れてしまったさんごに代わり、着ぐるみ姿になったゆなは、見事にでれらちゃんになりきり、自分の殻を破ることができました。
迎えた撮影当日、準備の進む学校にヤラネーダがあらわれますが、キュアコーラルの活躍で撃退されます。後日、完成した映画を観たまなつたちは、エキストラとしてスクリーンに映る自分たちと、いきいきとした演技を見せるゆなの姿に目を輝かせるのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
“まなつはみのりとあすかに演技をするように話をするが、絶対に嫌だと言う。確かにあすかには苦手な分野だと思った。不審者に声を掛けるまなつは怪しむ事を知らないのかと思ったが、相手が女優の山辺だったのだが、電柱にぶつかっていたのは面白い。”
40代男性
学校で映画撮影があるだけでもウキウキだったのに、エキストラを募集するみたいだよと聞いて、さらにトロピカってしまったのがまなつらしい。完全防備で偵察に来ていた山辺ゆなちゃんが、自分のイメージとは正反対の役柄に悩んでいたけれど、さんごの被り物姿を見て何か得られるといいな。
20代女性
“まなつは学校の前に不審者がいたので、声を掛けてしまう。怪しむ事をしないまなつは、何か御用ですかと話すと不審者は逃げてしまうが、電柱にぶつかって気を失ってしまう。実は女優の山辺だったのは驚きだったが、下見にきたのだが演技に悩んでいたが、普段の自分とは違う演技をしなければならないのは確かに難しいと思った。”
30代女性
“まなつが声を掛けたきっかけで女優の山辺ゆなと知り合う事が出来た。
しかし、ゆなは今度の撮影での役が今までとまったく違う役の為にかなり悩んでいた。演技の為にあすかが教える事になるのだが、あすかが悪い役のベースにされるのは気の毒だと思った。”
20代女性
“あすかとみのりにまなつは演技をして欲しいと話すが、2人は苦手だと話す。そこに怪しい姿の人がいたので、声を掛けると女優の山辺ゆなだった。撮影の下見に来ていたが、癒し系の自分が次の撮影で全く違う役になっていて悩んでいた。トロピカル部で協力する事になったが、あすかが悪役の指導とは面白いと思う。”

TOPに戻る↑

第10話『やる気重ねて!プリキュア!ミックストロピカル!!』

中間テストが近づき、みんな勉強のために早く帰る中、ひとりだけ気にしていないまなつ。しかし落第点をとると部活動禁止になると知り、ようやく焦りだします。
みんなに勉強のやり方から教わっていると、公園にチョンギーレがあらわれました。強化されたゼンゼンヤラネーダに苦戦するまなつたち。チョンギーレは急に去っていきますが、まなつのやる気パワーがうばわれ、マーメイドアクアポットもなくなってしまいました。
やる気パワーをうばわれ、「プリキュア?めんどくさいなぁ…、やめま~す」というまなつを説得するローラ達ですが、まなつのやる気は戻りません。そんな中、再びあらわれたチョンギーレに立ち向かうキュアコーラル、キュアパパイア、キュアフラミンゴ。まなつはぼーっと様子を眺めるだけでしたが、みんなのやる気を守るため、懸命にたたかう3人の姿を見るうちに自力でやる気パワーを取り戻します。
街中の水路を探し回り、アクアポットを見つけ出したローラも合流すると、取り戻したやる気パワーがキュアサマーたちへ降り注ぎ、「ハートカルテットリング」が誕生します。4人でハートを重ね、新たな力「プリキュア!ミックストロピカル!」で、ゼンゼンヤラネーダを退治することができました。
一方、テストはすべて落第点でしたが、追試で合格すれば部活が続けられると知ったまなつは、リップで気合いを入れなおし新たに勉強に取り組むのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
ゼンゼンヤラネーダは今までより強敵で、まなつのプリキュアの変身が解かれてやる気まで奪われてしまって、チョンギーレが去ったあとも全然戻らなくて、プリキュアを辞めるとまで言い出して、全然トロピカってないまなつが心配です。
40代男性
“まなつは机に向っていた。
しかし、集中力がないのかまったく勉強に手が付かない。
部屋の掃除をしたり、ローラに話しかけたりするのだが、ローラにいつ勉強するのと言われてしまった。
まなつは勉強の仕方がわからないと泣いてしまうのだが、人魚はテストが無くていいなと言い出して笑ってしまった。”
20代女性
“テスト勉強が出来ないまなつは泣いていた。
明らかに机に向っても勉強に手が付かないのは本当に困った事だと思った。
まなつは勉強の仕方がわからないとみのりなどに泣きつくが、みのりは別格だったようで参考にならなかったのは、仕方ないと思う。”
30代女性
“まなつが勉強の仕方がわからないとみのりに話すが、みのりは特にテスト勉強をしていないという。
まなつはテスト勉強はトロピカらないと本気で言っていたのは面白い。
そこにヤラネーダが現れて、ゼンゼンヤラネーダという教科書が出てきて、まなつは少し引いていたのは当然だった。”
20代女性
“テスト勉強をやらないといけないのに、まなつはまったく集中できていなかった。
ローズにも勉強しなくていいのと言われてしまい、まなつはみのりに勉強の仕方を聞くが、まったく参考にならなかった。
ヤラネーダが現れるが、教科書のゼンゼンヤラネーダはプリキュアの攻撃を苦にしていなかったのは驚いた。”

TOPに戻る↑

第11話『もりあがれ! 海辺のサンドアート!』

追試テストに無事合格し、トロピカる部の活動に戻ったまなつは、あおぞら中学校で部活対抗のサンドアート大会を開催することに決めます。
ビーチでそれぞれの部活が作業にとりかかる中、トロピカる部は海の生き物たちをモチーフにしたサンドアートを作り始めました。一方、人前に出ることのできないローラはこっそりとその様子をシャボンピクチャーにおさめます。
翌日、どの部活も完成が見えてきた頃になって、雨が振り始めました。まなつは近くにあったパラソルを持ち出しますが、作品を守りきれません。そんな中、シャボンピクチャーの撮影中に見かけたパラセーリングの帆を使えるとローラが思いつきます。まなつに続いて、他の生徒たちもビーチへと駆け出しますが、そこにヌメリーがあらわれました。
生徒たちのやる気パワーが次々とうばわれる中、駆けつけたまつたちが変身し、サンドアートのように砂を固めゼンゼンヤラネーダの動きを止め、やっつけます。すると、ちょうどお天気も回復し、サンドアート大会も再開します。
優勝は美術部となりましたが、初めて自分たちで主催した大会が成功し、素敵な作品と思い出ができたことに、まなつたちは満足するのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
一時はどうなるかと思ったけれど、無事追試に合格したまなつにひと安心。廃部も免れたということで、色んな部活と一緒にトロピカれる企画をと「サンドアート大会」を主催することになったけれど、優勝商品の「トロピカルメロンパン1年分」は誰が出すのかと興味津々です。
40代男性
“まなつは追試に合格する事が出来たのは、みんなのおかげだった。
一週間ぶりに部活動をおこなうのだが、ビーチで何をするのか話になったのだが、みんなで出来る事を考えると、砂遊びを提案する。
これはサンドアートと言われていて、確かにみんなで楽しめるのではと思った。”
20代女性
“追試も無事にクリアしたまなつは部活の話を持ち出した。
まもなく海開きがあるので、砂遊びを提案するまなつだが、意外にも面白そうな企画でトロピカる部が行動を開始した。
部活対抗サンドアート大会が開始したが、部として初めての企画だったので、張り切るのは当然だと思った。”
30代女性
“心配だったまなつの追試験は無事にクリアできた。
まなつは張り切って、部活をすることを提案するのだが、海開きに合わせて考えた。
まなつが砂遊びと発言すると、部でサンドアート大会をすることになった。
部活対抗で、優勝賞品がトロピカルメロンパンはかなり魅力だと思った。”
20代女性
確かに成績は芳しくはないとわかっていたものの、合格したと見せた答案用紙の採点がやっと6割程度となっているのを本人は喜び、皆は良かったと話している所には仲間意識は感じるが、ここから先の知識が必要ではと突っ込みを入れたくなる会話には爆笑させられた。

TOPに戻る↑

第12話『没収!アクアポットは校則違反!?』

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
“あすかが遅れてまなつたちの所に来たら、雰囲気がおかしかった。
持ち物検査をされてしまい、あすかが風紀委員会に乗り込んで人魚がいるのかと怒っていたのは当然だと思う。
ただ、ローラだけいるんだけどねと不満げにしていたのは仕方ないと思う。”
40代男性
“人魚騒ぎでトロピカる部は風紀委員会に目を付けられていた。
あすかが風紀委員会に乗り込んだ事で逆にやましい事があるのではないかと疑いをもたれてしまったようだった。
持ち物検査まで強要されており、ここまでするのだろうかと思った。”
40代男性
“人魚騒ぎで校内は騒ぎになっていたのだが、あすかは風紀委員会に乗り込んでいたが、これが引き金になって目を付けられた。
この状況でローラはかなり不満なのか、風紀委員の近くで声を出してしまい、完全に疑いをもたれてしまったのは、笑ってしまった。”
40代男性
“トロピカル部は完全に人魚騒ぎの件で風紀委員会に目を付けられてしまった。あすかは風紀委員会に乗り込んで抗議するが、まったく話にならなかった。
風紀委員会はトロピカル部の部室を検査してしまい、その時のローラがボードの裏にしがみついていたのは面白い。”
40代男性
風紀委員の人魚捜索は、トロピカる部だけではなかったけれど、さんごが抗議に来たことで、逆に何かあるんじゃないかと、風紀委員長に目を付けられてしまった。アクアポットを没収されてしまって、戻る場所を失ったローラは見つからずにいられるだろうか。

TOPに戻る↑

第13話『ドタバタ校内放送! 響け、人魚の歌!』

お昼休みの放送で人魚の話を聞いたまなつたちは、放送委員を訪れます。放送委員の小森いずみと林田ゆきえはよろこびますが、普段はあまり生徒たちにトークを聞いてもらず悩んでいると言います。すると、まなつは「トロピカる部で出演したい」と申し出ました。
翌日の放送中、パーソナリティのいずみが急な腹痛で保健室へ。放送を見学していたまなつたちがいきなりトーク出演することになってしまいます。ドタバタ続きでゆきえが頭を抱える中、飛び入りゲストとして人魚のローラが参加し、なんとか放送は持ち直します。しかし、放送の終わりがけに、商店街でゼンゼンヤラネーダが出現し、まなつたちは駆けつけることに。
放送のエンディングトークでは、残ったローラがアカペラの歌を披露し、学校中がその歌声に聴き入ります。歌い終えたローラは先に向かったキュアサマーたちと合流し、ヤラネーダを退治します。
放課後、学校はローラの歌声の話題でもちきりでした。いずみやゆきえにローラの正体をたずねられ、戸惑うさんごたちをよそに、ポットの中のローラは得意げにほほ笑むのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
人魚の唄が原因で船が沈没したという内容はどう考えても人間の人魚への偏見と人間自身の失態を隠そうとする邪さに思えてしまうのが可笑しく、トンでもない言い訳を考え出してしまう人間はこの世の悪害だなと感じしまった。
40代男性
人魚の話題はまだまだ尽きなくて、遂に校内放送でも話題に上がる程になっていた。船を沈めた伝説は嘘だけれど、歌を唄うことは大好きで、いつもみんなで唄っていたと言うローラに、呪いの伝説が嘘なら今唄ってよ!と言えちゃうのがまなつらしいです。
30代男性
“お昼休みの放送を聞いて、まなつは興味を持っていた。
トロピカル部はお昼休みの放送の見学に行くのだが、話をしている子がジャンボパフェを完食したのだが、体調が悪いらしく苦しんでいたのは当然だと思う。
そこでまなつはトロピカル部が放送を代理でする事になるが、かなり心配になってしまった。”
40代男性
“お昼休みに食事を取っている時に、まなつは放送を聞いていて、、内容が人魚の話になって聞き入っていた。
だが、ローラは人魚の話が事実と違う事に怒っていた。
トロピカる部はお昼休みの放送に出る事になったが、何を話すのか決めかねていたが、ローラが出たいと言い出すが、それは非常にまずいと思った。”
30代男性
“まなつはお昼休みの放送を聞いて、人魚の話が出ていたが、ローラがはぁと怒っていた。
ローラは嵐などで船が沈んでしまったのを人魚のせいにしているだけよと憤慨していたのは当然だと思う。
まなつは放送委員のリクエストの箱を見て、お昼の放送で話をしていた人は放送を聞いてもらえているのか不安に思っていたのは意外だった。”

TOPに戻る↑

第14話『おまかせ! 保育園でトロピカ先生!』

桜川先生の提案で、トロピカる部は保育士体験に参加することになりました。
保育園で園児たちと遊ぶまなつたちでしたが、その中に1人、昆虫図鑑を読み続ける男の子・ワタルがいました。ワタルはローラにその熱心さをほめられると、庭にいるアゲハチョウのサナギを見せてくれます。さらに、園児たちとお人形遊びをしていたさんごは、自由帳にたくさん虫の絵を描いていたルリという女の子を見つけます。
そんな中、保育園にゼンゼンヤラネーダがあらわれました。園児たちが避難する中、ワタルがこっそりと庭へ向かうと、そこには同じくサナギを心配したルリがいました。2人を守ろうとローラが駆け寄ります。プリキュアを励ますローラを見て、やがてワタルもルリもプリキュアを応援し始めます。キュアサマーたちは応援に勇気をもらい、一気にゼンゼンヤラネーダを退治しました。
体験が終わり、ローラは仲良くなったワタル、ルリと「プリキュアのことは、私たちだけの秘密ね」と約束を交わし、保育園を後にしました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
桜川先生から保育士さん体験を提案されたトロピカる部。大喜びしていたまなつは、泥遊びもかけっこも全力投球で子供たちみんなと遊んでいたけれど、ローラやさんごはひとりでいる子供に話し掛けていて、それぞれの個性を活かした素敵な保育士さんになっていました。
40代男性
“まなつ達トロピカる部は保育園で子供達と遊んでいた。
トロピカる部は保育園の体験にしてきていた。
みのりは絵本を朗読するのだが、完全に棒読みになっていて、子供達に怒られていたのは面白い。
他のメンバーも子供達に予想外に苦戦していた。”
40代男性
“トロピカる部のメンバーは保育園の体験をしていた。
まなつは子供達と走って競争したりしていたが、まなつが一番楽しそうにしていたのは気のせいではないと思った。
あすかもママゴトに付き合わされていたが、子供に怒られていたのは笑った。”
40代男性
“トロピカル部は保育園に来ていた。
メンバーは子供たちと遊んでおり、まなつも子供と走ったりして楽しそうだった。
みのりは絵本読んでいるのだが、なぜか棒読みとなっており、子供たちに全然おいしそうに聞こえないと怒られていたのは当然だと思う。”
40代男性
“保育園で保育士の体験をしているトロピカル部だったが、子供たちの元気の良さにあすかやみのりは押され気味となっていたのは意外に思った。
まなつは子供たちと気が合うようでかなり楽しそうにしていた。
ローラに子供たちと遊んでいたが、ばれないのかと思った。”

TOPに戻る↑

第15話『みのりがローラで、ローラがみのり!?』

応援部を手伝うため、部室で横断幕を作っていたみのりは、突然アクアポットに吸い込まれてしまいます。助けようと飛び込んだローラといっしょにポットから出てくると、なんとお互いの姿が入れ替わっていました。元に戻す方法がわからないみのりとローラは、ひとまずお互いの姿を楽しんでみることにしました。部活後に、2人の入れ替わりを知ったまなつたちもおどろきますが、その日は2人ともみのりの家へ帰ることになりました。
翌朝も入れ替わりは解けず、そのまま登校する2人でしたが、その途中にゼンゼンヤラネーダがあらわれます。しかし、ローラ(みのりの体)ではみのりのハートクルリングは反応せず、変身できません。目の前でピンチになっている仲間の姿を見て、自分が変身しなきゃ、と強く思うみのり(ローラの体)。2人が視線を交わすと、ようやく入れ替わりが解け、みのりはキュアパパイアに変身することができました。
数日後、応援団の一員としてみのりがドラで大きな音を鳴らしていると、まなつに「大胆になった?」と聞かれます。自覚のないみのりでしたが、「私のおかげね」と言うローラに、ほほえみを返すのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
作成中の横断幕がアクアポットに触れてしまって、中へと吸い込まれてしまったみのりん先輩とローラ。すぐに出て来たけれど、何故か2人の中身が入れ替わってしまって、最初こそ戸惑うみのりん先輩だったけれど、人魚の生活を楽しみ始めていたのは意外な一面でした。
40代男性
“アクアポッドに吸い込まれてしまったみのりを助ける為にローズが入るのだが、出て来られた2人は中身が入れ替わっていた。
ローズはみのりがどうしようと悩んでいる所に、このままでいましょうと言い出したが、ローズが何をやらかすのか、みのりは心配になるのは当然だった。”
40代男性
ここ最近ローラの目立つ回が多いです。というのも先日ローラがプリキュアになることが公式で発表されたからでしょうね。よくある入れ替わりもの、長年見てるけどプリキュアでは珍しいなと思いました。みのりん先輩の中身がローラだからギャップが面白かったです。
40代女性
皆好きだけどローラ推し寄りなので面白かったです。普段アクアポッドから出たがりのローラだから、みのりん先輩と入れ替わることが出来て凄く楽しそうにしていたのが何よりです。しかし、みのりん先輩側からしてみたら厄介ですよね。
40代女性
ドラマやアニメでお馴染みの入れ替わりシリーズ、まさかプリキュアで見られる日が来るとは思いませんでした。ローラと入れ替わったことでどことなくみのりん先輩にも心境の変化があったように思います。ローラは相変わらずですが。

TOPに戻る↑

第16話『魔女の罠! 囚われたローラ!』

夏休みが近づき、夏の計画を話し合うまなつたち。ところが、ローラだけはいつもと違う様子を見せます。
翌日、ローラはこっそりとアクアポットを抜け出し、ひとり図書室へ向かいます。図書室で『人魚姫』を読んでいると、それを見かけたみのりに「人間になりたいって思ってる?」とたずねられますが、ローラはそうではないと否定をします。
その夜、まなつの家で話をするまなつとローラに、まなつの母・碧が「ネイル」の塗り方を教えてくれます。
さらに次の日、まなつたちはさんごのショップに集まり、5人お揃いで色違いのネイルを塗ります。しかしそのとき、海辺にゼンゼンヤラネーダがあらわれました。急いで駆けつけたまなつたちでしたが、漁船型のゼンゼンヤラネーダが放った網にローラとアクアポットが捕らえられ、海へとさらわれてしまいました。
まなつたちは、波間に浮かんでいたシャボンピクチャーを頼りに、ローラを追いかけます。夏休みが近づき、夏の計画を話し合うまなつたち。ところが、ローラだけはいつもと違う様子を見せます。
翌日、ローラはこっそりとアクアポットを抜け出し、ひとり図書室へ向かいます。図書室で『人魚姫』を読んでいると、それを見かけたみのりに「人間になりたいって思ってる?」とたずねられますが、ローラはそうではないと否定をします。
その夜、まなつの家で話をするまなつとローラに、まなつの母・碧が「ネイル」の塗り方を教えてくれます。
さらに次の日、まなつたちはさんごのショップに集まり、5人お揃いで色違いのネイルを塗ります。しかしそのとき、海辺にゼンゼンヤラネーダがあらわれました。急いで駆けつけたまなつたちでしたが、漁船型のゼンゼンヤラネーダが放った網にローラとアクアポットが捕らえられ、海へとさらわれてしまいました。
まなつたちは、波間に浮かんでいたシャボンピクチャーを頼りに、ローラを追いかけます。まなつたちは、波間に浮かぶシャボンピクチャーを頼りに、ローラを追いかけます。
一方、あとまわしの魔女の屋敷に捕らえられたローラは、魔女に取り引きを持ちかけられたのです。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
高い場所にしか咲かない稀少な花と知っているまではある程度の中学生はいるだろうが、花の名前に詳細な説明ができる中学生がここまで多くいるとはビックリな構成になっていて大切なモノを守る正義のある少女たちの知識は豊富と盛り立てる気持ちはわかるが賢すぎて笑えてしまう。
40代男性
“山に登りに来たまなつたちトロピカル部は、景色がきれいで喜んでいたが、意外にもローラが喜んでいる姿は微笑ましいと思う。
珍しい花が咲いていたりして、ローラには山がいい所だと思うのは当然の場所だと思った。
まなつがメロンパンをおいしそうに食べているのは面白い。”
30代男性
川で泳いでいた時から様子がおかしかったローラ。人魚姫の絵本を読んでいたけれど、みのりん先輩と入れ替わったことで、人間にもなれるといいなと考え始めたのだろうか。後回しの魔女がアクアポットを狙っているので尚更気になってしまいました。
40代男性
“ローラは山登りに連れてもらってきていた。
ローラは川の水がきれいでかなり満足そうにしていた。
その後、夏休みの活動の話をするのだが、ローラの様子がおかしい事に気が付いた。
ローラがどこに行ったのかわからなくなり、探すことになったが、その頃ローラは図書館で人魚姫を読もうとしていたのは意外だと思った。”
40代男性
“まなつ達は山登りに来ていた。
まなつはローラにきれいな景色をみせたかったらしく、珍しい植物もあるのでローラも喜んでいたが、登ってくる途中はローラは寝ていたのは笑った。
ローラは川の水がきれいなので、山っていいものねと喜んでいたのは良かったと思う。”

TOPに戻る↑

第17話『人魚の奇跡! 変身!キュアラメール!』

連れ去られたローラを探し海の中を進むまなつたちは、その途中、ゼンゼンヤラネーダに襲われた船でチョンギーレたちとたたかいます。しかし、ローラがいないため、やる気パワーを取り戻すこともできないまま、どんどん追い詰められていきます。
一方、あとまわしの魔女の屋敷を懸命に脱出し気を失ってしまったローラは、人魚の国・グランオーシャンで目を覚まします。人魚の女王にまなつたちのいる人間の世界へ戻ることを告げると、貝殻の形をした化石を渡されます。
地上を目指し海中を泳いでいたローラは、傷だらけになったサマーをみつけます。さらに船上には、倒れたさんご、みのり、あすかの姿がありました。
4人の仲間を想い、怒りに燃えるローラ。その心に反応するかのように指にハートクルリングが現れ、マーメイドアクアパクトが変化すると、ローラは新たなプリキュア・キュアラメールへと変身します。ラメールはやる気パワーをみんなの元へと戻し、再び変身したサマーたちと一気にゼンゼンヤラネーダたちを退治しました。
あおぞら市へ戻ったまなつたち。そこには、2本の足で立つ人間の姿になったローラがいました。驚きながらも「ニンゲンになれた…!」と喜ぶローラを、みんなであたたかく迎えるのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
あとまわしの魔女から悪魔の囁きを受けていたローラでしたが、人間からやる気パワーを奪う協力なんてしないわ!と断固拒否。くるるんの協力で牢屋からは脱出したけれど、取り戻したアクアポットと共に海底深くに落ちて行くローラ。このまま本当にプリキュアになれるの?と不安満載です。
30代女性
ローラがついにキュアラメールになりました。捕らわれてしまいどうなるかと思いましたが、ローラがプリキュアのみんなを強く思う気持ちを感じることが出来ました。プリキュアになるこそは予想していたけどハートクルリングが現れた時はぞわっとしました。まなつたちもローラがプリキュアになってくれて嬉しかったように見えます。個人的にはくるるんの活躍がもっと見たいですね。他シリーズの妖精より出番が少ない気がします。
40代女性
ローラの願いは女王になること。これは当初から言っていたことです。しかし、最近は人間とも積極的に交流をするようになり、まるで本当の人魚姫のような話になりました。そしてついに足が生えてキュアラメールに!感動回です。
30代女性
あくまで個人的感想ではあるのですが、私はローラ推しで「人魚」のローラが好きだったので足のはえているローラというのは「うーん」という気持ちがあります。でもローラがプリキュアになったことでまなつたちとの距離も縮まることになったでしょう。今後キュアラメールがどんな活躍をしていくのかが楽しみです。もうマーメイドアクアポッドの中で過ごすことはなくなるのかな?今後の展開が色々気になります。
40代女性
思ったことは、今年は追加プリキュアが登場する時期が早いということです。毎年7月くらいに登場するのが恒例であり、トロプリ自体も2月末に放送が開始されました。なのでローラがキュアラメールになるのがこんなに早いとは思いませんでした。

TOPに戻る↑

第18話『歩くよ!泳ぐよ! ローラの初登校!』

人間の姿になりあおぞら中学校へ初登校したローラは、転入生として全校生徒に紹介されます。ところが、「華麗な学校デビュー」を目指して教室の席についたものの、人間の学校に戸惑うばかりで、なかなか思い通りにいきません。
その日の放課後、トロピカる部に水泳部の部長がやってきました。部長は「泳ぎが得意」と言っていたローラを、地区予選のメドレーリレー選手の選考会に誘います。
よろこんで参加するローラでしたが、そのとき、プールにヌメリーがあらわれます。着替えのため遅れてプールに到着したローラは、すでにキュアサマーたちが戦っていることに驚きつつもキュアラメールに変身し、ゼンゼンヤラネーダを退治しました。
そのあと、無事に始まった選考会。ローラは見事な飛び込みを決めますが、慣れない人間の足ではうまく泳げませんでした。まなつたちは落ち込むローラを励まし、トロピカる部に迎え入れるのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
人間になったまま、もう人魚には戻れないのかと思っていたけれど、ローラの思いのまま変身出来るようでひと安心。転入生として挨拶しているローラは新鮮ですが、何処から来たのかと聞かれてグランオーシャンと言ってしまったので、まだこれから色んな設定を考える必要がありそうです。
40代女性
トロプリ、ハマるだろうなと思ったけどハマりました。でも先週の放送を見てから熱が冷めてくるような気がします。今回からローラは人魚ではなく人間として学校にも通うように。ただ、やっぱり自分は人魚のままのローラでいて欲しかったです。
40代女性
プリキュアではよくある定番の話ですね。かと言って全てのシリーズを見てるわけではないですが、人間ではない追加プリキュアが学校に通うというのはスタプリのララやフレプリのせつなでもありました。ローラはちょっと今までのキャラと落ち着きがないような気がしました。
40代女性
トロプリにハマっていたけど正直冷めそうです。ローラ推しでしたけど、髪型も人魚の時の方が可愛かったしやっぱり人間の姿にならないで欲しかったです。けどローラがプリキュアのみんなへの思いは一層強くなったと思いました。
40代女性
なんとローラが水着姿に!とは言っても学校用のもので露出度は低めですけどね。ああ、でもやっぱり人魚のローラじゃないと私は嫌です。ローラの性格もちょっと自由な所がありまなつと似ているなと思いました。水泳部にノリノリでしたね。

TOPに戻る↑

第19話『まなつパニック! 学校の七不思議!』

学校新聞の「怪談・七不思議大調査キャンペーン」に参加したまなつたちは、学校の裏山にある古いお屋敷を調査することに。トロピカる部の中で一番オバケが苦手なまなつが2階に登ると、突然、人形が語りかけてきました。
人形に「毎日食べ物をお供えするように」と要求されたまなつは、それから毎日こっそりと食べ物を持ってお屋敷を訪れました。人形の声の主はお屋敷に隠れていたエルダだったのですが、お互いの正体に気づかないまま、2人は色々なお話をしました。そして、まなつは人形と仲良くなってきた頃、「もうすぐお屋敷はとり壊しになる」というみのりの言葉を思い出しました。
やがてチョンギーレとヌメリーが帰りの遅いエルダを探しにあらわれます。そこに居合わせた他のトロピカる部のメンバーとたたかいが始まりますが、まなつはお屋敷を守ろうと止めに入ります。エルダは食べ物を持ってきてくれた人間がキュアサマーだと知り驚きますが、お屋敷を必死に守るサマーの姿を見たエルダは「おなかが痛い!」と叫び出し、チョンギーレとヌメリーとともに去っていきました。
数日後、お屋敷はとり壊され、人形は行方不明になっていました。しかし、あとまわしの魔女の屋敷に帰ったエルダの部屋には、まなつに語りかけた人形が置かれていたのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
スタプリの時にこわいのが苦手なキャラはえれなさんでしたが、トロプリではまなつちゃんがダメなんですね。こんなに怖がるとは思わなかった。そしてやっぱり相変わらずローラは可愛いですね。まなつ、主人公なのだからしっかりしてくれ。
30代女性
怖い怪談・七不思議大調査キャンペーンに参加したトロピカル部。本当に色々なことをしますね。先週は水泳もやっていたしなんでもやるんですね。ローラが人間になりちょっと冷めた私ですが普通に怖い話で面白かったです。
30代女性
まなつちゃんたちの学校の裏山に廃墟があったとは意外だった。しかも喋る人形が出てくるというのが面白い。最近の子供たちはこういう怖い系のアニメが足りないと思うので内容は凄く良かったと思います。しかしさすがのまなつも今回はトロピカれてないですね。
40代女性
今回のトロプリはちょっと怖い系の話で凄く良かったです。私は2019年のスタプリからまたプリキュアを見るようになったのですが、怖い系の話はスタプリでもヒープリでもありませんでした。だからこういう話もっとやって欲しいなと思いました。
40代女性
自分は怖い話が大の苦手なのに、不思議を解決するのはローラの為にもなるし、みんなも興味があるならやってみよう!と覚悟を決めるも、廃屋にひとり取り残されて、しかも人形が勝手に話し出して、まなつじゃなくてもトロピカるのは無理だよなと思いました。

TOPに戻る↑

第20話『名探偵みのりん! 消えたメロンパン事件!』

まなつが購買の抽選で引き当てた“プレミアムトロピカルメロンパン”が部室からなくなってしまいました。それを知ったみのりは、まなつ以外の部員の誰かが持ち去ったと推理しますが、誰も自分が犯人だとは認めず、部室にはギスギスしたムードが流れます。
そんな中、ゼンゼンヤラネーダがあらわれ、まなつたちは犯人探しを中断してプリキュアへ変身します。しかし、気持ちがバラバラでいつものようなチームワークがとれません。
苦戦が続く最中、突然ラメールがメロンパンを食べたことを告白します。アクアポットの中に残っていた包み紙を見つけ、くるるんがアクアポット冷蔵庫にしまったものを、自分あてだと思って食べてしまったと気付いたのです。おかげでみんなのわだかまりも解け、力を合わせてゼンゼンヤラネーダを退治することができました。
その後、まなつたちがコスメショップに集まっていると、さんごの母・みゆきが隣町のパン屋で限定味のトロピカルメロンパンを買ってきてくれました。まなつたちはみんなで仲良くほお張るのでした。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
プレミアムトロピカルメロンパンが当たったことが嬉しすぎて、お財布を落としちゃうところがまなつらしいかったけれど、恐ろしいメロンパン事件も、くるるんの優しさとローラが知らずに食べてしまったことが判り、無事解決してひと安心でした。
40代女性
みんなが話している横で、みのりんがカバンをゴソゴソし出したから何事かと思ったらメガネの準備をしてピカリン探偵って、本当に面白かったです。みのりんのこういうマイペースなところが、面白いし可愛くていいなって思います。

TOPに戻る↑

第21話『夏休み! トロピカる部の合宿計画!』

明日から夏休み。まなつの「合宿をしたい」という言葉をきっかけに、トロピカる部はまなつのふるさと・南乃島で合宿を行うことになりました。
みんなで合宿のしおりを作り、スケジュールを計画する中、まなつは宝物が隠されているという洞窟や秘密のビーチ、島のお祭りなど、南乃島のオススメをたくさん披露します。
翌朝、広場で待ち合わせるまなつたちでしたが、バカンス気分な街のやる気パワーを狙ってチョンギーレがあらわれました。
さらに、まなつのトランクがゼッタイヤラネーダになってしまったのです。フェリーの出発時刻がせまる中、苦戦するキュアサマーたちでしたが、チームワークを活かしてなんとか退治することができました。
出発直前、乗り場に着いたまなつたちは、まなつの母・碧と合流し、無事フェリーに乗り込みます。南乃島に到着すると、まなつの父・大洋が出迎えてくれました。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
ローラがプリキュアに覚醒するまでを見ました。部活という学園生活を中心に描いて生意気な人魚として描かれるローラがまさかのプリキュアとして生まれ変わるとは思えませんでしたし前作のダルイゼンのような冷酷で気持ち悪い悪の幹部が今作の敵対勢力には存在してくてよかったと思います。
30代女性
まなつが大好きなプレミアムトロピカルメロンパンは、購買部でまなつが引き当てたメロンパンだった。
しかし、部室に置いておいたのがいけなかったのか、メロンパンは消えてしまって、まなつは部員のみんなに聞いて回るのだが誰もわからないのは当然だと思った。
疑心暗鬼になったみんなの雰囲気は珍しいと思った。
40代女性
学校パートが多いが1つ1つの話が丁寧に作ってあると感じました。デザインは個人的には好きではないが(特に男子の制服)作画は丁寧だと思います。もしコロナなどで制作中止になってもいいように一部の話を省略してもいいようになっていて単発の話だけ見ても面白いと感じました。
20代女性
変身シーン スーパー戦隊の様な十字切りをしないでまるでメイクをしているかのような流れ作業で全員を映しながら行うので小さくなったりしません。しかし毎度さんごのチークやあすかのヘアーは飽きてきたのでポジションの変化もあっても良いのではないかと思いました。
30代女性
元気いっぱい!陽キャ全振りエネルギッシュ!な作品なのでパワーを貰えます。ただ、キャラの性格が微妙に好きになれなくて、ツンツンしてて命令口調だったり、否定にも思えるツッコミを毎回したり、無表情で淡々と喋ったり…なんかイマイチ好感が持てません。

TOPに戻る↑

第22話『』

近日更新予定

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新予定