(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 3

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2021年4月現在のものです。

放送 2021年4月3日(土)~
TOKYO MXほか
話数  ー
制作 Thunderbolt Fantasy Project
声優 凜雪鴉(リンセツア):鳥海浩輔
殤不患(ショウフカン):諏訪部順一
浪巫謠(ロウフヨウ):西川貴教
聆牙(リョウガ):小西克幸
捲殘雲(ケンサンウン):鈴村健一
丹翡(タンヒ):中原麻衣
刑亥(ケイガイ):大原さやか
萬軍破(バングンハ):大塚明夫
異飄渺(イヒョウビョウ):花江夏樹

ストーリー

鏡の奥で妖花が微笑む
魔脊山の谷間に転落した婁震戒と七殺天凌の行方を捜して、谷底を捜索する殤不患たち。
だがそこで彼らが迷い込んだのは、奇怪な植物の生い茂る広大な洞窟だった。
かつて魔神復活の野望を阻まれた妖女・刑亥が、西幽の邪教宗門『神蝗盟』と手を結び、いま再び周到なる罠を張り巡らせて凜雪鴉と殤不患の前に立ちはだかる!

みどころ

台湾・日本の合作人形劇シリーズも3期となりました。スケール間の大きく奥行きの深い映像はこの作品ならではです。今期も殤不患と凜雪鴉が中心になってストーリーは進んでいくようです。2期の直後からストーリーは始まるようでこれまで登場したキャラクター達も出て来ます。この作品の特徴である戦闘シーンも更にパワーアップしているようでストーリーも含めて見逃せません。更なる強敵と殤不患の戦いがどんなシーンとなるのか楽しみです。また凜雪鴉に散々酷い目に合わされた刑亥が、今度は敵側として殤不患達を苦しめる事になるようで再会した時にはどんな事になっているのか興味深いです。新に登場するキャラクターも魅力を放っていそうで更に面白くなってくれるでしょう。殤不患の派手な活躍を今期も期待しています。

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画などの完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『無界閣』

七殺天凌を捜索し魔脊山の谷底を捜索する凜雪鴉、殤不患、浪巫謠、捲殘雲。そこで見つけた横穴は、奇妙な宮殿へと繋がっていた。そこは刑亥が、かつての七罪塔の関門であった闇の迷宮を改装し、東離と西幽、さらには魔界をも連結する異空間として構築した魔の宮殿、無界閣(ムカイカク)であった。

禍世冥蝗の門弟である萬軍破、異飄渺と東離侵攻の算段を整えていた刑亥は、殤たちが無界閣の中へと迷い込んだことを察知し、迎撃へと赴く。

殤対異、捲対刑亥、浪対神蝗盟兵たちの大乱戦が始まる中、石像に絡む蔦から下がる逢魔漏(オウマロウ)のひとつが、不気味な輝きを宿し、やがて誰に気付かれることもなく、鏡のように異世界の景観を映しはじめる……。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
主人公の凜雪鴉が墓参りをしているけど盃を手に友に語る姿は格好良く、キセルを吹かしている仕草は優雅で素敵です。婁震戒と七殺天凌を探して洞窟へ行くけどいかにも怪しくてドキドキします、凜雪鴉が冷静に解説するけど戻れるかも分からないなんて怖いです。刑亥が不思議な洞窟の空間を作ったみたいだけど妖艶で不気味ですね、異世界へ通じる鏡とは楽しくなってきましたが魔界へ通じるなんて楽しそうです。凜雪鴉たちの前に刑亥が襲って来てビックリ、異飄渺も登場して激しい戦いになってハラハラします。凜雪鴉だけが高みの見物のように余裕なのが妖しくて綺麗でした。
30代男性
古典的な設定に惹かれるものがありますね。少し一般的な作品とは違った、難しい名称や裏付けの数々、すごく興味深いと感じさせられるのでした。また人形を用いた構成はこちらもまた、普段のアニメでは感じられない奥深さを感じさせられます。
20代女性
序盤は暗い雰囲気の洞窟を探索していたのですが奥行きがあり怪しげな空気が漂っていて相変わらずクオリティが高いと感じます。前期の続きからなので見ていた人にはお馴染みのキャラが出てくるのもわかりやすくて良い点です。そして戦闘シーンはこれまでのシリーズでも屈指の出来栄えで見惚れてしまいました。これまでも完成度の凄さに驚くばかりでしたが、このシリーズは更に凄くなっておりストーリーも含めて期待感しかありません。
30代男性
“早速開始早々、殺無生のお墓から始まったのにしみじみしてしまったけど、
洞窟内なのに、霧は出るは、音の跳ね返りがおかしいは、不穏な展開になったと思ったら、全部罠だったか。
相変わらず戦闘シーンがかっこよかったし、あっという間の30分でした。”
30代男性
近日更新予定

TOPに戻る↑

第2話『魔境漂流』

逢魔漏によって、異世界へと飛ばされる凜雪鴉、殤不患、浪巫謠、捲殘雲。無界閣に残った刑亥、萬軍破、異飄渺は殤たちの行方を探るが、魔族を信用しきれない萬軍破によって足並みが揃わない。

一方で、谷底に転落しながら一命を取り留めた婁震戒(ロウシンカイ)もまた、異世界へと迷い込んでいた。手元から消えた七殺天凌(ナナサツテンリョウ)を求めて異世界を徘徊する婁は、時空の狭間に囚われていた隠者、鬼奪天工(キダツテンコウ)と邂逅する。

一方、もと来た世界へと帰還する経路を探す殤たちだったが、ようやく発見した脱出口を潜って出たその先は、なんと西幽の宮中だった。嘲風(チョウフウ)と思わぬ再会を果たしてしまった浪巫謠の運命やいかに――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
無界閣の中での戦闘は激しく捲殘雲が刑亥に痛めつけられているのは見ていられないけど光る葉に助けられたようで良かったです、他の場所に飛ばされたようで分からないのは心配です。殤不患が鏡の使い方を知っていたのは少し安心しました、敵も動揺していて仲間割れしているのは面白いです。婁震戒が洞窟で彷徨っていたようで鏡の影響で何処かに飛ばされたのも不思議ですね、鬼奪天工という男に出会ったけど魔界の門を開こうとしていたなんて危ない奴なのに剣を手放した事に動揺していて見ていられないです。凜雪鴉たちは新たな敵と遭遇して戦うけど火を操るようで怖い、また移動したけど刑亥たちにも見つかってドキドキしますね。西幽に迷い込んでしまったようで敵に見つからない内に逃げて欲しいけど浪巫謠が危なくてハラハラします。
30代男性
刑亥から逃れるために魔法の鏡でどことも知れる場所に飛ばされたショウフカン一向。荒野を彷徨っているうちに戦闘になってしまったのはいつものことながら面倒ごとに巻き込まれますね。そしてテイクウの生存がはっきりしました。いずれはショウフカンの前に立ちはだかるのでしょう。厄介事の連続ですがどう乗り切っていくのか楽しみです。
20代女性
スリーディ―人形劇、バトルシーンが、アニメのそれとは、だいぶ異なるな。あまり見ない分、違和感とともに、新鮮さを感じる。人形なだけに、バトルにおける微妙な動きを表現するのが大変そうだ。人の表情が変化しない分、声優の力量が試される。それにしても、この作品、やたらと、ワープが好きだな。
30代男性
とにかく設定が複雑で難解なものと今回もなっていました。かなり漢字言葉が多いので用語理解がまず難しいです。さらに人形での表現が情景を理解するのを難しくしてました。それだけに見応えがある作りにもなっていると思います。
30代男性
近日更新予定

TOPに戻る↑

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 3』期待の声

2期では、なりを潜めていた刑亥が今回初登場するキャラ2人「萬軍破」「異飄渺」とどう絡んでくるのか、利害が一致しているという理由で協力関係にあるのか、それとも新キャラ2人とは別に単独で行動して主人公サイドに立ちはだかるのかが気になります。また、ファンの間では定番の凜雪鴉のおもちゃに誰がなるのかも気になるところ。鎌を使う新キャラ「異飄渺」の戦闘シーンをどう動かすのか、また一つ布袋劇の魅力を知れそうで楽しみです。脚本・総監修も1期、2期同様、虚淵玄さんが担当されているのでキャラによっては、どんな死に様になるのかも今から想像を膨らませてくれる楽しみの一つとなっています。(20代女性)

大人気人形劇シリーズの3期目。話は2期の続きから始まる事になるようです。殤不患との戦いで谷底に落ちていった婁震戒と魔剣・七殺天凌を探している途中に怪しげな洞窟に迷い込んでしまうことになります。殤不患達の新たな旅も大変な事態となりそうです。また、殤不患に恨みを持つ妖女・刑亥が策謀を張り巡らせて彼らに挑みます。大迫力の演出と奥行きの深さは今回も健在で見ごたえのある内容になるでしょう。凜雪鴉と殤不患の新たな戦いがどのような展開になるのか非常に楽しみです。(40代男性)