(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

スーパーカブ

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2021年5月現在のものです。

放送 2021年春
話数  ー
制作 ベアモータース
声優 小熊:夜道雪
礼子:七瀬彩夏
恵庭椎:日岡なつみ

ストーリー

「私には何もない。と思っていた。」ひとりぼっちの女の子と、世界で最も優れたバイクが紡ぐ、友情の物語。山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、ふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、ちょっとずつ短調な毎日が変わり始める

みどころ

山梨県北杜市が舞台で「日野春駅」も出てきます。故郷がある人には懐かしい風景が広がっています。そうでない人にも、のどかな山間の田んぼと住宅の広がるよくある静かな田舎の風景がほっこりとさせてくれる事間違いなしです。そこに暮らす一人暮らしの少女が、スーパーカブに出会う様子から、田舎であるがために電車通学ではなくバイク通学も許される環境と思われ、その優しい絵柄と音楽から、この少女とカブを中心とした青春の物語が、ゆったりとした時間の流れの中優しく進んでいくと予想しています。また、主人公の少女がなぜ一人暮らしなのかも気になる所です。スーパーカブを取り入れている事で、特にバイク好きには興味深いストーリー展開が期待されます。

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画などの完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『ないないの女の子』

朝目を覚ましそそくさと朝食を済ませ、お弁当を用意し家を出る。親はいない、お金もない、趣味もない、友達と呼べる人も将来の目標もない、「ないないづくし」の女子高生「小熊」。そんな彼女がたまたま立ち寄った場所、「バイクショップ」。そこで出逢ったのは古びた1台のバイク、後に小熊の生活を一変させる「スーパーカブ」だった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
何もない日常に突如現れたカブ、自分にとって好きなことは常にどこかに転がっているものです。こんかいのように主人公は何も持っておらず憂鬱な時を過ごしている中でカブを見つけたわけでした。好きなものがあるとこんなに違うのか、そんな驚きを感じましたね。
30代男性
両親もいない、お金も無い、将来の夢も無い、友達もいない、何にも無いと言っている小熊だったけれど、今も生きている実感がないから、3人死なせてるバイクでも平気ですと、淡々と受け入れたんだろうか。彼女の生い立ちが気になります。
20代女性
部屋の中から何度もカーテンを開けて、自転車置き場にあるスーパーカブを確認しては微笑んでいる小熊を見ていたら、家族を友達を愛しい人を見つめているようで、やっと自分にも大切な存在が出来たんだと確認しているように見えました。
30代男性
“友達もいない、いわゆるぼっち系の女の子がスーパーカブと出会って世界が広がっていく感じが良かったし、
変にワイワイしている訳でもなく、良い意味で静かに話が進んでいく感じがとてもアニメに引き込まれて素敵でした。”
30代男性
小熊が帰ろうとした時に、駐車場の奥から出して来た中古のスーパーカブでしたが、元々シノさんが売っていて、事故を起こす度に買い取りで戻って来たのだろうか。死なせたというのは乗っていた人のことなのか、相手のことなのか。小熊は聞かないままでしたが、私は気になってしまいました。

TOPに戻る↑

第2話『礼子』

「スーパーカブ」との生活が始まった小熊。まだぎこちなさが残るも「スーパーカブ」の扱いにも段々と慣れてきた。小熊が「スーパーカブ」に乗っていることを知った礼子。「スーパーカブ」を見せて欲しいという礼子に困惑する小熊は、放課後ならと渋々承諾する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
“両親も友達もいないからか、1話目はすごく静かに始まったこのアニメだけど、さっそくスーパーカブを買ったおかげでお友達ができてよかったです。
しかも初めて出来たお友達がクラスメイトな上に、めちゃめちゃバイクに詳しいっていうのも良かった。”
30代男性
“小熊はスーパーカブに乗って登校してきた。
しかし、ヘルメットをどうするか考えていたが、取り扱い説明書を読んでヘルメットホルダーを発見して何とか固定する事が出来た。
教室に入って妄想する小熊がかわいいと思うが、どうやら妄想だけでやめていたのは正解だったと思う。”
20代女性
“スーパーカブと生活は小熊に大きな変化をもたらせていた。
クラスでバイクに乗っている事を話すと、礼子がスーパーカブを見せてと言ってきた。
小熊は放課後に礼子に見せると、礼子もバイクで来ていると話していたが、なんと郵政カブだったのは驚いた。
しかもかなり弄っていてすごいと思った。”
30代男性
教室ではめちゃくちゃクールビューティーだった礼子だったけれど、小熊のスーパーカブを見た途端、次々バイクの話しが止まらなくなって、私も乗って来てるんだと旧郵政モデルを見せた時の表情から、本当に大好きなことが伝わって来ました。
30代男性
何もない退屈な日常を過ごしていた主人公の小熊が今回からスーパーカブ生活をより楽しんでいましたね。淡々と過行く日常を描いている感じがリアル感があって面白い作品です。スーパーカブの魅力をもっとこれからの話で知っていきたいと思いました。

TOPに戻る↑

第3話『もらったもの』

「スーパーカブ」のエンジンをかけ、ヘルメットを被り、グローブをはめて、朝8時過ぎに家を出る。小熊の1日が始まった。「スーパーカブ」との生活も慣れてきた一方で、礼子との関係はまだぎこちない。
今日も「スーパーカブ」と一緒に昼食を食べる二人。礼子の「郵政カブ」の荷台に設置された「箱」に興味を持った小熊。そんな小熊を礼子はある場所に連れて行く。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
小熊の生活は礼子と出会ってから変わってきていた。
礼子は小熊を連れてどこかに連れて行かれたのだが、スーパーカブのボックスをもらいに行くのは意外な展開だった。
小熊はボックスを取り付けて嬉しそうだったのは良いと思う。
30代男性
毎回映るたびに教室に電子レンジあるの凄いなって思うけど、結局いつも温められないのちょっと可哀想ですね。冷たいカレーとか牛丼って美味しいのか心配になってしまう。
そして礼子にいきなりスーパーで食品買えって言われたときは、リアルにカツアゲかサイフにでもされてしまったのかと思ったけど、
不要になったバイクの部品を貰うお礼のためだったって分かって、本当に安心しました。
20代女性
小熊はスーパーカブとの生活で少しずつ変わってきていたが、礼子との関係はまだ手探り状態だった。
小熊のスーパーカブのシフトの入れ方がかなり慣れてきているように感じた。
礼子は小熊を誘ってスーパーカブの所でお昼休みを過ごしていたが、礼子が帰りに寄り道をすると言い出したが、なんと他のカブの部品を取りに来たのは驚いてしまった。
30代男性
玲子と熊子、淡々とした日常の中で二人の絆が更に深まったようでよかったです。熊子自身は趣味もなく目標もない、味気ない人生を淡々とこなしていたわけでした。そんな彼女がスーパーカブに乗って、何気ない日常を過ごす様子もやはり魅力的でしたね。
30代男性
礼子はバイクに詳しいだけじゃなくて、顔が広いというか、色々とバイクを改造したりしていたからか、そういった情報にも詳しいんですね。
小熊ちゃんのバイクも前かごと荷台に箱とかなり充実してきて、正直女子高生が乗っているとは思えないほどのオシャレ感が無い見た目だけど、
今まで表情の乏しかった小熊ちゃんが、カブと礼子のおかげで、明るく笑ったりするようになって嬉しい。

TOPに戻る↑

第4話『アルバイト』

「スーパーカブ」に乗り始めて初めての夏。礼子は夏休みにでっかい事をしたいと言う。一方小熊は「学校書類の運搬業務」をすることに。「スーパーカブ」で学校間の重要書類の運搬である。運搬業務の前日、小熊はオイル交換をするため再びシノさんのお店を訪ねる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
こちらの書類を渡してあちらの書類を午前中までに持ち帰る。甲府までは往復で1時間半弱と試運転済だった小熊でしたが、バイト初日の前日は緊張して眠れなかったのが初々しかったです。こっちからの書類、小熊が帰る前に先生が気付いてくれてホッとしました。
40代女性
夏になった。
小熊はカブに乗っていたので、夏休みの間に学校書類の運搬業務を先生から提案された。
小熊は礼子にアルバイトの事を話していた。
結局、小熊はアルバイトを引き受ける事にしたが、礼子が近くて遠い場所に行くらしい。
運搬中は制服でやってほしいと言われたが、制服は危険だからと言う小熊の言い分は当然だと思った。
40代女性
カブが来てから小熊の生活はどんどん変わっていく。
アルバイトをする事になった小熊の仕事は、学校の書類の運搬だった。
最初は不慣れであったので、向こうの学校からの書類を受け取り忘れていたりしたが、これは仕方ないと思った。
そして、カブのオイル交換もきちんとおこなっているのはいい事だと思う。
土砂降りの中、運搬したのは気の毒に思った。
40代女性
カブを活かした配達のバイトを始めた小熊ちゃんに、お友達の次はバイトと順調に世界が広がっているなって思っていたら、まさかの雨対策していなかったんですね。
今まで登下校時に雨が降らなかったのか突っ込みたくなるけど、無事に雨対策も出来てよかったです。
私の弟が雨の日にスクーターでズッコケて、結構なケガをしたことがあるので、小熊ちゃんにも、今後雨の日は気を付けて乗ってもらいたいなって思います。
40代女性
小熊がカブに乗ってアルバイトをする事になった。
学校間の書類の運搬をする事になったが、オイル交換する事を思いついた小熊はシノさんの店に行く。
シノは意外にも早い交換だと話していたが、よく小熊はオイル交換を思い出したと思った。

TOPに戻る↑

第5話『礼子の夏』

礼子の自宅に招かれた小熊。そこで目にしたのは傷だらけになった礼子のカブだった。少し気になりながらも、料理をし始める小熊。食事中、礼子が話し始める。夏休みの間、「近くて遠い場所」に行っていた、と。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
“そもそもバイクで富士山を登るなんてことをする人がいるとは思わなかったけど、カブで富士山を登ろうとするとは、本当に礼子ってバイクじゃなくてカブ馬鹿なんですね。
それでも何度も何度も転がりながらも、挑戦する根性は凄いと思います。
そんな話を聞いた小熊ちゃんの感想も、小熊ちゃんらしくて面白かった。”
20代女性
“バイトの志望動機が富士山にカブで登りたいからって素直すぎるけど、何か目標がある方が好きな店長さんだったのね。理解あって素敵でした。
そして実際に礼子が挑戦している場面は、高山病もそうだけど、転び方がえげつなくて、結構命の危機があったんじゃないかなって思うと、
いつか礼子は無茶して大怪我しそうで心配になるな。”
20代女性
“私のカブなら頂上まで登れてたって、そういう小熊ちゃんの傲慢というか意志が強いところが、礼子は好きなんだろうな。
自分の夢のためならどんな危険なことでも顧みない礼子だけど、一番苦しいときに小熊のことを思い出すとは意外でした。
本当に2人は変に気を遣わないで済む、いい関係でちょっと羨ましいです。”
20代女性
“小熊は礼子の家に来ていた。
礼子はお茶を入れると話すと、水が良いという。
小熊は礼子の為にお好み焼きを作っていたが、礼子はおいしそうに食べていた。
小熊は礼子に夏休みどこに行っていたのか聞いた。
礼子は富士山をスーパーカブで登っていたのは驚いた。”
20代女性
傷だらけになった礼子のカブが愛おしく感じました。最初は免許も持っていない無表情の主人公が、スーパーカブを通してどんどん表情が豊かになり、友達もできるという展開にほっこりします。ゆるい日常系アニメ、大好きです。

TOPに戻る↑

第6話

 

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新

TOPに戻る↑

『スーパーカブ』期待の声

のどかな田舎町に暮らす高校2年生の女の子・小熊の日常を通して、彼女やその周りの少女たちの青春を垣間見れる事を、そしてそこには人との接着剤かの様に存在する「HONDA スーパーカブ」の様子も見られる事も、バイク好きにはとても楽しみな部分でもあります。家族も友達もいない様子の彼女は、なぜ一人暮らしをするようになったのか?その過去も気になりますが、彼女の性格と暮らしぶりと共に、これからカブを通してどんな交友関係が広がって行くのかも楽しみにしています。(50代女性)

ホンダ?スーパーカブが全世界1億台生産突破記念として描かれた作品。主人公の小熊は親なし、友達なし、趣味なしの孤独な高校生。でも自分の状況について悲壮感は持っていない。とても飄々としているため、作品がそこまで重い雰囲気にはなっていない。。そんな彼女がひょんなことからカブに出会い、免許を取得しカブを購入。カブと共に走る高校生活が始まった。カブに乗ることで彼女の人生の景色が変わっていく。同じ高校のカブ仲間と出会い、バイトやツーリングなど様々な経験をする。カブ×女子高生というのも一見ミスマッチな感じだが素朴な主人公の性格にとても合っている。人であれ何か物であれ、かけがえのない存在と出会うことでどんな境遇も軽やかに乗り越えられることを教えてくれる作品です。(30代女性)

作品の舞台になっている山梨県北杜市は高校時代まで過ごしていた地域なので、実家のある自治体がアニメ化されるのはとても楽しみです。原作でも自分が実際に訪れた場所や道路がたくさん登場しており、普段アニメに触れてこなかった地元の人たちもワクワクしています。テレビアニメ『ゆるキャン△』や旅バラエティ番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』でもバイクで山梨を訪れることがあったので、自然が豊かで過ごしやすい山梨をスーパーカブで走り抜ける女子高校生の日常がどのように描かれるのかが楽しみです。(30代女性)

私はバイクをはじめ、乗り物に全く興味がないタチですが、この作品のキービジュアルにはかなり心惹かれました。少女と無骨な機械という組み合わせは、どうしてこうも人の心を掴むのでしょうか。キービジュアルだけですでに大きく魅力的なギャップが演出されており、このアニメを見てみたいな、という気持ちがわいてきました。バイクの忠実すぎる描写が、アニメの絵柄に馴染んでいる点もまたすごく、こんな素敵な映像がずっと見られるのかな、と期待しています。(30代女性)

両親も趣味も何もなかった女子高生が、中古のスーパーカブと出会い、人生が少しずつ変わり始めるというストーリーに希望が感じられて期待が持てます。「スーパーカブ=乗り物」というイメージしかなかったのが、人ひとりの人生に彩を与えてくれるものと捉えたら、とてもすごい存在な気がしてますますスーパーカブとの日常を見てみたくなります。一人ぼっちの主人公の毎日が、どんな色に変わっていくのかと思うと楽しみでたまりません。(30代女性)