(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

すばらしきこのせかい The Animation

すばらしきこのせかい The Animation

 

 

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
unext 配信あり
見放題
31日間無料!

※このページは2021年5月現在のものです。

放送 2021年4月9日(毎週金曜)深夜1時25分放送
話数  ー
制作 アニメーションスタジオ・セブン
声優 ネク/桜庭音操:内山昂輝
シキ/美咲四季:鉢嶺杏奈
ビイト/尾藤大輔之丞:木村昴
ライム/(本名不明):竹達彩奈
ヨシュア/桐生義弥:木村良平
ヤシロ/八代卯月:新井里美
カリヤ/狩谷拘輝:勝杏里
ヒガシザワ/東沢洋大:高橋研二
ミナミモト/南師猩:藤本隆行
コニシ/虚西充妃:生天目仁美
キタニジ/北虹寵:白熊寛嗣
公式サイト Wikipedia
OP:「TEENAGE CITY RIOT」ALI

ED:未発表


ストーリー

“シブヤ”の街を駆け巡り、7 日間の「死神のゲーム」を生き残れ!!シブヤのスクランブル交差点で目を覚ました主人公・ネク。そこは現実のシブヤと重なりあう異なる次元“UG(アンダーグラウンド)”だった。訳が分からないまま「死神のゲーム」の参加者になっていたネクは、同じゲームの参加者である少女・シキと出会い、“パートナー”として契約。理不尽に課せられる“ミッション”や襲いかかってくるバケモノ“ノイズ”に立ち向かいながら、「死神のゲーム」と自分の記憶に隠された真相に迫っていく。『生き残れるのは、パートナーを信頼できた奴だけだ。』果たして、彼らは生き残ることができるのか―

みどころ

原作はテレビゲームの作品です。ゲームではおしゃれかつ美しい世界観が売りになっていたので、それをテレビにどのようにおこすのかという点に注目できます。見どころとなるのは、迫力のバトルとスリル要素が合わさった物語展開にあります。現実世界の渋谷とかさなりあうもう一つの謎の世界があり、その次元の間からおそいかかるモンスターと倒して生き残るバトル展開が綺麗に描かれる点は見どころになるはずです。主人公たちが強制参加状態で生き抜く7日間のデスゲームの恐怖と、その中で臭くする人間模様にも注目できます。クールな主人公のネクが、他のキャラクターと関わる中で徐々に見せるようになる人間性も見どころとなっています。キャラの個性とバトル展開が楽しめる作品です。

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!
Paravi
見放題
31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画などの完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『死神ゲーム』

シブヤのスクランブル交差点で目を覚ました主人公・ネク。
そこは、シブヤと重なりあう異なる次元、UG(アンダーグラウンド)だった。
突如スマートフォンに届いたミッションメール。
「104にたどりつけ。できなかったら消滅」
訳がわからず困惑するネクに、謎の敵・ノイズが襲いかかる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
アニメって、渋谷好きだよね。新宿や池袋の方が人は多いのに、渋谷にはアニメを引き付ける何かがあるのだろう。渋谷には象徴的なオブジェが多いからだろうか。多分、視聴者の年齢を意識しているのだろう。死神ゲーム、新手のサバゲ―かな。このアニメと似たようなアニメ、最近やってた気がするな。でも、名前が思い出せない。とりあえずは斬新な展開を期待したい。
40代男性
サイキックを使っていたのがとてもビックリしました。手に時間が書いてあったのがビックリしました。人が消えていたのがビックリしました。7日間生き残らないといけないのがビックリしました。タイマーが消えたのがビックリしました。
20代男性
“いきなり女の子に契約してって言われて契約するとは、状況が状況だけに仕方ないけど、ちょっと無用心ですね。
けど契約して早々、サイキックを使いこなすとはネクは凄い。
ネクはなんでそこまで人に干渉されたくないのか知らないけど、いきなり7日間のデスゲームに巻き込まれたら誰でも動揺すると思うな。”
30代男性
ここは渋谷だけれど渋谷じゃなくて、平行世界のアンダーグラウンドだとシキから説明を受けて、やっと自分が何かのゲームゲームに巻き込まれていると理解したネクだったけれど、そもそも自分の名前も覚えていなかった彼が何故ここに来たのかも判らないままでした。
40代男性
シブヤのスクヤンブルに降り立った主人公のサバイバルが開幕です。シブヤでどんなミッションが繰り広げられるのか、毎回ヒヤヒヤしながら見ることになっていますね。ラフな世界観で深いストーリーが堪能できそうです。

TOPに戻る↑

第2話『シキ』

7日間の死神ゲームの参加者としてパートナー契約をしたネクとシキは、
ミッションクリアのために向かったスペイン坂で、シキにそっくりな女子高生を目撃する。
彼女を見た瞬間、取り乱したシキは、その後も、憔悴した様子を見せる。
その理由を聞いたネクは、ゲームの参加者たちに共通する衝撃の真実を知ることになる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
ストーリー設定が全く読めなくて、登場人物の誰にも入り込めなかったのですが、最後の最後にシキが真実を告げてくれて、でもそうなった場合、ネクは自分がどうやって死んだのか、生き返りたくて自ら参加して訳ではなさそうで、では誰が参加させたのか?と気になりました。
40代男性
アニオタであれば秋葉原にあこがれを感じそうなのに、なぜ渋谷が素材として選ばれるのだろう。イマドキのイケている若者=渋谷で闊歩している若者、というイメージなのであろうか。まあ、象徴的なオブジェが、アキバにはなくて渋谷にはあるという認識なのだろう。それにしても、絵や動画に違和感がある。自然な流れがない。一昔前の、からくり動画のようだ。全体的にチープなんだな。
20代男性
ミッションクリアのために向かったスペイン坂でシキにそっくりな女子高生を目撃したのがとてもビックリしました。シキが取り乱していたのがとても面白くてよかったです。憔悴した様子を見せのがとてもビックリしました。
30代男性
スキャンはダイレクトに何を考えているか判るからいいと言い切ってしまえるネクだから、このアンダーグラウンドに呼ばれた気がしました。そもそも、人と関わることも面倒で、煩いだけだとネクが思うようになった原因は何なんだろう。
40代男性
死神ゲームかなり不気味ですね。いきなり架空の渋谷に飛ばされて、その中で、携帯で次々に指令がくだされ、化け物が多々登場します。次々と出てくる化け物を倒していくネク達は凄く驚きでした。今回はそんな死神ゲームの主催者が登場、かなり悪そうな見た目で絶対何かたくらんでそうでしたね。

TOPに戻る↑

第3話『消滅』

ネクたちと同様、ゲームの参加者であるビイトとライムに会ったネクとシキは、互いに協力してミッションをクリアしよう、と話し合う。
そんな4人に、「タワーレコードにたどりつけ」という、簡単なミッションメールが届く。
しかし、クリア直前の4人に、ヤシロとカリヤが放ったノイズが襲いかかり……。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
“自分の過去の記憶が無いとか、夢が無いこととかがエントリー料に取られたとは、言われて初めて気がつきました。
シキは意外と色々と自分のことも含めて、ちゃんと現実的に考えていますよね。
そしてライムがビイトをかばって消滅したのは、ショックだったな。”
20代女性
“最終決戦の前にシキが生き返ったら云々かんぬんって喋り出したときは、盛大なフラグを建設していくなと思いました。
そんなこと言い出したら、絶対に戻れないパターンだよね。
そして死神との戦いは、にゃんタンが大きくなったり面白かったです。”
20代女性
ライムがビートを救おうとサメのノイズに食べられる前、一瞬赤い車に轢かれる前の映像が流れて、そこではビートがライムのことを助けていた。あの映像は、現実でのことだったのだろうか?そのことをライムは覚えていたからビートを庇ったのだろうか?
20代女性
主人公、すごい火力持ちだな。この種のサバイバルゲーム、通常は参加者たちが普通の人間レベルに設定されることが多いが、このアニメはそうではないようだ。知力を用いたバトルというよりも、超能力戦争といった方が良い。せっかく舞台が渋谷なんだから、現実の渋谷の地形を生かした戦いが良いなあ。
20代女性
“生き返るのが一人だけって、ただの詐欺じゃん。
変わった方が生き返るって仕組みなら、確かにネクなのかもしれないけれども、シキが選ばれたのは、ネクのエントリー料がシキになると分かっていたからなのか?
やり方が汚すぎるよ。”

TOPに戻る↑

第4話『死神』

2回目の死神ゲームに参加することになったネクは、謎の少年・ヨシュアとパートナー契約をすることになる。
ヨシュアはゲームに詳しく、シキのことも知っていた。
不信を抱いたネクは、正体の怪しいヨシュアに詰め寄るが、その体に触れた瞬間、何故か宇田川町の風景が見えた。参加者同士はスキャンできないはずだが……。

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新予定

TOPに戻る↑

第5話『CAT』

ヨシュアとともに、キャットストリートにあるカフェ・ワイルドキャットを訪れたネク。
そこは、1回目のゲームで幾度となく助けてくれた、ハネコマの店だった。
ハネコマはネクに、「全力で今を楽しめ」と言う。その言葉は、ネクが尊敬するCATの言葉でもあった。
一方、ゲームマスターのミナミモトが消息を絶ち、突如発生した禁断ノイズが、参加者だけでなく、死神までも襲いはじめる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
“新しく登場したヨシュアと契約しちゃうと、改めてシキがいなくなってしまったんだなって悲しくなってしまいました。
女の子の声でネクがハッとしたり、この7日間も絶対にクリアするっていう意気込みを見ると、本当に最初のシキとの7日間はネクにとって、
大切な日々だったんだなって感じさせられて嬉しいけど、複雑です。”
30代男性
ネクが2回目の死神ゲームに参加することになったのがとてもビックリしました。ヨシュアとパートナー契約をしていたのがとてもビックリしました。ヨシュアがゲームに詳しいのがすごいと思います。ネクがヨシュアに不信を抱いていたのがビックリしました。
40代男性
ずっと君のことを見ていたよと、拍手をしながらネクのパートナーになると近付いて来たヨシュアと名乗る謎の男。1回目にいなかった上に、スキャン出来てしまったことがより一層不気味な存在で、新しく現れたゲームマスターまでネクを知っていることがさらに不気味さが増しました。
20代女性
“参加者同士はスキャンできないのに、スキャン出来てしまうってことは、ヨシュアは死者ではないのか?
だけどクイズみたいな計算問題を瞬時に問いてしまうとは、頭がいいみたいだし頼りにはなりそうです。
だけど今回の死神は、なんか陽気な人だし、数学大好きっ子みたいで面白い。”
40代男性
“前回の死神はまっとうに武力で勝負してくれたけど、今回の死神は参加者の心理を操るとは、切れ者っぽいですね。ノイズも2人で攻撃しないと倒せないシステムだし。
そしてネクが記憶を取り戻したのは、シキが取られてしまったからってことは、きちんとゲームをクリアすればシキが戻ってくることで安心しました。
けどシキのお友達の言葉は切ないなあ。”

TOPに戻る↑

第6話『』

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新予定

TOPに戻る↑

『すばらしきこのせかい The Animation』期待の声

もともとはNINTENDO DSで発売されたロールプレイングゲームで、その緻密な脚本や世界観から国内外で数々の賞を受賞した伝説的な作品です。15年近く前のゲームですが、私も何年か前にプレイしたことがあり、シブヤという街の独特な空気感を再現した描写や、練り込まれたゲーム性、BGMの素晴らしさなど、前評判通りのできの良さに圧倒されました。この作品をアニメ化しようという制作陣の目の付け所の良さはさすがだと思います。名作の世界観をさらにアニメとして広げてくれるような、素晴らしい作品を期待しています。(30代男性)

「すばらしきこのせかい」は、発売当時、ゲームも遊んで楽しみました。その「すばせか」がアニメ化するなんて!ゲームの激しいバトルは、アニメではどのようにスリリングなものへとしてくれるのでしょうか?また、ゲーム版「すばせか」は、大変声優さんが豪華でした。内山昂輝さんや、木村昴さんなど…アニメでも同じ声優さんが起用されるのかに注目ですね。後は、「すばせか」と言えば「音楽」です!きっとゲーム版に使用されたものをうまいことアレンジして我々の耳に届けてくれることでしょう。(30代男性)

ストーリーは、定期的によく見られるバトルロワイアル系かな?と思いつつ、王道的な面白さが期待できるのではないかと感じました。個人的に、ストーリーよりも興味を惹かれたのは、キャラクターデザインです。アニメではあまり見かけない、独特な絵柄で、線の強弱の付け方や影の付け方も個性的で良いな、と感じました。ファッションにはどこか懐かしさが感じられ、でも絵柄に馴染んでいるのが面白いです。このキャラクターたちが動くところを見たいな、と思わせられました。(30代男性)

原作となるゲームは2007年にスクウェア・エニックスから発売され任天堂のDSにて遊べるゲームでDS特有のダブルスクリーン(上下の画面)を駆使しながら探索やバトルをすするものだったのですがその部分をアニメの中でどのように再現するのかをとても期待しています。バトルシステムも相棒となるキャラクターとの連携が重要となるシーンが多かったので各々のキャラクターがどのような動きで戦ってくれるのかも想像が膨らみます。先行で配信されたアニメ版ティザーPVでは主人公が情報源として持ち合わせるガラケーをスマホへと変更するという時代背景に合わせたアレンジも見受けられましたので本編の中でゲームからどのように進化しているのか違いを見つけるのが楽しみです。(30代女性)

目を覚ますと渋谷のスクランブル交差点で、しかも訳のわからぬまま「死神のゲーム」に参加することになってしまったネクが、7日間をどうやって生き延びるのかに期待がかかります。ネクの記憶と死神のゲームにどんな関係性があるのかも謎でとても気になります。また、一緒に行動するパートナーとして契約を結んだシキとの関係が今後どのように変化していくのにも注目しています。死神のゲームに登場するバケモノのノイズの正体や、理不尽なミッションとはどんな難題なのか?という点にも興味津々です。(30代男性)