(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

SCARLET NEXUS

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2021年10月現在のものです。

放送 2021年7月1日(木)~
TOKYO MXほか
話数 全-話
制作 サンライズ
声優 ユイト・スメラギ:榎木淳弥
カサネ・ランドール:瀬戸麻沙美
ハナビ・イチジョウ:嶺内ともみ
ツグミ・ナザール:高野麻里佳
ゲンマ・ギャリソン:竹内良太
ルカ・トラヴァース:赤﨑千夏
シデン・リッター:河西健吾
アラシ・スプリング:堀江由衣
キョウカ・エデン:原由実
カゲロウ・ダン:浪川大輔
ナギ・カーマン:内田雄馬
ナオミ・ランドール:西明日香

第1クール

OP「Red Criminal」THE ORAL CIGARETTES

ED「Fire」Yamato(.S)

第2クール

OP「MACHINEGUN」THE ORAL CIGARETTES

ED「Stranger」Ayumu Imazu


ストーリー

その緋は解放か、断絶か新歴2020年。人類の多くは、思考や意識を外界に作用させる力、『脳力』を生まれながらに備えていた。その生活は一見便利で、平和にも見える。しかし実際は、成層圏より降下する異形の生命体・怪異の存在が彼らの命を脅かしていた。怪異を討伐すべく、ニューヒムカ政府によって結成されたのは怪伐軍。ひと際強い脳力の持ち主、『超脳力者』によって組織された軍隊だ。超脳力は、発火、超高速、透明化など、個人により様々な発現の形をとる。念力の超脳力を持つユイト・スメラギは、幼い頃、怪異の襲撃から怪伐軍によって救われた。以来、志願兵として厳しい訓練に耐え、ついに入隊の日を迎える。一方、スカウトで怪伐軍に入隊したカサネ・ランドールは以前より不可思議な夢を頻繁に見ていた。「赤い糸から手を離さないで」――カサネが夢で告げられる言葉の意味とは? 怪異の正体、そして隠された世界の秘密とは……。ユイトとカサネは、抗えない運命に巻き込まれていく。

みどころ!

アクションRPGとして発売されていたSCARLET NEXUSがついにアニメとして登場しました。
脳力と呼ばれる力を駆使して怪異と戦う世界、主人公ユイトは幼いころに怪伐軍に助けられた経験から志願兵として訓練を乗り越えて入隊を果たします。怪異のデザインは有機物と無機物を合わせたようなデザインになっていてそんなどこか不気味さを感じるデザイン、赤い糸で繋がれた仲間達その赤い糸とは何か、SF世界のようなそう遠くはない近未来のような世界での戦いの行方に何があるのか、アクションシーンは勿論もう一人の主人公とも言えるカサネの見る夢の秘密。怪異の正体、世界の秘密と言った謎解きのような要素もあり見どころは満載です。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間


見放題

31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『緋色の守護者』

怪伐軍入隊の日を迎えたユイトとナギは、互いに士気を高め合う。一方、カサネは頻繁にみる奇妙な夢を気にかけていた。入隊早々、町には怪異が出現し、幼い少女が絶体絶命の危機に晒される。ユイトは待機を命じられるが……。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
“怪伐軍に入隊する事が決まったナギとユイトは入隊式に出ていた。
そこでユイトは注目を浴びる事になって、ナギは少し不貞腐れていたのは仕方ないと思う。
しかし、ナギは今日から怪伐軍になるのだからと励ましていたが、警報がなってしまった。
入隊からすぐに厄介事になると思ったら、カレンがあっと言う間に怪異を凍結させたのはさすがだと思った。”
40代男性
“ナギとユイトは怪伐軍に入隊する事になっていた。
ナギはユイトと共に入隊できる事をうれしく思っているようだった。
入隊にはカサネとナオミもり、ナギはナオミがかなりお気に入りだったように思う。
しかし、カサネは油断なくいるのは、今後のユイトとの関係がどうなるのか楽しみです。”
40代男性
“怪異と戦う為に怪伐軍に入隊する事になったナギとユイトは気持ちを高ぶらせていた。
しかし、入隊日に怪異が現れたのだが、カレンがすぐに対処してしまうのは驚いた。
入隊式で、スカーレットガーディアンの一員として戦っていく事になったが、ナギはナオミと話がしたいとは面白いと思う。”
20代女性
“怪伐軍は怪異から人を守るための組織だった。
過去には怪異に家族を失われている人も多くいるようだった。
そこにナギとユイトが入隊する事になるが、入隊してすぐに怪異と戦闘になってしまうのだが、カサネの能力の凄さを見せつけられたように思う。”
20代女性
“気になっていたゲームがアニメ化するということで、すごく楽しみにしていました。
怪異が襲ってくる世界って、結構恐ろしいことなのに、街のみんなが討伐軍のことをちょっとしたアイドルみたいに応援しているし、
倒したあとも試合が終わったかのようにインタビューしてくるのが変だなって思ったけど、色々と情報が操作されているみたいですね。”

TOPに戻る↑

第2話『スカーレットガーディアン』

キョウカ隊とセト隊は、新人歓迎合同訓練を行う。そこで突如ユイトはカサネに集中攻撃される。訓練が終わったのも束の間、出撃命令が下される。向かった先で、ナオミは超脳力により、カサネに迫る危機を予知する――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
天気予報みたいに怪異予報があるとか、すごい不思議な世界だけど、
子供番組で怪伐軍の凄さを謳っているとか、この世界人って洗脳されているのかもね。
ユイトの命の恩人がカサネそっくりな人なのとか、神社でおみくじ引いたりしていたと思ったら、
急に合同訓練の場にいたりとか、ユイトの記憶みたいなのってどうなってるんだろう。
40代男性
ナギとユイトは外出しており、同じ目的地にカサネとナオミも来ており、バッキィちゃんおみくじを引くが、ナオミ以外は大凶だったのは笑った。
ナオミが優しいと思ったのは、みんなのおみくじをまとめて結んでおり、合わせて小吉かなと話していたのは良かった。
40代男性
ナギはユイトに怪伐軍の勤務まで時間があるので外出したいと誘っていた。
またカサネはナオミも行きたい所があると言って、連れて外出していた。
驚いたのが、天気予報のように怪異予報が放送されていたのは驚いてしまった。
40代男性
ユイトは油断したときにカサネに助けられていた。
その後、ナギとユイトはつかぬ間の時間に外出することにしたが、偶然にもカサネとナオミも外出していた。
ナオミの様子がおかしい事に気が付いたカサネはユイトがナオミに相応しいのか確認すると言い出したのは面白い。
40代男性
怪伐軍の人は成長抑制しているとか、さらっと凄い発言あったけど、アラシさんのオンとオフの差が凄く良いですね。普段はグデアラって呼ばれてるとか、すごく可愛いなって思いました。そしてナオミちゃんは、誰に襲われたんだろう。

TOPに戻る↑

第3話『陰謀』

任務遂行中、胸を撃たれたナオミに異変が生じる。動揺のおさまらないユイトやカサネ達だったが、息つく間もなく次の出撃命令が下される。しかし現場に向かった一同を出迎えたのは、意外なものだった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
ナオミがカサネの目の前で怪異になってしまった。カサネがおねえちゃんと声を掛けるが、攻撃をされてしまい、ユイトたちは反撃に出る。しかし、ナギが戦意喪失状態になっており、かなり厳しい状況だと思った。カサネは戦闘を止めようとしたが、ナオミは消えてしまったのは驚いた。
30代女性
一話目から主要キャラがほとんど登場して華やかな展開になっていました。ヒロインのカゼネ、ナオミの姉妹が美しく、映像として映えるものでした。スムーズで爽快な戦闘シーンは、迫力があって美しかったです。客員がチームで戦闘を行う展開が格好良かったです。
40代女性
序盤は皆が顔合わせをして仲良く学園生活を送り、訓練を行う展開が見られました。ナオミが敵の攻撃を受けて化け物になってしまうあたりから、どんどんと不穏な空気が渦巻く展開になりました。意外で先が読めない展開に惹き込まれる作品でした。
20代女性
ゲンマはセトと話が全くかみ合わないうちに戦闘になってしまった。ユイトもどうして味方同士でと考えていると、ナギがユイトに立ちはだかるのはどうしてなのかと思った。ゲンマは真実が知りたいと話すが、セトはやりきれない気持ちがあったと思う。
30代女性
味方同士で戦闘になってしまった。ナギはユイトとカサネに襲い掛かるのだが、少し前からナギの様子がおかしかった。ナオミが亡くなったと思っているナギだったが、カサネはナオミは死んでいるのではなくて、怪異になった事を告げるが更に戦闘が混乱してしまい、セトが犠牲者になってしまうとは思わなかった。

TOPに戻る↑

第4話『レッドストリングス』

理由も分からないまま、同胞と戦うことを余儀なくされたユイト達。その最中、ナギが奇妙な言動を見せる。ユイトとカサネは、突如現れた異空間に吸い込まれ、異様な光景を目の当たりにする。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
統制のとれた組織での話と思って最初見ていましたが、だんだん内部分裂をおこすようになり、組織の統制がとれなくなっていきます。この展開が以外なものとして記憶に残ります。陰謀により、主人公たちの平和な生活が崩れていくスリル展開が面白いです。
30代女性
展開が速く、用語も多いアニメですが、それによって先が読めない不穏さがしっかり出せていますし、世界観の作り込みがしっかりしているので、次はどうなるんだとハラハラしながら楽しめます。ユイトのビジュアルが好みにドンピシャなのも嬉しいです。
40代女性
上空に現れた異空間も異質な感じに思えたが、そこに怪異軍あ吸い込まれていくのは驚いてしまった。ユイトも気が付いたらその状況を目撃していた。ゲンマがどうしてユイトたちに攻撃をすることになったのかと思ったら、事実確認も出来ていない疑いでやっていたのは酷いと思った。
20代女性
街は怪異が侵入してきていたが、防衛システムが動いていなかった。街の中では怪異と乱戦になっていたが、ユイトは戦闘にまったく集中していなかったのは仕方ない状況になっていた。サイネットがシステムが落ちているので通信も出来ないのはかなり厳しい状況だと思った。
30代女性
怪異の侵入により、戦闘はかなり厳しい状況になってきた。ワタルはシステムを復旧出来ないか探るのだが、明らかにクーデターが起きたと連絡が来てしまい、カレンが政府を倒すつもりのように思うが、ユイトには自分の務めを果たすしか方法がなかったのは厳しい状況だと思った。

TOPに戻る↑

第5話『カレンの反乱』

スオウの街はサイネットがダウンし、怪異が暴れまわり、混沌とした様相を呈している。ことの首謀者であるカレンは、ニューヒムカ国民に対し自らの行動の理由を語る。命令を受けて評議会議長である父・ジョウの警護へ向かったユイトは、そこで最悪の事態に巻き込まれる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
カサネたちはユイトとも分散されてしまった。スオウの街は完全におかしな状態になっており、都市機能も失われているようだった。だが、違和感があるのはカサネたちにも感じていたようだが、カレンがカサネの能力をコピーしていたのは驚いた。
30代女性
スオウの街の様子がおかしいのに気が付いていたが、カレンがカサネの能力を求めていたのは意外だと思ったが、何か目的があるようだった。建物の外に出ると2070年のユイトが待っていたのは驚いたが、その能力はカサネが持っていたのをユイトが教えてくれたのは驚く事ばかりだと思った。
40代女性
カサネたちはスオウの街の中を歩くのだが、建物の外にいたのは2070年のユイトだった。2020年から2070年に来てしまったのはカサネの能力であるレッドストリングスの持ち主だと明かされたが、カサネは自分の夢がまさか本当の事とは思わなかったのは当然だと感じた。
20代女性
ゲンマは騙されていたとはいえ、セト隊長が行方不明になるきっかけを作った人物だから、許せないのも分かるし、今は許せる許せないの状況じゃないのも分かる。
とりあえずカレンの企で街が危険な今は、1人でも戦力が多いほうがいいもんね。
30代女性
カムイが何かしらの目的でスオウの街を壊滅状態に陥れたのは酷いです、政府のやり方に反発しての事だけど街の有様を見ると納得出来ないですね。でも政府の方に秘密があるのは確かなのでその謎が何なのかユイトに解明して欲しいです。異空間で未来のカイトに言われた言葉通りにしようとカサネがカイトを狙ったのは悲しかったですね、そのせいでカイトの父親を殺した犯人にされてしまうし二人の仲が拗れていくのは悲しいです。

TOPに戻る↑

第6話『破滅の明日』

カサネたちキョウカ隊のメンバーは、荒廃したクナド高速輸送道路で目を覚ました。しかし、なにか様子がおかしい。カサネはそこで、ある人物から、これまでに起こった事の謎を解き明かす驚きの事実を告げられる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
カサネがユイトのお父さんを殺しただけじゃなくて、ユイト自身にも襲いかかってくるってどうなっているんだ?
ナオミが怪異化したことが原因で、スメラギ家に復讐でもしているのだろうか。
何か事情があるとは思うけど、さすがにびっくり。
30代女性
ユイトのせいで未来の世界は破滅しかかっているとか衝撃的ですね。ユイトとカサネがダブル主人公の意味がやっとわかった気がします。
未来のユイトが俺を殺してくれと叫んでいたけど、そんなにこれから壮絶なことが起きるのか。
40代女性
普通なら未来で世界が滅びかかっているなんてことは信用してもらえないだろうけど、キョウカさんたちも一瞬未来のユイトに会っているから信用してもらえたんだよね。
カレンは正直信用できないから、キョウカさんたいだけが頼りかも。
20代女性
ユイトのお父さんを殺したのはカゲロウかな?
あの場にいた人物はカサネとカゲロウしかいないし、ユイトを殺そうとしたカサネを隠れながら楽しげに見ていそうだよね。
この国が怪しいことをしてるのはもちろんだけど、カレンとカゲロウも怪しいな。
30代女性
ユイトとカサネは一緒に赤い糸が沢山ある異世界へと迷い込んでしまってドキドキでした。カサネはここが50年後の未来で50年後のユイトに会ってユイトとカサネが異世界へのゲートを作り出してしまったと告げてビックリです。このゲートを消滅させるにはユイトを殺さなくてはならないなんて悲しいですね、未来のユイトが殺してくれと涙を流しながら怪異達にやられてしまうのは可愛そうでした。元に戻ったカサネはユイトの父親を助ける事が出来なかったし、父親を殺したと誤解されるしで最悪だけどカレン達と合流して仲間がいるのは安心しました。

TOPに戻る↑

第7話『追跡、ナギ』

体調に異常を感じたユイトは、怪伐軍病院へ行く。そこには、行方をくらませていたナギの姿があった。ナギを追って一同は怪伐軍病院の旧館に向かう。そこはユイトとともゆかりのある場所だった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
街のサイネットやビジョンは能力が備わっていることを前提に作られているって、ヒロアカ並みに無能力者は珍しい世界なんですね。
社会そのものが無能力の人を排除している感じだけど、通信を遮断されただけで街に怪異が入り込んだりとこの世界は色々と能力に頼りすぎかも。
30代女性
ナギが正常に戻れることってあるのかな?ナギが元に戻るのとナオミが元に戻るのは同じくらい難しそうだけど、ずっとあのままじゃさすがに悲しすぎる。
そしてユイトが能力を使い続けると穴が広がるんだから、カサネも正直に話したほうが早いような。
40代女性
カレンが完全にカサネと同じく世界の崩壊を止めたいとは思えないけど、近い目的なのは違いないだろうから、怪しくても今はカレンに協力するしかないかな。
ナオミのこととなるとカッとなりやすいカサネを、アラシさんが止めてくれるのは良かった。
20代女性
ユイトの記憶がちょいちょい途切れるのって無意識に、ユイトがタイムスリップしてるとかじゃないのかな?
何かしらの理由があるんだろうけど、受診した病院もナギのことを隠しているから信用できないし、本当にこの国はどうなっているんだか。
30代女性
カサネはナオミを助けたいとカレン側に付いているけどそれが正解なのか分からなくて心配ですね、カレン側についたキョウカ達も色々と思惑があるようで気が抜けないです。ユイトは記憶の混乱が起きていて病院に行くとナギを見かけてビックリ、関係者以外立入禁止で何処かに運ばれるなんて怪しいです。後を付けたユイト達は荒野にある廃病院に辿り着いたけどユイトの記憶にあった女性は誰なのか気になります。病院内で怪異に襲われるけどナギが目の前に現れてどうなっているのか謎でゾワゾワしますね。

TOPに戻る↑

第8話『病院の真相』

一緒に来るようにナギへ説得を試みるユイト。しかしその時、予期せぬ事態が起こる。ユイトがフブキから旧怪伐軍病院の秘密を知らされる一方で、カサネはナオミに会うため、特異生命研究施設へ向かう。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
ユイトに薬として怪異を沈静化させるアンプルが送られてくるって、記憶の混濁とかあるし、もうすでにユイトも脳をいじられていたりするのかな?
そう考えると本当にニューヒムカ政府って、人の脳をいじってるのもそうだけど恐ろしい。
30代女性
ユイト側に比べるとカサネ側は、アラシさんが有能すぎてヤバイ。
そしてついに怪異になったナオミと再会出来たけど、まさかちゃんと会話できると思わなかったから、泣きそうになってしまいました。
カレンが取り戻したいのは、アリスなのね。
40代女性
カレンのことを怪しんでいたけど、とりあえずナオミが怪異化していても意思疎通ができるようにはしてくれているみたいだし、
本当に元に戻すことができるのかなってちょっとだけ期待してしまうよね。
そして一方のナギは、色々と実験されて、これからもユイトに襲いかかってきそうで辛い。
20代女性
椅子に座らされて何かの装置に繋げられていたから、てっきりナギは助けられたと思っていないんだと思っていたけれど、ユイトの奥にいる敵を確認して、そこを狙って攻撃していて、ああそうだったんだなとホッとひと安心しました。
30代女性
病院の周りには何ひとつ残っていないのに、病院だけは綺麗な形で存在していて、それは明らかに異様な光景でした。でも、ユイトたちが助けたはずのナギは、フラフラと歩み寄って来たけれど、ユイトを見るその目は確かに敵意そのもので、一体何が正しくて正解なのかがさっぱり判らなくなりました。

TOPに戻る↑

第9話『疑惑の特効薬』

怪伐軍の離脱兵を捜索する任務を与えられたユイト隊。その中で、一同は特異生命研究施設にたどり着く。カサネと邂逅するユイトだったが、二人の立場は大きく違っていた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
誰もあのアンプルでユイトの症状が収まったことに疑問を抱いていない様子だったけど、人の脳が材料だったことと、
怪異の研究所にカサネたちがいたことで混乱しているのかな。
ナオミも人の脳を材料にして生きながらえてるのはショックだろうし、人に戻すには何が必要になるんだろう。
30代女性
カレンもフブキも怪しいな。
キョウカさんも正直あまり信用できなさそうな中で、アラシが冷静に物事を考えてくれているのが本当に助かる。
カレンたちは自分の大切な人を助けるだけにユイトとカサネを利用している感じだから、アラシが言うとおり、もう少し冷静に考えて、誰についていくのかついていかないのか考えるべきだね。
40代女性
もちろんカサネたちはナオミ一人を守るために、こんな恐ろしい施設を守ろうとしているわけだけど、
こんな現状になっているのは誰のせいなのかって考えると、ユイトたちはカサネ達を怒れないと思う。
ただカサネの方がきちんと説明しないで襲ってくるから、ユイト側からしたら誰の言っていることが正しいのか訳わからないんだよね。
20代女性
まさかユイトに渡されたアンプルの材料が人間の脳だったとは思わなかったけど、あの脳ってどうやって集めてきているんだろう。
もちろん人間の脳が薬に使われているのは問題だけど、わざわざ殺して奪っているとかではない限りは、
ナオミたち怪異になってしまった人たちが正気を保っていられるならしょうがないんじゃないかな。
30代女性
特異生命研究所の秘密を追う主人公達、次第に物語の深層に近づいていく感じが非常ワクワクするものとなっていました。やはり主人公たちにとって周囲を取り巻く人間模様は重要なものなのですが、本心の中の疑心が垣間見得て緊張感を感じましたね。

TOPに戻る↑

第10話『反逆者ユイト』

ユイト達はナギの記憶データを手に入れるため、再び旧怪伐軍病院へ向かう。一方カサネは、ユイトとクナドゲートの関連性が科学的に示されたことを受け、改めて50年後のユイトの言葉が事実であることを思い知る。進むべき道に迷うカサネ。そんな時、キョウカから一つの提案がなされる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
スオウで指名手配されたユイトのことをセイランへと勧誘しながらも、宗教自治区のトゲツへ逃げる道もあると選択肢を提示して来たカレン連隊長だけれど、同じ時にキョウカもカサネにトゲツ行きを提案して来て、この選択があの50年後のユイトなのでは?と疑心暗鬼がつきまとってしまいます。
30代女性
次元ジャンプしたカサネは、50年後のユイト自身から真実を聞いての今だったんだなと、やっと自分の中で全てが繋がってすんなり腑に落ちました。ただその未来の事実を今のユイトは知る由もないから、カサネたちが何故怪伐軍から離脱したのか判らないまま探している、ユイトの姿がたまらなく歯痒く感じました。
40代女性
無器用な性格のカサネと同じく無器用な性格のシデンのやり取り面白いな。おかげで少しは周りを頼ることを覚えたカサネだけど、最後にキョウカもトゲツへ行くことを提案するとか、やっぱりキョウカって何か企んでいるよね。
20代女性
アリスを守る為に研究施設を作ったと語るフブキが正しい事のように聞こえるけど脳にダメージを受ける薬や実験を繰り返しているのは酷いですね。ゲートとユイトがリンクしている事が兄のカイトにも知る事になって何か企んでいるのは怖いです。ユイト達は人格強制されたナギに攻撃されて切ないですね、そんな時にユイトが頭痛で倒れて人質になってしまったのはハラハラしました。シデンがカサネに思った事をズバズバ言ってるけど仲間だと思っているのは良い奴ですね、カサネも素直に謝って未来の事を話して皆が納得してくれたのは良かったですね。ユイトは捕まって入院していた子供の医者に前はベルペッパーだと教えられてビックリです、そしてユイトは反逆者となってしまったのもビックリですね。
30代女性
ユイトとクナドゲートのシンクロ率が90%だとはっきり証明されてしまって、50年後のユイトが語っていた通りの未来へと進んでしまっていた。世界を救う為に俺を殺してくれ!と泣き叫んでいた、ユイトの思いを願いを持ち帰ったカサネは、ナオミもユイトも救う未来へと導けるのか。怖くもあり信じたい気持ちもあり葛藤してしまいます。

TOPに戻る↑

第11話『トゲツへ』

旧怪伐軍病院の秘密を知ったために、反逆者として追われる立場になったユイト。一方、ナオミを救う手立てを見つけるための道を探るカサネ。異なる場所にいながら、両者はともに月を信仰する宗教自治区・トゲツへ向かうべきか思い悩んでいた。果たして、トゲツはふたりに何をもたらすのか――

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
英雄から一転してテロリストとして指名手配されてしまったユイト。戸惑いはあったみたいですが、それよりも真実を知るために宗教都市トゲツへ向かうことを決めます。同じころカサネもナオミを救うために怪異とつながりがあるであろうトゲツへ行くことになります。ユイトとカサネが再び交錯するかと思ったのですが、トゲツは想像以上に怪しいカサネ一向は捕らわれてしまいます。ユイトの方はとりあえず無事のようですが、トゲツにはいったい何が隠されているのか気になります。
30代女性
ユイトがトゲツへ行くこの一連の流れも、カレン連隊長の思惑通りのように思えてしまって、行くならこのアンプルを持って行けと、記憶も超能力もなくなるから、嫌でも飲むしかないと言って渡したけれど、本当にそうなのかな?と完全に信じることは出来ませんでした。
40代女性
なるほど。旧怪伐軍病院を行き来していたあのトラックがトゲツ方面から来ているから、人間の脳を使ったアンプルと関係があるかもしれないと、キョウカはカサネにナオミを救える可能性を提案したんだなと納得。しかし、トゲツ出身のカゲロウが、最後まで行くことに抵抗していた理由が引っ掛かります。
20代女性
政府から反逆者として追われているユイトが逃亡先としてトゲツを選択することはまだ理解出来たのですが、何故キョウカがカサネにトゲツ行きを提案したのかが不明瞭で、フブキ連隊長が追跡を続けろと連絡を取っていたのがキョウカなのでは?と私の中で疑念が湧いてしまいました。
30代女性
今までは政府や旧怪伐病院の秘密を知って、お互いに譲れないものが違うからすれ違っていたユイトとカサネだけど、
お互いに反逆者になってしまった今、誰かの陰謀だとしてもトゲツに向かうことで、すれ違っていた2人が繋がるのは運命的ですね。

TOPに戻る↑

第12話『月の秘密』

トゲツにて、ユイト隊はニューヒムカの成り立ちやクナドゲートに関する、衝撃的な情報を知る。にわかには信じがたい話に戸惑う一同。一方、カサネは朦朧とした意識のなかで、自らのルーツを思い出す。同時に、幼いころ母親のように慕っていた人物に関する記憶もよみがえる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
キョウカのトゲツ行きへの誘導も、めちゃくちゃ最もな理由をカサネに述べていたことで、ああ私が疑いすぎていたのかな、ナオミを救いたいカサネを思い遣ってのことなんだと信じ始めたところでの、やっぱりの裏切りにはショック倍増でした。
30代女性
レッドストリングをつかさどる脳が2つ同時に揃うことこそ、トゲツの目的だったように思えたのですが、カサネとユイトへの対応が対象的だったのは、カサネが元々トゲツで作られたデザインチルドレンだったからなんだろうなと思えました。
40代女性
“なんとなくキョウカは怪しいと思っていたけど、トゲツで作られた操り人形だったのか。
けど今までカサネ達と行動を共にして、色々と考えさせられることがあったのか、
カサネをここに連れてきたのは本当に正しかったのか迷っているフシがあったから、最後には味方になってくれたりしないかな。”
20代女性
キョウカに打たれた注射によって眠らされていたカサネが、幼い頃の記憶を思い出していたけれど、カサネが大切に育てていた犬を目の前で殺された時に、彼女の脳波がどう反応するかを計測していて、ああ彼らにとってはデザインチルドレンとしてのテストにすぎなかったんだろうなと、酷い事実に愕然としました。
30代女性
“トゲツって辺鄙なところにある小さな教団なのに、情報筒抜けすぎるのが怪しい。
クナドゲートのこととかこの世界はダメとか、一度カナネ以外の誰かの能力で未来を見てきているのかな?
それにしてもカサネも作られていたのには驚いたけど、能力の発動のさせ方が辛すぎる。”

TOPに戻る↑

第13話『デザインチルドレン』

トゲツのメインコンピュータ・ベイブに脳を乗っ取られそうになるユイト隊。強力な追っ手にあい、戦いを余儀なくされるカサネ隊。両者は久しぶりの再会を果たし、互いに知り得たことを共有する。しかし事実を信じきれないでいる一同に、カゲロウが意外な言葉を投げかける。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
過ちの宇宙を正す為にカサネを逃がす訳にはいかないと、ポープ博士のデザインチルドレンとしてのキョウカは話し出したけれど、不意にもう1人のキョウカも現れて、2つの意識の中で困惑していることが見て取れたけれど、私はポープなんかじゃないわ!と言い切った姿は、キョウカの自我が勝ったんだと信じるに値する表情に見えました。
30代女性
やっとカサネがユイトになぜ殺そうとしたのか説明したけど、誰もユイトのお父さんを殺したのはカサネなのかって確認しませんでしたね。
色々と衝撃すぎて聞き忘れたんだろうけど、直前で気にしていた割には聞かないんだなって思いました。
そしてカゲロウは月から来たのは分かったけど、正直敵なのか味方なのかハッキリしないから怪しい。
40代女性
女性と少女の写真を見つめながら「お前たちとの時間をなかったことにはさせない」とカゲロウが語っていた時から気になっていましたが、その写真立てをみんなには見せないように伏せたのは、それだけ思い入れの深い存在なんだろうことが想像出来ました。
20代女性
今から2020年前に月からの移民団・方舟隊の民が建国した国家こそニューヒムカ帝国で、3000年前全人類は月へと移住して、1000年後にまた地球へ戻って来たと、それは宗教的で架空のお話しなんだと思っていたら、ゲロウ自身が移民団の1人だったとはまさかの展開でした。
30代女性
トゲツの中に入りたくないと、カゲロウが1人で居た場所が謎でしたが、ユイト隊とカサネ隊を引き連れてやって来て、これが月から来た時に乗っていた宇宙船だよとサラッと告白し始めて、何で今?もっと早く伝えてよ!と突っ込まずにはいられませんでした。

TOPに戻る↑

第14話『二千年の想い』

カゲロウの口から、断絶の帯や怪異の正体、レッドストリングスが生み出された理由などが語られる。トゲツの企みを止めなくてはいけないと悟り、ユイトとカサネはようやく目的を同じくする。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
カゲロウの話は荒唐無稽なことながらも真実味があり聞き入ってしまうものの、話の内容が起こるのはもっと後の話というあべこべになってしまう思考を生み出す所が難解にさせてしまい、またカゲロウの話は長々しいぞと突っ込みを入れたくなる。
40代女性
コールドスリープがあったから、2000年も前から月からやってきたカゲロウも生きているんですね。
謎の情報装置を扱っているし、デザインチルドレンがいるし、獣粒子も押し付けることができたし、月の技術ってすごく発達しているんだな。
30代女性
彗星から怪異化する粒子が降り注いできたから、それを地球に押し付けるために断絶の帯を作り上げたっていうのは本当にRPGっぽくていいですね。
ただある意味ではトゲツの民も被害者みたいなものだから、歴史をリセットしたいのも分かる。
30代女性
クナドゲートの拡大がこのまま続ければ、近い将来地球を飲み込んでしまうと、地球の滅亡は避けられないけれど、トゲツの教えを信じていれば必ず救われますと、宗教的に説いて聞かせていたけれど、結局はレッドストリングをつかさどる脳を2つ同時に、トゲツが絶対手に入れたいってことだろうなと、客観的に聞いていてもその必死さは伝わって来ました。
30代女性
ユイトを使ってでもスメラギ家の悲願は私が叶えますと、兄・カイトが祈っていたことから遡って、ここまでを振り返ってみると、父親・ジョウはユイトを救おうとして殺されたんだよなと、そう考えると父親の行動を阻止する為に、カレンとセイラン側に暗殺されたと思わせて、実はカイトが暗殺するように命じたのでは?との疑念が湧き出して来ました。

TOPに戻る↑

第15話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
スメラギ議長を殺したのは私ではないと改めて伝えて来たカサネに対して、そんな嘘が付ける人間じゃないことを戦っている間に思い出したよと、2人の間の溝はなくなったけれど、そうなるとやっぱりカイトの動きが不穏で、なかったことにしようとしているのでは?と思えてしまいました。
40代女性
方舟で宇宙船なんだよねと今ようやく告白したカゲロウ。いやいや、何でもっと早く言ってくれないの!と突っ込みながらも、クナドゲートとこの場所を監視しているカイトの姿を見たら、簡単に流せなかったんだろうことは納得出来ました。
30代女性
月に帰ることを諦めなかった者たちがトゲツを作り、カゲロウがコールドスリープを繰り返している間に、そのトゲツが様変わりしてしまっていたとは何とも切ない展開で、誤った歴史を正す為だと言っていたのは、月へ帰ることを諦められない者たちの叫びだったのかと、正しい歴史として伝承されて来たなら、自分たちが間違いだとは気付く訳はないよなとある意味納得しました。
30代女性
ユイトがベイブから得た情報とカゲロウの話しが正しいのだとすれば、トゲツこそが月からの移民団によって作られたニューヒムカ帝国であるはずで、では何故、今あるニューヒムカをスメラギ家の祖先が建国したことになっているのか。カイトはその歴史を信じ守ろうとしているのかもしれないと思えて来ました。
30代女性
最初は、お前を英雄に仕立て上げると言っていたのに、今度は反逆者としてユイトを指名手配していたカイトの思惑がいまいちまだ読めなくて、ユイトたちの先祖であるヤクモも移民団だったのに、何故急にユイトを敵対視し始めたんだ?とさらに読めなくなりました。

TOPに戻る↑

第16話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
ナギは元々がユイトの家柄とか関係なく付き合ってくれる唯一の親友っていうポジションだったから、操られてからは毎回登場するたびに悲しくなってしまいました。
ナオミとナギこの2人がこの世界の犠牲者なのは言うまでもないけど、やっぱりナギだってヒーローとして活躍したかったよね。
40代女性
装置に繋がれていたナギがいた場所は、旧怪伐軍病院とは違っていたように思えたし、静脈注射用の溶液を直接脳へと点滴していたのも、人格矯正としていじられてしまった脳を、元のナギの脳へと戻す治療なんじゃないのかと、そうであって欲しいと信じたいです。
30代女性
兄であるカイトなら、ユイトが生まれ持ったベルペッパーたと知っているはずなのに、何故ユイトが無くしたベルペッパー時代の記憶を思い出させようとはせずに。寧ろ、後天的能力者の投薬治療を承諾しているのだろうか。それが、スメラギ家の悲願を叶える為に必要なことなのか?と、カイトが何を一1番に守ろうとしているのかが知りたくて仕方がありません。
30代女性
ユイトとカイトというイケメン対峙は端から見ているとゾクゾクさせられる展開ながら、本当は家族という深い繋がりの兄弟同士の対峙あってはならず、赤の他人のいさかいの感情よりも根深い傷を残してしまうのは悲しくてならない。
30代女性
スオウ全域に非常事態宣言が発動され、アラートの音が鳴り響いているだけだったけれど、それは嵐の前の静けさだったのだろう、救う為の処置だったと考えたかったナギが現れて、偉大なるニューヒムカに逆らうゴミ虫どもとユイトたちに敵意むき出しで、こんな再会にはなって欲しくなかったのにと、ただただ虚しさでいっぱいになりました。

TOPに戻る↑

第17話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
いきなり現れたと思ったら、また失敗したと笑い始めたカレン連隊長。何度でもやり直すだけだと言いながら、ユイトの名前を呟いていたのは、やっぱりカサネとユイトのレッドストリングスを再度コピーする為だったんだなと、でもこれは何度目のやり直しなんだろう?と50年後のユイトは何度目のユイトだったのかと、ますます正解が判らなくなって来ました。
40代女性
ユイトたちの目的だった、スメラギ本部長の発言をアラハバキを通して全国民に知らしめることは成功したけれど、失ったアリスのことをまた初めから取り戻す為には、アラハバキにユイトを来させることが目的だったのではと、カレンだけではなくてフブキも同じ目的で動いているのでは?との疑念が再燃しました。
30代女性
また初めからって、カレンは何回アリスを救うためにやり直しているんだろうね。ユイトとカサネ編の話も面白いは面白いけれども、
カレンがアリスを救うためにどんなことをして、何度もやり直している話も見てみたいです。
30代女性
厳つい顔付きと頑丈そうな体つきというカレンの雰囲気はまさにカリスマの塊に思えてしまい、更に圧倒的すぎる強さのスゴさには見惚れてしまい、カレンだけを見ていると彼こそが本当の主人公ではないかと感じ惚れ惚れしてしまう。
30代女性
カサネの能力を奪いユイトの前に現れたカレン。彼の目的のためにユイトとその仲間は窮地に陥りました。カレンの実力は何度も見せつけられてきましたが、ここまで差があると止めようがないです。カレンの介入でユイトの記憶が壊れていこうとしているのをカサネ達も加わり何とか食い止めました。様々な問題が同時進行する中でユイト達はどう乗り切っていくのでしょう。

TOPに戻る↑

第18話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新

『SCARLET NEXUS』期待の声

寝ても覚めても気がつけば榎木淳弥さんのことばかり考えているくらい大好きな自分としては、何を置いても榎木淳弥さんの志向のイケメンボイスに凄まじい期待を寄せています。是非とも、榎木淳弥さんの声でより多くの人をときめかせて沼に落として抜け出せなくしてほしいなと心より願っています。また、言葉を失うほどに美しいキャラクターデザインや目が離せなくなるほどの圧倒的なクオリティーを誇る作画が最後の最後まで維持できることを期待しています。(30代女性)

科学技術が発展した世界で人間の脳は脳力という力を持っている世界で人間の敵である怪異と戦うという設定が面白そうです。怪異とう人間の脳力が大好物な化け物が登場しますが見た目も動きも気持ち悪いので実際にはどんな生物なのか、種類はあるのか気になります。怪異を討伐する為の軍に入隊した新人のユイトの活躍が楽しみだし、仲間たちとの交流やそれぞれに持っている超能力も様々で何が出来るのか楽しみです。超能力を使った戦闘シーンも期待していますが、脳力の貸し借りが出来るのは凄いです、七剣星と呼ばれる特に優れた者がいるのもどんな人達か気になります。ヒロインのカサネが不思議な夢で告げられる言葉や怪異の正体と世界の秘密など謎が沢山あってミステリアスなのはゾクゾクします。戦闘シーンも楽しみだけど謎を解いていく過程も楽しみなのでゾクゾクさせてくれる事を期待しています。(20代女性)