ポケットモンスター

Contents

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
見放題
31日間無料!

※このページは2020年1月現在のものです。

放送 2019年秋〜
話数  (放送中)
制作 OLM Team Kato
声優 サトシ:松本梨香/ゴウ:山下大輝/ピカチュウ:大谷育江/サクラギ博士:中村悠一/コハル:花澤香菜/オーキド博士:堀内賢雄/ムサシ:林原めぐみ/コジロウ:三木眞一郎/ニャース:犬山イヌコ/ソーナンス:うえだゆうじ

ストーリー

ポケットモンスター、縮めてポケモン。この星の不思議な不思議な生き物。空に、海に、森に、街に、世界中の至る所でその姿を見ることができる。これは、ポケモンバトルで最強を目指す少年“サトシ”と、すべてのポケモンをゲットするという夢をもつ少年“ゴウ”の物語である。サトシのパートナー“ピカチュウ”、ゴウのパートナー“ラビフット”をはじめとするたくさんのポケモンたちとともに、今、無限に広がるポケモン世界への冒険がはじまる。さぁ…夢と冒険と!ポケットモンスターの世界へ!レッツゴー!

みどころ!

近日更新!

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

×
未配信

31日間無料!
dアニメストア ×
未配信
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
30日間無料!
×
未配信
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画での完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

TOPに戻る↑

第1話『ピカチュウ誕生!』

カントー地方にあるどこかの森に、ひとりぼっちのピチューがいた。まだ幼いそのピチューは、ある出会いと別れを経験する。サトシと相棒のピカチュウが旅に出る、その少し前。アニメ「ポケットモンスター」すべてのはじまりの物語。

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第2話『サトシとゴウ、ルギアでゴー!』

オーキド博士とともに、カントー地方のクチバシティに新しくオープンしたサクラギ研究所に向かうサトシとピカチュウ。その研究所で、クチバの港に伝説のポケモンが現れるとの情報を耳にする。バトルをするため、港へ走るサトシたち。同じ頃、クチバシティ出身の少年・ゴウも伝説のポケモンの正体を確信し、港へ向かっていた…!

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第3話『フシギソウってフシギだね?』

カントー地方のクチバシティにあるサクラギ研究所のリサーチフェロー(特別研究員)となったサトシとゴウ。最初の仕事は、街で謎の大行進をしているフシギソウについて調査すること。早速、街に出てみると、フシギソウたちはとある場所に向かっていた。サトシとゴウがフシギダネ、フシギソウ、フシギバナの秘密に迫る!!

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第4話『行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!』

ガラル地方でポケモンが巨大化する現象があると聞いたサトシとゴウ。この不思議な現象を調査するため、二人はすぐさま、ガラル地方へ出発した。たどり着いたガラル地方・シュートシティの美しい街並みと名物のスコーンに夢中になる二人だったが、街でいたずらをする見慣れないポケモンたちと出会って…!?

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第5話『カビゴン巨大化!?ダイマックスの謎!!』

ポケモンの巨大化現象を調査するため、ガラル地方へと来ているサトシとゴウ。のどかな草原が続くワイルドエリアで、ひときわ大きなカビゴンと出会う。一方、シュートシティで出会ったポケモン・ヒバニーも、ゴウを追ってワイルドエリアへやって来ていた…。

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第6話『ポケモン大量ゲットだぜ!ミュウへの道!!』

初めてのポケモン、ヒバニーをゲットしたゴウ。ポケモンゲットに目覚めたゴウは、さらなるゲットを目指し、サトシたちとクチバの森に向かう。はじめは苦戦したものの、キャタピーのゲットを皮切りに、次々とクチバの森のむしポケモンをゲットしていくゴウ。カントー地方のむしポケモンを全種類ゲット出来るのか!?

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第7話『激闘のホウエン地方!挑戦バトルフロンティア!!』

ホウエン地方で行われるバトル大会『バトルフロンティア・ビードロカップ』にエントリーしたサトシとゴウ。ポケモンバトル初挑戦のゴウの対戦相手はフエンタウンのホウジ。グラエナを繰り出してきたホウジに対し、ゴウは、タイプの相性が良いストライクで勝負を挑む!一方、連戦連勝の快進撃を見せるサトシ!大一番で繰り出したのは、まさかのあのポケモン!?

ANIME TV GOGO ANIME

TOPに戻る↑

第8話『負けるなポッチャマ!シンオウ地方の流氷レース!!』

クチバシティの港で、げっそりとやつれたポッチャマに出会ったサトシとゴウ。研究所に連れ帰ると、ポッチャマのトレーナーのミサキから、行方を探しているという連絡を受ける。なんとポッチャマはシンオウ地方から泳いできたのだと言う。ポッチャマをミサキの元に返すため、サトシとゴウは、シンオウ地方へ向かう!

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
40代男性
クラゲをゲットしたと思ったら、ポッチャマが飛んできたぞ。こいつちっちゃいのにたくさん食べやがるな、と思ったら泳ぎだしぞ。落ち着きがない奴だな。飼い主が見つかったのに、なんだか浮かないポッチャマだ。なんかあるな。あー、飼い主の新入りポケモンに嫉妬したんだな。かわいい奴だ、子供と同じだな。流氷レースで雌雄を決する2ポケモンです。3バカトリオは毎度出てくるね。最後は、2ポケモンは飼い主を助けて仲良くなったぞ、めでたし。
40代女性
“ポッチャマが可愛い。プライド高くて人間と同じように嫉妬とライバル心がサトシとゴウに会うキッカケになったけど最後はグレッグルとポッチャマが仲良くなって良かった。泳ぎまくって?細すぎるポッチャマの姿は面白かった。洗面台で泳ぎまくったり、凄い勢いで食べる姿は身体小さいのによく入るなと思った。相変わらずのロケット団は飽きない。コジロウのイケメンさも好き。メノクラゲはたくさんで少し気持ち悪かった。ポッチャマとグレッグルのトレーナーのミサキが何度も眼鏡を落とし、それがミサキとポッチャマとグレッグルが出会うきっかけとなったのも面白い。最後はまたミサキの眼鏡を別のポケモンが拾うというオチがよかった。”
20代男性
グレッグルとポッチャマの嫉妬から来る競争心が可愛らしくてよかった。泳ぐ手段のないピカチュウを水泳レースに出すサトシが面白かった。そして、久しぶりにロケット団を見た気がする。相変わらずでしたが、コイキング型の潜水艦にどことなく懐かしさを感じました。
20代女性
“とにかくポッチャマがひたすらに可愛い回でした!自分はダイパ世代なので、ゲームの御三家で選んだポッチャマをアニメで久しぶりに見ることができ、とても嬉しかったです。グレッグルが褒められることに嫉妬して逃げてくるところや、反応がたまりませんでした!最後は仲良くなるところも子ども達が見るアニメとして、とても良かったと思います。”

TOPに戻る↑

第9話『あの日の誓い!ジョウト地方のホウオウ伝説!!』

ジョウト地方のエンジュシティで伝説のポケモン・ホウオウの目撃情報が報告された。サトシとゴウがエンジュシティへ向かうと、早速ホウオウらしきポケモンを発見!しかし、それは少年クリオが仕立てた偽物のホウオウだった。クリオは祖父のジエイにどうしてもホウオウ見せてあげたいのだと言う。果たして本物のホウオウは現れるのか…!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
40代女性
ホウオウを探しつづけながら、いつしか、ホウオウはいないと諦めてしまったおじいさん。おじいさんにホウオウを見せてあげようと、オニドリルとヒノアラシをホウオウに変装させる孫息子の優しさに引かれました。しかし、それは本物ではない、諦めず、本物を呼び出そうと動き出すサトシ達。諦めかけた頃、お爺さんだけにホウオウが姿を現した。すごく感動でしたね。サトシもゴウも、孫息子君もいつか、本当にホウオウと出会える日が来ると思います。
30代男性
サトシとピカチュウが旅立って互いをパートナーをと認めあって最初に見たポケモンのホウホウを巡っての物語が展開しました。ゲームでもでてきたスズの塔を登るシーンを見ると懐かしい思いになりました。夢のある話で最後は爽やかに終わってよかったです。
30代男性
伝説のポケモン「ホウオウ」の存在を信じる少年クリオとおじいちゃんの為に、サトシとゴウがホウオウ探しに協力するという、心温まる話でした。最初はホウオウに出会えるのを諦めかけていたおじいちゃんが、最後にはホウオウに出会えたシーンは感動しました。
40代男性
1月19日の「ポケットモンスター」で幻のポケモンといわれているホウオウを探しに行っていましたが、そんなに簡単に見つかれば幻ではないと突っ込みたくなりました。お爺さんが過酷な道中を着いていくのもアニメならではの展開だと思いました。結局、ホウオウが出てくるというのもできすぎです。

TOPに戻る↑

第10話『カイリューの楽園、ハクリューの試練!』

サクラギ博士から「カイリューたちが暮らす島があるらしい」という噂を聞いたサトシとゴウは、その島を探しに出かけることに。道中でゴウが捕まえたジュゴンに乗り、海に出たものの、突然の嵐に遭い、波にさらわれてしまった二人を救う影。とある島の海岸で目を覚ましたサトシたちの前に現れたのは、たくさんのカイリューたちだった!

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
空を飛ぶことが出来なかったハクリューに対し、サトシが体を張って飛び方を教えているシーンが印象に残りました。そんなサトシに恩返しするべく、ハクリューがピンチのサトシを助けたり、カイリューに進化、最後にはサトシのポケモンとなったりと、見どころたっぷりでした。
40代男性
ミニリューがハクリューに進化するのは分かるけど、ハクリューがカイリューに進化するのは何故か分かりません。サトシが言っていましたが、みんな同じようなことを思うと思いました。それにしても、カイリューになると凄みがスゴイです。あんな可愛らしいハクリューを何であそこまで変えたのか、作者に聞きたいです。
30代女性
金銀くらいまではゲームもしていたので、ミニリュウ・ハクリュウ・カイリューの捕まえづらさ、
進化の大変さを思い出しました。アニメだと、より生物的に描かれていて、興味深かったです。このシリーズになってから全部見ているわけではないのでわからないのですが、ロケット団が出てきたのは初めてかもしれません。何十年経っても変わらないビジュアル、声、性格。敵役ながら、なんだか見ると一番安心する気がします。サトシの体力は相変わらず超人的ですね。しかしそれも優しさから来ていることはわかっています。基本的にいい子なんですよね。前半で、「進化型としてはミロカロス型でもよいはずなのに」という話をしていたことの伏線回収は、見事でした。ポケモンゲットも順調で、これからも続く旅に期待です。”
30代男性
“カイリュウの島でカイリュウが飛ぶ前に準備運動していました。ハクリュウの中にも出来損ないがいるらしくサトシたちと一緒に特訓していました。結果的にサトシもカイリュウをゲット出来てよかったと思います。カイリュウの島を発表しなかったのはいい判断だと思いました。”
40代男性
カイリューがサトシの仲間になりましたが、ゴウが可愛そうです。ゴウにも強いポケモンをゲットさせてあげたいです。サトシの引き立て役になってる感じがしてしまうのは、気のせいでしょうか。

TOPに戻る↑

第11話『コハルとワンパチと、時々、ゲンガー』

サクラギ博士を父に持ちながら、ポケモンに対してクールなコハル。家にいるワンパチはコハルによくなついているものの、「ポケモン博士の娘だから、ポケモン好きで当然だろう」と決めつける周りの声が気になっていた。そんな中、サクラギ研究所に、みんなを困らせる謎のゲンガーが現れて…。

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
40代男性
コハルちゃんモテモテやな。かわいくて清楚だからな。シャドウポケモン、何か悪そうなキャラだな。サトシがもっているポケモンの種類を教えてくれる機械、あれ欲しいな。コハルちゃんは将来の夢について悩んでいるんだな。コハルちゃんのママのセリフ「何かを自分で決める瞬間」重い言葉だなあ。自分を振り返ってもしみじみとそう思うよ。コハルちゃんとワンパチの友情は堅いんだな。今回は、ずっこけ3人組が出なかったな。ちょっと残念。
30代男性
おなじ毛虫のポケモンでも二通りの繭ポケモンに進化するということが分かりました。ゴウがそのために三匹も捕まえていた事情がよく分かります。進化のパターンが複数あることでバリエーション豊富なポケモンの世界がよく分かりました。
30代女性
ワンパチの尻尾の振り方がちまちませわしなくてかわいい。と思ったら、サクラギ研究所にサトシとゴウのゲットしたポケモンが集められる庭が広大過ぎて凄いっていうのと、預けているのに勝手に進化しちゃうってどういうこと?!ありなの?って、びっくりした。
30代女性
「フランソワーズ」っていうからてっきり草ポケモンっぽいのが出てくるのかと思いきや、予想を反してコイルが出てきて「えぇ?!」と思ったけど、コイルにしては意外とかわいい。当然のように「ポケモン博士の娘だから~」と、親のレールの上に乗っているような物言いを子供がすると残酷だな‥と感じる。
40代男性
2月3日のアニメ「ポケットモンスター」(コハルとワンパチと、時々、ゲンガー)を見て、ワンパチが賢いのか馬鹿なのか、忠犬なのか分からなく面白かったです。主人を守る為にゲンガーに立ち向かう姿は、まさに忠犬でした。良いコンビになりそうで、これからが楽しみです。

TOPに戻る↑

第12話『ダイマックスバトル! 最強王者ダンデ!!』

サクラギ博士から、世界最強のポケモントレーナーを決める大会『ポケモンワールドチャンピオンシップス』決勝戦のチケットをもらったサトシとゴウ。この一戦を見届けるため、スタジアムのあるガラル地方に向かった!注目の決勝戦のカードはカントー地方の四天王杯を制したワタルと、ガラル地方で無敗記録を伸ばし続けるスーパースター・ダンデ。無敗の男・ダンデの実力とは!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
飛行機の中からでっかいポケモンが見えたのがとても驚きました。スタジアムがデカくてサトシが騒いでいるのが笑えてよかったです。たくさん人が試合を見に来ていたのが人気だなと思います。ダンデが無敵なのがすごいと思います。
20代男性
ニンテンドースイッチのポケットモンスターソード・シールドをプレイしていた自分にとって、ダンテは最後の壁といえる存在だったので声付きのアニメで動いている姿を見れるのは感慨深いものでした。自分にとってある意味ライバルよりもライバルらしいキャラなので印象深い回でした。
30代女性
ガラル地方上空での送電異常に限らず、どこでも空のポケモンはいるわけで、そう考えたら飛行機の移動とか恐ろしいことをしているんじゃないかと思った。そもそも、飛行機があるってこと自体がポケモンの世界で凄いことなんじゃないかと…
30代男性
“ダイマックスバトルという試合の決勝戦をサトシたちが観戦しに行っていました。最強の王者が出ていました。赤色のギャラドスとリザードンの戦いは大人の私でも少し興奮してしまいました。色違いのポケモンのかっこよさを感じました。”
30代女性
“ワタルが出てきた時点でムネアツです。ゲームの金銀は、数えきれないくらいプレイしましたから。しかも繰り出すポケモンが、色違いのギャラドス!色違いの概念がまだ新しかったころ、ゲットに苦労しました。対するダンデはCV小野大輔氏。品がありながらも熱い演技で新キャラを見事に確立されました。リザードンは最初期からのポケモンなので、これまた渋いチョイス。手に汗握るバトル展開。派手なエフェクトはドキドキしますね。ゲームの剣盾はプレイしていないので、ダイマックス・キョダイマックスは大迫力でした。水対火だったので、ワタルに有利かと思っていましたが、新登場のダンデが鮮やかに勝利を決め、今後の活躍への期待を膨らませる展開でした。ロケット団も出てきてくれて、よかったです(笑)”

TOPに戻る↑

第13話『サトシ対ダンデ!最強への道!!』

世界最強のトレーナーを決める大会『ポケモンワールドチャンピオンシップス』を観戦するためにガラル地方に来ているサトシとゴウ。ワタルとダンデによる決勝戦の興奮が冷めやらないスタジアムで、突如、カジリガメがダイマックスしてしまった!巨大なカジリガメに立ち向かうサトシとゴウ。そんな時、サトシのピカチュウを赤い光が包み込み…!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
ダイマックスで巨大化したピカチュウだけにハイパワーな電撃で圧倒すると思っていたら予想外に体の動きが遅く、手こずるような戦いぶりにヒヤヒヤさせられ、ピカチュウは今まで通りの大きさが一番戦いやすい上にカッコ良さもあると感じたためダイマックスはやめておいた方がいい気がする。
30代男性
カジリガメとサトシ達が戦っているのがとてもビックリしました。カジリガメからサトシ達が逃げているのがとても面白くてよかったです。ピカチュウがデカくなったのがすごいと思います。ピカチュウがカジリガメを倒したのがすごいと思います。
30代女性
“そもそもポケモンがモンスターボールの中に入るところから、質量保存の法則はない世界だということはわかっているつもりですが、キョダイマックスはそれをさらに大胆にした感じで、まだ慣れません。主人公のサトシもそうだったのでしょうが、ダンデのアドバイスが的確だったおかげで事なきを得ました。ダンデはもともと色気がにじみ出るようなキャラだと思っていましたが、ウインクの効果は「ばつぐんだ!」という感じでした。Aパートは短めでしたが、Bパート開始時のスコーンのシーン。ピカチュウたちも食べていましたが、ポケモンフーズではないものも食べてよかったんでしたっけ。基本的にダンデは人間的にとてもできている人のように思えます。年齢的にはいくつなんでしょうね。「少年の夢をかなえる」なんて発言、そうそう出てくるものではありません。体格差もガッツでなんのその、のバトルから、キョダイマックスしてのバトルへ。ピカチュウは例外として、普段モンスターボールに入っているポケモンはいったんボールに戻してからまた出すんですね。その際、モンスターボールも大きくなっていてちょっと驚きました。今回は当然といえば当然ですが、ダンデの勝利。サトシの今後の成長と、いずれあるであろう再戦に期待します。ロケット団が出てくることによるこの安心感は何なんでしょうね(笑)今後も頑張ってほしいものです。”
30代女性
冒頭に突然キョダイマックスした、なんとかガメ(?)の首が伸び縮みして、しかも壁突き破っているのをみたら、ただでさえモンスターというだけあるし攻撃力的に危険なのに、キョダイマックスしていろんな意味で破壊力倍増したポケモンなんて危険すぎる。
30代女性
キョダイマックスしたポケモンに対して通常サイズのポケモンで挑んでるのをみると、無謀だなと。いきなりピカチュウも巨大化してどうなってるんだろうと。巨大化で電光石火出来てないし、アイアンテールなのに自分の手で尻尾持って叩きつけてるのは「?!」ってなった。

TOPに戻る↑

第14話『初イッシュ地方!遺跡でレイドバトル!!』

イッシュ地方リゾートデザートで発見された「巨神の遺跡」。その謎を解き明かすため、サトシとゴウは調査に乗り出した!砂漠を越え、なんとかたどり着いた遺跡。その中で待ち受けていたのはトラップの数々!これは「巨神に近づくな」というメッセージなのか!?果たして2人は、無事に遺跡の謎を解き明かすことが出来るのか!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
イッシュ地方で始まるあらたな冒険が楽しみになりました。これまでのポケモンのイメージにない広大な砂漠が舞台となったのが意外でした。ジェットスキーのようにポケモンに引いてもらって砂漠を滑るアトラクションは夢のある演出でした。
30代男性
ピカチューが砂漠が熱くて跳ね上がっていたのがとても面白くてよかったです。サトシが砂漠までノープランできたのが笑えてよかったです。スピアがサトシ達を攻撃したのが面白くてよかったです。カイリューがとても早くてビックリしました。
30代男性
いろんなポケモンがたくさんいてとてもビックリしました。遺跡に罠がたくさん仕掛けられていてとても面白くてよかったです。ゴウがポケモンを捕まえていたのがとてもすごいと思います。青いコダックとかとても珍しいと思います。
40代男性
、さとしたちが遺跡のダンジョンで探検していてのが面白かったです。古代人が作ったポケモンとレイドバトルしていたのですが、古代からポケモンのバトルのやり方は変わらないのかなと思いました。相変わらずピカチュウが可愛かったです。
40代男性
さとしたちがレイドバトルをしていましたが、久しぶりにさとしがカイリューを出したような気がします。遺跡のポケモンがかなり強かったので、意外でした。みんなで協力して戦っていたのが良かったです。ちゃっかりゴウが巨人ポケモンをゲットしたのも面白かったです。

TOPに戻る↑

第15話『雪の日、カラカラのホネはどこ?』

サクラギ研究所のシステムトラブルで、久々に両親と祖母の待つ家に帰ることになったゴウ。久々に再会出来ると喜んだのもつかの間、両親は急な仕事で帰りが遅くなってしまうという。いつものことだからと諦め顔のゴウだが・・・。そして、家の近所の公園でマンキーに襲われているカラカラを見かけ、ヒバニーといっしょに助けに入ったものの、カラカラが大切にしているホネを持っていかれてしまった。ゴウとポケモンたちは協力してホネを探してあげることに!

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
初代ポケモンにも登場した懐かしのキャラクターのカラカラが登場したのが良かったです。前回が熱い砂漠を舞台にした回だったのに対し、今回はまったく逆の気候のう雪景色が展開したのが意外な店でした。母と父に豆に連絡するゴウの意外なところがわかりました。
30代男性
サトシが雪で寒がっていたのが笑えてよかったです。サトシがご飯の心配をしていたのがとても面白くてよかったです。ゴウが親に帰ると電話をしていたのがとてもビックリしました。ゴウの親がゴウのことをすごく心配していたのが笑えてよかったです。
30代女性
“急に雪の話だったので、この地方にも降るのかと純粋に驚きました。サトシもゴウも半袖の上に薄い上着だけなんて、見ているだけで凍えそうです。今考えると、カラカラの設定は無理がありますね。生まれてすぐに母親が死に、腐敗し白骨化しなければ母親の頭蓋骨を自分の頭にかぶることはできない。カラカラ本人の頭は、母親の頭蓋骨の大きさ以上に成長することはできない。ということになってしまいますから。持っている骨は誰のなのでしょうね。ゴウは案外都会っ子だということを初めて知りました。マンション居住で両親は共働き、アクティブな祖母。サトシの両親はちょっと影が薄いように思っていたので、新鮮でした。”
20代男性
数年ぶりに見たポケモンアニメ、エメラルド世代です。本当に進化をし続けた、ポケモン、未だに主人公がサトシなのが驚きです。そして初代のポケモンカラカラが、この世代でも活躍していて良かったです。こうやって世代は変わっていくんですね。
30代男性
“ポケモンアニメ久しぶりに見ました金銀までのゲームのポケモンは知っていますが最近の新しいポケモンは知りませんそんな私ですが、今日のポケモンを見ると初期のポケモンが多く描かれていたので懐かしく子供心を思い出す気持ちで拝見しましたポケモンアニメは、基本的にポケモンバトルが中心の話かと思っていましたが今日の話は日常に紛れ込むポケモンと人間の話でほのぼのした気持ちで見れました両親が共働きで家にいないでも子供が自分で考えて行動する話でありカラカラの骨を皆で探すシーンがなども含め子供の教育にも良い視点で描かれていると思いました”

TOPに戻る↑

第16話『呪われたサトシ…!』

最近、サクラギ研究所では物が壊れたり、部屋が荒らされたりと不思議な現象が起こっていた。その犯人は、なんと以前研究所に現れたゲンガー。サトシとゴウは今度こそとゲットに燃えていた。そんな中、階段から落ちそうになったり、間違えて花瓶の水を飲みそうになったり、サトシの様子が突然おかしくなってしまった!もしかして・・・ゲンガーの呪い、なのか・・・!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”

これまでに登場していながらもその実力が分からない謎の男だったツクヨの能力が発動した回でした。奈良一族のように影を操る技を使うのは意外でした。綺麗な満月で展開する忍者バトルが熱い回となっていました。記者の格好で火遁を使うサラダの姿が印象的でした。

ゲンガーがいきなり現れたのがとてもビックリしました。バリヤードがジェスチャーしていたのがとても面白くてよかったです。ゲンガーがいきなり襲ってきたのが笑えてよかったです。サトシがいわくつきに喜んでいたのが笑えてよかったです。

月影という敵がかなり不気味で怖かったです。影と戦うなんてちょっとおかしな感じでしたが自分に似た動きをしてくるなんて勝つ方法が難しそうです。やはりボルトたちの方が不利に見えてしまったので早く倒し方を編み出して欲しいです。

ゲンガー関係ってことだからか、冒頭のタイトルコール的な場面でもタイトルのフォントがお化け屋敷ちっくな感じになってて「お?」ってなった。そもそも、ゲンガーはなんでこんなにずっと家に憑いてるんだろうって思った。
50代女性
ゲンガーが物を壊したり脅かしたりしています。ゲンガーは置き去りにされて、寂しくてだんだん性格が悪くなったのです。ポケモンにも心があります。トレーナーは責任をもって育てないといけないのに、かわいそうでした。ゲンガーがサトシのポケモンになってよかったです。

TOPに戻る↑

第17話『ヒバニー、炎のキック!明日に向かって!!』

サクラギパークでバトルの練習をしているサトシとゴウ。そこへヒヒダルマがやってきて、ヒバニーに、ほのおタイプのわざを出してみろと挑発する。ヒバニーは『ひのこ』をくり出すが、うまくできず、ヒヒダルマに馬鹿にされてしまう。悔しくて何度も練習するヒバニー。一方『ひのこ』が出せなくても今できるわざでバトルすればいいと考えるゴウ。二人の想いはすれ違い、いつしかケンカになってしまう。

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
ヒバニーのゴウへの思いとゴウのヒバニーへの思いはお互いに思いやりがあったものの、すれ違う場面は心が痛み、やっと同じ方向へと歩み出せてヒバニーの可愛らしい姿から凛々しい姿のラビフットになれて良かったと思った瞬間に去るって悲しすぎるだろと思ってしまい、これは成長の証の反抗期という事かと季節的にも思ってしまった。
30代男性
ゴウとヒバニーがケンカになってしまったのがとてもビックリしました。ヒバニーが悔しがっていたのがとても面白くてよかったです。ヒバニーがとても可愛くてよかったです。サトシとピカチュウがとても仲良しだなと思います。
40代男性
“サトシとゴウはバトルのいつもの練習をしていたが、ヒバニーに炎の攻撃技を出してみろと言われて頑張るヒバニーがかわいい。その練習に付き合うサトシとピカチュウだが、ピカチュウの口の開け方がなんとも言えないぐらいだ。ゴウは無理をしなくてもと考えていたが、ヒバニーの意思とは違って気の毒だった”
30代女性
ヒバニーとヒヒダルマのほのおタイプによる喧嘩勃発?というのがちょっとおもしろかった。というか、ヒヒダルマの突然の対抗心にはなんで急に?と思ったけれど、それ以上にヒバニーが自信満々だったのに結局肩すかしみたいになって可愛かった。
30代女性
“金銀程度までしかやったことないですが、ゲームではポケモンのワザというのは、特定のレベルに達しないと覚えないものだったかと。ヒバニーが炎わざを使えないのは、単にレベルが低いのではと思ってしまいました。あとで進化した時の様子を見るに、それもあるようですね。コジロウの私服を久しぶりに見ました。公衆電話ボックスも、現実では見かけなくなって久しいですね。ゴウが「なんだこれ」と言っていたのもうなずけます。実際に今の子供が今回のアニメを見ても、ちょっと意味が分からないのかもしれませんね。みんながサトシのような感覚的なバトルをする必要はないと思いますが、ゴウもバトルの奥深さの片鱗を味わったことと思います。ヒバニーの進化は思ったより早くて驚きました。ラビフットになって、波乱万丈の予感ですね。”

TOPに戻る↑

第18話『サトシ参戦!ポケモンワールドチャンピオンシップス!!』

ダンデとのバトルを目指して『ポケモンワールドチャンピオンシップス』への挑戦を決めたサトシ。記念すべき初戦の相手はクチバジムのジムリーダー・マチスから留守を預かる、でんきタイプの使い手ジムリーダー代理のビスケス。2対2のポケモンバトル。まずはビスケスのライチュウVSサトシのピカチュウ。果たして勝負の行方は!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
40代男性
“毎週可愛いモンスターが出るので楽しいです。ピカチュウとサトシのコンビは昔から変わらず最強仲良しで、動物と話ができたり一緒にいられる感じが羨ましいです。クチバシティのジムリーダー代理のビスケスはとても強く、ライチュウとも息ピッタリでした。ピカチュウとピカチュウの進化系のライチュウとのバトルはとてもかっこ良かったです。ピカチュウが疲れたら無理をさせずに交代、お礼や頭を撫でてあげたり、コンビとして最強なのはそういうところが大切なんだなーと思います。個人的にはラビフットがすきです。”
30代男性
冒頭からカモネギとコダックを見ることができて嬉しかったです。やっぱり初代のポケモンに愛着があるので、見れて良かったです。コダックはポケモンの中でかなり好きなポケモンです。ただのポケットモンスターになってからすごく初代のポケモンが出てきますね。
50代女性
いよいよ、サトシはポケモンワールドチャンピオンシックスに挑戦します。ビスケスと初めてのバトルをしました。久しぶりに良いバトルが見られました。ライチュウとピカチュウは同じ電気タイプで良いバトルでした。ゲンガーは仲間になったばかりで、心配でしたが、強かったです。マルマインがとても強かったけれど、ピカチュウがさらに強く、勝ちました。サトシはすごいです。
30代女性
いつのまにか研究所内で散々悪質なイタズラをしてあたゲンガーがサトシの仲間?になっているような感じで、びっくりした。サトシのどこの土地でもポケモンに好かれるという。ある意味無敵のスキルは正直羨ましいなと思ってしまう。
20代男性
ジムリーダービスケスとの戦いでした。本作最初のジムリーダーということで、期待が高まりつつも、ゲンガー、ライチュウと進化後ポケモンが出てきて驚きました。技もレベルが高かったです。しかしピカチュウがやっぱり強かったです。年記が違うなと感じました。

TOPに戻る↑

第19話『ワタシはメタモン!』

女優・ムサシを売り込むため、映画の撮影所にやってきたロケット団。そこにはうまく変身出来ず監督に怒られスランプに陥っているメタモンがいた。撮影所から逃げ出したメタモンはいつの間にかムサシのバックに紛れ込み、ロケット団のアジトへ。女優としてメタモンを鍛えなおすと宣言するムサシ。その頃、サトシとゴウはいなくなったメタモンを探していた!

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
監督にメタモンがすごく怒られていたのがとても可哀想でした。メタモンが逃げ出していたのが笑えてよかったです。メタモンがロケット団についていったのがビックリしました。メタモンが完璧に変身できなかったのが笑えてよかったです。
40代男性
今回は、変身できるメタモンが中心で、すぐに変身解除されたことで監督に怒られてロケット団と遭遇するも、ムサシがメタモンを一生懸命に鍛える場面が良かったです。最終的に、ムサシはわざとサトシのピカチュウに10万ボルトを喰らうシーンもあり、メタモンが無事に映画の撮影を成功させるなど、メタモンの女優魂に磨きがかかって面白かったです。
50代女性
今日はメタモンが主役でした。家出をしたメタモンは、ロケット団に利用されますが、変身がうまくいかないメタモンがかわいそうで、かわいかったです。ロケット団がメタモンが上手く変身できるように頑張るのも楽しかったです。本当は人情にあついロケット団が活躍した回でした。
20代男性
メタモンがひたすら可愛い回でした。へんしんしか使えないことで有名なメタモンですが、アニメでへんしんすると目が必ず点になり、全く本物に見えないというのが面白かったです。後は挙動や動きがちびちびしていて可愛らしかったです。
30代女性
“メタモン回でした。初代から出てくるので、懐かしい感じがしました。メタモンに性別の感覚はなかったのですが、今回の個体はメスのようですね。変身するときの質量保存的な法則はどうなっているのでしょう。緊張でうまくいかないというのは現実にもよくあることで、リアリティがありました。ラビフットはなんだかんだでゴウと一緒にいるし、命令も聞くのですね。ロケット団、本当にいいキャラ過ぎて泣きそうです。ムサシが行動力ありで、コジロウも納得できれば同意して協力してくれる。最高のパーティですね。”

TOPに戻る↑

第20話『夢へ向かってゴー!サトシとゴウ!!』

サクラギ研究所で開催される『ポケモンオリエンテーリング』でリーダー役をつとめることになったサトシとゴウ。参加者の子どもたちと一緒に、ポケモンバトルや、ポケモンゲットの楽しさに触れた二人は、改めてそれぞれの見果てぬ『夢』を再確認する。そこにまさかのルギアが現れて・・・!?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
ゴウとサトシがすぐに起きなかったのがとても面白くてよかったです。サトシ達が子供達を案内していたのがとてもビックリしました。すぐにたくさんのポケモンが現れたのが笑えてよかったです。サトシ達がポケモンの後をつけていたのが笑えてよかったです。
20代男性
メガニウム相手にピカチュウで対抗する感じが良かったです。メガニウムというと第3進化系で、ピカチュウとは種族値で一線をがする強さの筈です。そんなメガニウムを直接対決で倒すところ、さすがピカさまです。最後はお決まりのロケット団瞬殺で笑いました。
20代女性
ピカチュウとメガニウムの戦闘は迫力ありましたね。メガニウムのソーラービームをまともに食らっても倒れないなんてピカチュウのタフさも素晴らしかったです。ロケット団も相変わらず作戦に穴がありすぎて間抜けで笑えました。まさかの本物のルギア登場には驚きましたが相変わらずカッコ良かったです。
30代男性
ポケモン同士のバトルがいきなり始まったのがビックリしました。サトシがバトルに夢中になっていたのが面白くてよかったです。ゴウがポケモンをゲットしまくっていたのが笑えてよかったです。サトシがバトルを申し込まれたのが驚きました。
40代男性
“サトシとゴウの2人はサクラギ研究所でおこなわれるポケモンオリエンテーリングのリーダーになる事になった。サトシの目覚ましはかなりうるさいので、起きられそうに思う。サトシとゴウは参加者と一緒にポケモンバトルをするぴかちゅうも楽しそうに見えた。。”

TOPに戻る↑

第21話『とどけ波導!サトシと不思議なタマゴ!!』

まだまだ謎が多いと言われるポケモンのタマゴ。サトシとゴウは、実際にタマゴを見るために探しに行くが、そう簡単には見つからない。そんな中、立ち寄ったポケモンセンターで、長い間かえらない不思議なタマゴと出会う。ジョーイさんからタマゴを預かり、お世話することになったサトシ。タマゴは無事にかえるのか?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
30代男性
ポケモンのタマゴが謎だらけだったのがとてもビックリしました。ポケモンがタマゴを産むところを誰も見たことがないのがすごいと思います。ゴウがタマタマをゲットしていたのが笑えてよかったです。サトシがバトルをしていたのがとても面白くてよかったです。
40代女性
“サトシはゴウがポケモンの卵を見たことがないという事で、ゴウと一緒にポケモンの卵を捜しに行く事になった。卵を捜しに行くのはいいが、もし見つかるなら一大事になっていたように思う。ポケモンセンターでおかしな卵を見る事になった。そしてこの卵をサトシが預かる事になった。”
40代男性
“ゴウはポケモンの卵を一度も見た事がないという。サトシは見た事があるらしい。この時のサトシのドヤ顔がおかしかった・ゴウとサトシは卵を探しにいくのだが、その時にバトルをする事になったが、誰かに呼ばれたような気がしたという。”
50代女性
サトシはポケモンセンターで不思議なタマゴに出会います。全然生まれないそうです。サトシは預かり、みんなと楽しそうに過ごしていると、ついに生まれました。リオルでした。頑固なようですがゲットできました。良かったです。
20代男性
今回のテーマはタマゴでした。最近は緩和されたようですが、自分の世代のポケモンのタマゴとはそれはもうトラウマでした。厳選の際に無理やり歩数稼ぎをしに、適場所を見つけて走り続けたりと、今回のアニメでも、そんな背景後見えて感慨深かったです。

TOPに戻る↑

第22話『さよなら、ラビフット!』

ホウエン地方のミシロタウンに、1年の中でも限られた期間にしか見られないという『アゲハントの渡り』を調査しにやって来たサトシとゴウ。調査の途中、ゴウはケムッソをゲットしようとラビフットに声をかけるが、ラビフットは無関心。そんなラビフットにショックを受けるゴウ。その晩、宿泊先のポケモンセンターを抜け出すラビフット。一体どこへ…?

ANIME TV GOGO ANIME

“感想コメントはここをクリック☆”
40代男性
“ミシロタウンに来たサトシとゴウ。目的はアゲハントの群れを調査しにきたのだった。しかしラビフットがゴウに対してそっけない態度を取る。ゴウはかなりのショックを受けたようだが、原因がわからずにここまで来てしまった。ラビフットも普通にベッドで寝ていて、ゴウが話しかけても無視するとかゴウが気の毒だった。”
40代女性
“サトシとゴウはアゲハントの調査の為にミシロタウンにやってきた。しかし、ゴウとラビフットの様子がおかしい。ラビフットはゴウの話をあまり聞いていないように感じた。この態度にゴウが怒りだした場面もあるけど、意味がわからない、状況がわからなければ仕方ないと思う。”
50代女性
サトシとゴウは、ホウエン地方に来ました。が、ラビフットは反抗期のようでした。アゲハントがたくさん飛んでいくのが迫力がありました。ダンスバトルは楽しそうだったので、ゴウはラビフットと別れることにしますが、ラビフットはお見通しです。りんごを黙って差し出すのが良かったです。ますます仲良くなって良かったです。
40代女性
“ゴウが感情をなかなか見せないラビフットに、自分への思いがないのかと不安になってしまうところは、かわいそうだなと感じました。ラビフットが夜にベッドから抜け出して、その土地のポケモンたちと仲良くダンスしている姿を見たゴウが、ラビフットはこのままそこにいた方がいいのではないかと思うところも気持ちがよく分かりました。最後一緒の列車に乗ってくれて、ちょっと微笑んだラビフットがとてもかわいかったです。”
30代男性
ゴウはラビフットと話しているつもりいるようであったものの、ゴウが思う事と違う行動をしたラビフットを見た瞬間に進化前のヒバニーの可愛らしさが頭をよぎって、進化したラビフットを認めていない思考が意思の疎通を妨げていた気がして、確かにラビフットは店のオバチャンが言っていた通りに反抗期だったとは思うが、ゴウ自身の成長が足りていなかったという事に思えてしまい、最後もラビフットの元から黙って去ろうとした身勝手な行動が物語っていたなと感じた。

TOPに戻る↑

“感想コメントはここをクリック☆”

近日更新!

TOPに戻る↑