(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

古見さんは、コミュ症です。(第1期、第2期)

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
独占配信
31日間無料!

※このページは2022年3月現在のものです。

放送 第1期:2021年10月7日 – 12月23日
第2期:2022年4月 – 〈予定〉
話数 全12話
制作 オー・エル・エム
声優 古見硝子:古賀葵
只野仁人:梶原岳人
長名なじみ:村川梨衣
OP

ED


ストーリー

第1期のストーリー

“コミュ症”とは──人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。留意すべきは──苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは、“普通すぎる”クラスメイト・只野くん。人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか?伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにやでも時折、胸にチクリと突き刺さる?沈黙の美少女・古見さんのコミュ症コメディーです。

第2期のストーリー

“コミュ症”とは── 人付き合いを苦手とする症状。またはその症状を持つ人を指す。 留意すべきは── 苦手とするだけで、他人と係わりを持ちたくない、とは思っていないことだ。 桜舞う高校1年、極度のコミュ症である古見さんが出会ったのは、“普通すぎる”クラスメイト・只野くん。 人前で緊張してしまう古見さんの夢は、「友達を100人作る」こと。 古見さんの「1人目の友達」になった只野くんは、残り99人の友達づくりを手伝ってくれることになりました。 個性派ぞろいの高校で、古見さんの夢は叶うのでしょうか? 伝えたい、でも伝えられない…そわそわ、どきどき、思わずにやにや でも時折、胸にチクリと突き刺さる? コミュ症美少女コメディー、開幕です。

みどころ!

第1期のみどころ

主人公はコミュニケーションをとることに関して難がある女子高生ですが、他人とかかわりたくないとは思っていませんでした。したがって、心の中では友達をたくさん作りたいと思っていたのです。そんな主人公はある日、クラスの男子生徒と無事に友達になり、その後2人で一緒に友達を増やしていこうと奮闘していくのです。このアニメの主人公のような性格の人は現実にも多数いるはずで、そういう人からすれば共感しやすい人物像に見えてくるでしょう。アニメではありますが、フィクションとは思えないリアルな部分は大きなみどころと言えます。また、友達を作るうえで大きなハンデを抱えていると思われる主人公が、一体どのように他人と接していくのか?そこに注目点があります。

第2期のみどころ

「古見さんは、コミュ症です。 2期」のみどころは主人公の古見硝子が人とコミュニケーションを取るのが苦手なのですが、友達を100人作れるのか、またどんな友達を作るのかです。前回は硝子が通う伊旦高校の伊旦祭が終わって、カラオケに打ち上げに行くところまでやったので、2期は不登校になっている片居誠が教室に来るところからやると思います。また、前回は13人友達が出来たので、100人まであと87人です。それから、前回、オープニングの歌の「シンデレラ」とエンディングの歌の「ヒカレイノチ」が良かったので、今回もそのまま継続するのかも見どころです。また、片居誠の役をどの声優さんがやってくれるのかも期待しています。

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

×
未配信

31日間無料!
dアニメストア ×
未配信
31日間無料!
×
未配信
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『喋りたいんです。』

01 「喋りたいんです。」
私立伊旦高校。県内でも有名な進学校でありながら、試験方法は面接のみ!合格基準は…個性!そうここは、奇人!変人!はぐれ者!クセの強いものだけが集まる学校!!
それに気づいていない新入生只野くんの目標は、周りの空気を読み、波風の立たない高校生活を送ること。

登校初日、そんな只野くんが出会ったのは万人が振り返る美少女・古見さん。口数が少ない古見さん、実は「どうやって話しかけよう」「話しかけた後どうしよう」と、とても考えていて、人と喋ることができなくて、でも喋りたくて。そんな古見さんのコミュ症に気づいた只野くんは、古見さんの「友達を100人作りたい」という夢を知り、1人目の友達になることに…

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
確かドラマ版では、前の黒板で只野くんとやり取りをしていたと記憶しているのですが、本当は後ろの黒板だったのねと、そこがまた、勇気を振り絞って古見さんが気持ちを書き出した場所らしいなと、只野さんと書いていたところも、古見さんが慮れる人だからだよねと、ぷるぷる震える全身からも伝わって来ました。
40代男性
コミカル路線の内容かと見ていましたが、長い黒板での筆談のシーンに見入ってしまいました。ドタバタ要素もありますが、古見さんの成長ストーリーとしてどうなっていくのかが見どころとなるのでしょう。変わり者ばかりの学校で只野と古見さんがどうなっていくのか見守りたいです。
40代男性
古見さん、美人なのに、一切話せない。なんと、自己紹介は、黒板に名前を書いて終わった。話そうとしても声が出ず、おかしな行動に走ってしまうのか。ただの変な人だろ。クラスメイトもおかしな言動をする連中ばかりだ。毎日いても心が休まらない。こんなクラス行きたくねえ。アニメの展開、RPG形式で、古見さんのレベル上げを楽しむのがメインなのか。疲れる内容のアニメだ。
20代女性
今他局で実写ドラマ化しているけど、やっぱりアニメの方がコミカルで面白いですね。
古見さんが本当は喋りたいけど上手く喋れない葛藤とかが可愛く描かれているし、古見さんに対する周りのお祭り騒ぎがすごく面白い。
20代女性
自由気ままな猫さえ見惚れてしまうだなんて、一体どれほど魅惑的なフェロモンを解き放っているんだと、スタートから古見さんの半端ないオーラを実感。只野くんの席を狙う男子生徒たちが、コナンの犯人仕様で笑ってしまいました。

TOPに戻る↑

第2話 「幼馴染です。」ほか

02 「幼馴染です。」
古見さんの「友達100人作り」を手伝うことになった只野くんは、クラスの”イケてるグループ”の山井さんにまず声をかけ、見事玉砕。続いて、コミュ力モンスターであり幼馴染の長名なじみに話しかけるのだが、こちらも断られてしまう。「人気者の古見さんには自分の手助けが無くてもすぐ友達ができる」と話すなじみだったが、只野くんは…?

03 「殺し屋じゃないです。」
なじみと一緒に下校することになった古見さん。何とか古見さんと会話しようとするなじみだが、突然幼馴染のまぁくんとしーちゃんが現れ事態は急変。なじみに好意を抱いているまぁくんが強引になじみの腕をつかんだ時、古見さんは…!?

04 「はじめてのおつかいです。」
古見さんと友達になったなじみは、古見さんを昼食に誘う。一人でしゃべり続けるなじみだったが、頭がパンク気味の古見さんに只野くんは助け舟を出す。古見さんの「友達を100人作る」という目標を聞き、なじみはある課題を出すが…。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
古見さんの友達100人作ることに協力することにした只野でしたが、彼にも友達がいないのでなかなかうまくいきません。できれば避けたかった幼馴染の長名なじみに頼むことにします。なじみもかなりの変わり者で古見さんとは正反対の性質の持ち主。古見さんとも以前からの知り合いでしたが、友達になれなかったのがトラウマとなっていたようです。只野の仲介と古見さんの行動の結果何とか友達となることができました。なじみの力を借りればどんどん友達は出来そうですが、古見さんの性格ではなかなか難しそうです。気長にいくしかないのは只野も自覚したでしょう。只野自身ももっと頑張らないといけないですが。
40代男性
元々人気者の古見さんだから、声を掛ければ友達の100人なんて余裕だろうなと考えた只野くんだったけれど、逆に古見さんと仲がいいことで嫉妬されているとは。特にいつも笑顔で女子のリーダー的存在の山井さんの、裏の顔は闇深過ぎて怖すぎました。
40代男性
言葉として表現出来ない間のさんの心の中は、こんなに擬音語で溢れているんだなと、やっぱりアニメだからこその表現で判りやすくて、戸惑いながらも一生懸命伝えようとしていることが全身とその擬音語から伝わって来て、一層古見さんが愛おしくなりました。
20代女性
なじみって、友達が多いことよりも謎が多すぎる。親の転勤が多かったから、学校の全校生徒が幼馴染なの?
コミュ力が凄いからっていうのでは納得できない謎ですね。
けどなじみが只野くんの幼馴染だったおかげで、只野くんの黒歴史を知れてよかったです。
20代女性
只野は古見の友達づくりのために幼馴染のなじみに声をかけまいした。でも断られました。昔、無視されたそうです。古見は小さい時から友達が苦手だったのです。でも、一緒に帰ってくれました。果敢に挑戦するところがなじみの良いところです。今度こそ、友達になってほしいです。

TOPに戻る↑

第3話「あがり症です。」ほか

05 「あがり症です。」
とても緊張しいなあがり症の上理さんは、何故か古見さんに見つめられていた…!耐えられずトイレの個室という絶対領域(パーソナルスペース)に逃げ込むが、古見さんはトイレにまでついてくる!パニックになる上理さん。古見さんが見つめていた理由とは…?

06 「携帯電話です。」
古見さんがガラケーを手に入れた!状況を理解できない只野くんだったが、古見さんがいままで携帯電話を持っていなかったことを知る。友達の番号を聞きにいこうと誘う只野くんに、勇気を出して古見さんは一人でなじみや上理さんのもとへ向かう。でも本当は最初に番号を登録したかった人がいて…。

07 「委員会決めです。」
学級委員を決めるホームルーム。クラス全員が古見さんを学級委員長に推薦する中で、無理だと震える古見さん…。そんな古見さんを助けようとする只野くんを見て、「ボクに任せな」となじみが立ち上がる。そして言い放った!「古見さんは学級委員長なんかに収まる器じゃないだろー!!」。……ん?

08 「間違い電話です。」
携帯電話を買ってもらったことがまだうれしい古見さん。と言いつつ、まだ登録してある友達も少なく、携帯電話でやることもあまりない…。一人自宅で数々の着信音を鳴らしてみたり、携帯電話を開いたり閉じたり、電話帳を眺めてみたり…。電話帳に只野くんの名前をみつけ、電話をかけるふりをしてみた古見さん。すると、なんと発信音が聞こえてきて…。

09 「齋藤さんです。」
昼休み、教室のイケてるグループは盛り上がっていた。楽しそうにゲームをする皆を見て、やってみたいオーラが滲み出る古見さん。それに気がつく只野くんだが、”イケてるグループ”に混ざるのは至難の業…。そんな只野くんの迷いを見逃さないなじみは、いきなり2人に声をかける!? 古見さん、ゲームできるかな?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
古見さんの顔立ちは整っていて美しさが溢れている分だけに、表情の変化が無いことでクールな雰囲気が強いため冷たさがハンパない事になってしまい、古見さんの事情を知らないモノからするとトンデモナイほどに恐怖しか感じないのは当然だなと面白く感じる。
40代男性
上理さんは古見さんを神様かなんかだと思っているのかな。最終的に友達じゃなくて、犬になりたいとかあがり症以前にやばい奴だった(笑)
しかもそれ以降も、さらっと日常会話の中に靴を舐めるとか、痴態を写真に収めるとか言ってるし、面白すぎて笑いが止まらなかったです。
40代男性
古見さんは話しかけたい時に、ジッと見つめる癖があるから確かに怖いよね。なじみに絡んでいたヤンキーもビビっていたし。
だからあがりさんじゃなくてもビビると思うけれども、トイレの個室まで追いかけていく古見さんって、ガッツはあるんだよな。
20代女性
初めてケータイを手に入れたときは、たしかに一番最初に電話帳に登録する人お友達は誰にしたいかとか、お友達とかクラスの人と連絡先交換したいって考えるよね。
只野くんを一番に登録したがったり、電話を買った嬉しさから、只野くんに思わず電話してごまかす古見さんが可愛かったです。
20代女性
上理さん、睨まれているんじゃないんですよ!と教えたいけれど、古見さんの動く黒目とゴゴゴゴゴと押し寄せてくるような擬音語を感じたら、あがり症ならプレッシャーに感じちゃうよねと、だからこそ、判り合えたら良い友達になれそうなのになと思えちゃいます。

TOPに戻る↑

第04話「身体検査です。」ほか

10 「身体検査です。」
矢田野さんは、負けず嫌いです。クラスのマドンナであり、憧れであり、そして神である古見さんに勝つことが目標らしい。今回の勝負は身体測定。”ただの人”只野くんが高校生男子の平均値を次々と叩き出す中、古見さんの測定結果は…!そして、古見さんと(勝手に)競い合い、彼女が出した結果と勝敗とは…!?

11 「恋です。」
古見さんに小さな(?)恋をしている山井さんは、古見さんに近付くため、自分を紹介してもらうようなじみに頼む。昼食の約束を取り付け有頂天になる山井さんとは裏腹に、OKと言ったものの緊張で震える古見さん。一方、古見さんの感情が未だに読めないなじみは只野くんの通訳を求めるが、只野くんが、今日登校してきていない事に気がついて…?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
古見さん視力が凄く良いんだと思いました。矢田野まけるちゃんのサバンナに遭難したら脂肪があった方が良いとか足が短くても好きになってくれる人が居るなどポジディブな考え方は良いなと思いました。山井恋ちゃんは古見さんを神聖なものとして見たり古見さんの髪の毛を袋につめたのには笑ってしまいました。
40代女性
着々と視力検査が進んで行くけれど、古見さんの順番になったら後ろで祈るようにみんなが見守っていた姿は、とても共感してしまって、声を出せずに指で示して先生はビックっとしていたけれど、やったね!とつい私もガッツポーズをしてしまいました。
30代女性
クラスのマドンナ的な立場である矢田野だけに神レベルの美しさを誇っている古見さんをライバル視してしまうのは仕方がないが、古見さんの美しさを認めているのはクラスレベルではなく、学校内の全校生徒という部分を忘れてはならない。
40代女性
古見さんはどうしても目立つので、周囲から遠巻きに様々な思いを持たれています。しばらくは憧れで離れて見ていた山井さんがついに友達になろうと行動を起こします。しかし空回りしてしまい、只野を拉致するなどかなり乱暴なやり方で古見さんは怖がるばかりでした。とりあえずは友達になれましたが、他の友達のように仲良くなるかは難しい気がします。山井さんの一連の行動で只野と古見さんの絆が深くなったのが大きな収穫です。
30代女性
山井さんの古見さん好きがあそこまでだったとは、だから名前が病の山井さんなのか。
けど山井さんに限らず古見さんに憧れている他の生徒たちは、みんな只野くんが古見さんと仲良くしていることに嫉妬しているから、
いじめられないだけマシなのかな?

TOPに戻る↑

第05話「夏服です。」 ほか

12 「夏服です。」
6月1日。衣替えの初日、生徒たちは古見さんの夏服姿に見とれていた。山井さんをはじめ、周りの反応がいつもと違うことに気がついた古見さんは、不安な気持ちで教室に向かうが…。

13 「体力測定です。」
再登場、まけるちゃんの好敵手(とも)古見さんとの競争種目は体力測定。「人生は自分で変える事ができる。」それを証明するために、私は勝たなきゃいけないの。古見さんより秀でた部分が一つ欲しい――最後の種目50M走、そんな彼女が古見さんの走りを見て感じたものとは…!?

14 「ヤサイニンニクアブラマシマシカラメです。」
ラーメン屋さんに行くことが夢だった古見さんは友達と「らぁめん だろう」へ。ラーメン通の上理さんから着席までの鉄の掟を学び、ガンコ店主の前へ。そして上理さんは呪文を唱えた…「ヤサイニンニクアブラマシマシカラメ」と。

15 「血の契約です。」
体内の禁忌の力(ドラゴン・フォース)が反応し、コミリア姫(古見さん)に血の契約を求めたマルソート・レス・プリマベラ(中々さん)。身に覚えがあるくすぐったい違和感を抱く只野くんだが、古見さんは本気にしている様子。突然邪眼(ものもらい)が暴走して中々さんは去ってしまったが、只野くんは「血の契約」が友達になりたいということだったのではと古見さんに話す。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
古見さんが話下手なのはどうやらクラスメートには理解してもらえたようで、以前のような近寄りがたい存在ではなくなっていました。それにしてもこの学校は個性的な生徒ばかりですので、普通に話すだけでも大変です。それでも友達が増えてきたことで古見さんのささやかな夢がどんどん叶っていくことは喜ばしいのでしょうけれど。古見さんも随分積極的になっていますのでもっと学園生活をエンジョイできると良いですね。
40代女性
古見硝子のお母さんは、古見硝子と全然違うなと思いました。明るいなと思いました。部屋は、きれいだなという気がしました。長名なじみが、トイレに行くふりをして古見硝子たちのことをこっそり見ていたりしておもしろい子だなと思いました。
30代女性
矢田野さんは体力測定でも古見さんに全敗するも、そもそも古見さんは勝負を挑まれていたことすら気付いていなかったのになと、見えない何かと必死に戦って、勝手に完敗だわと笑顔で握手を求めて来た、矢田野さんに怯えた古見さんの対応の方に全力で共感しました。
40代女性
美し過ぎる高校生の古見さんにライバル心がスゴすぎるまけるさんも相当な魅力を放つ美人さんなのに、負けず嫌いが過ぎるために残念な人に思えてしまうのが悲しく、もう少し柔軟性が身に付いたならば古見さんに勝てる気がするのを伝えてあげたい。
30代女性
前回に引き続きまけるちゃんの再登場が面白かったです。
身体測定は謎の論理で引き分けに持ち込んでいたけど、今回は素直に負けを認めたのが意外でした。
ただその後の古見さんのコミュ症のせいで、お互いに良いライバル関係だって認めてくれたと勘違いしていたのが、本当に面白い。

TOPに戻る↑

第6話「ギャグです。」ほか

16 「ギャグです。」
只野くんが登校すると教室にはすでに古見さんがいた。只野くんと目が合うと突然震えだし、封筒を手渡してくる古見さん。只野くんが緊張しながら封筒を開けると、紙には「布団がフットンだ」と書いてあり…?

17 「買い物です。」
なじみの提案で服を買いに行くことになった古見さん。上理さんに加え、怖がる古見さんのために只野くんも同行することに。ショッピングセンターに偶然(?)居合わせた山井さんも合流し、古見さんのコーデ対決が始まる!古見さんの心を射止めたコーデはいかに!?

18 「美容院です。」
無事購入したワンピースを嬉しそうに見つめる古見さん。その勢いで美容院へ来たのだが、新人美容師新井さんの質問攻めに震えてしまう。もてなせていないと逆に不安になる新井さんだが、カリスマ美容師雁巣さんは古見さんの事をよく分かっていて…?

19 「モヤモヤです。」
夜、古見さんは眠れずにいた。今日の山井さん、なじみ、上理さんとの会話…モヤモヤポイントが浮かんでは大きくなっていく。寝る前に色々考えすぎてしまうコミュ症の古見さんだが、最後に只野くんの会話を思い出し…。

20 「テスト勉強です。」
みんなでテスト勉強しよう!なじみの発案で、図書室でテスト勉強をする古見さんたち。だがそこには図書室の主、檎林美先輩がいた!図書室でうるさくするとハリセンで叩かれ、3アウトで退場となるという。謎のシチュエーションの中、まさかのジェンガ勝負が始まる。

21 「夏休みです。」
夏休み1週間経過。あまりの外への出なさに不安になってきた古見さんは、会話シミュレーションノートを片手にガラケーを見つめる。やっとの思いで通話ボタンを押す古見さんだが、相手の只野くんは通話中。しゅんとしていると、直後に着信音が鳴り…?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
古見さんのコーデ対決がめっちゃ面白かったけど、一番似合うのを選んだのが只野くんっていうのがさすがだよね。
恥ずかしがりながらも10点の札を出している古見さんが可愛かったです。
あと図書館の3アウトの緊張感の中でジェンガ出来る精神が凄い。
40代女性
誰かと遊びに行きたいなぁと考えて、思わず古見さんの名前を呟いてしまう只野くん。同じ頃、どうやって只野くんを遊びに誘えば良いかと、誘い方を書き連ねたノートから選ぼうと古見さんも考えていて、それだけお互いにとって大切な相手なんだねと、キュンキュンが止まりませんでした。
30代女性
古見さんの挙動不審は相変わらずですが只野やなじみだけでなく他のクラスメートも理解し始めたので、学校生活は楽しく過ごせていますね。なじみのお陰で今までやりたくても怖くてできなかった事がどんどんできるようになっていくのはすごくうれしいでしょう。本人なりに積極的になり始めているのも良い傾向です。只野以外にも言葉を発せられるようになってきたので夏休みはこれまでにないぐらい楽しめそうです。
40代女性
人の機微がよくわかる只野の存在と出会えた影響からか、沈黙の美少女だった古見さんが紙にではあるもののギャグを考えて書き出してしまうとはビックリ、定番な布団がフットンだと書き記すセンスは素晴らしく、古見さんが考えたギャグならばなんでも美しく面白くなる気はする。
30代女性
コミュ症あるあるのなんであんなこと言ってしまったんろうというか、言わなきゃよかった不快にさせていないかなって、
考え出したら眠れなくなる気持ちがめっちゃ共感できました。そして夏休みが始まるということは、今後の夏のイベントが楽しみ。

TOPに戻る↑

第7話「プールです。」ほか

22 「プールです。」
今日は皆で市民プールへ!山井さんグループも合流し、人数が増えて緊張する古見さん。女子メンバーの水着が輝く中、大型スライダーで叫んだり、流れるプールで泳いだり、みんなで勝負をしてみたり、楽しい時間が始まった!テンションが上がったなじみの後ろを走ってついていく古見さんだったが、突然つまづいてしまい…!?

23 「かき氷です。」
一人で図書館に出かけようとしていた古見さんを、父・将賀が送ってくれるという。暑さに汗を拭う古見さん…道すがら、喫茶店に寄り道することに。「学校での生活はどうだ」と聞きたいけど聞けない父。コミュ症を発揮する二人の休日。

24 「図書館です。」
図書館に着いた古見さん。周囲の視線から逃げるように本を借りに行くが、あと一歩が踏み出せない。精神を落ち着かせるため、空いている席で本を読もうとした時、隣から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきて…。

25 「公園です。」
公園の前を通りかかった古見さんは、誰もいないのを確認しつつブランコに乗る。楽しくなってきた古見さんは華麗にブランコからジャンプし着地。滑り台、ジャングルジム、雲梯などこなしていく。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
市民プールという場所に出掛けてしまう展開は視聴者に対してのサービス企画としか思えず、顔立ちにスタイルと完璧すぎる古見さんだけに目の保養となるのが嬉しいものの、もう11月の半ばとなった現実だけに寒い印象を受けてしまうのは残念でならない。
40代女性
なじみにプールに誘われ古見さんは夏休み最初の外出をすることになります。おそらくは友人と遊びに行くことなどなかった古見さんの事ですから、楽しみと怖さの両方を感じていたはずです。世間知らずの所は相変わらず目立ちましたが、周囲の配慮が絶妙でうまく楽しめました。クラスメート達が古見さんの事をしっかり理解してくれているのがいいですね。外出用のワンピースを手に入れたことで出かけることに積極的になったのも古見さんの成長を促しているようです。戸惑ったりおちゃめな所を見せたりと、彼女の魅力が詰まった内容となりました。
30代女性
自分で誘っておいて、普通に上里さんのことを忘ているし、当然のように女子更衣室へ行こうとするなじみちゃんに苦笑い。そして、偶然を装っていたけれど、やっぱり古見家の前で待ち伏せしていたとは、恐るべし山井さんの執着度でした。
40代女性
初めてのお友達とのプールにはしゃいでいる古見さんが面白かった。
けどやっぱりみんなで楽しく遊んでいるときに、誰かが怪我しちゃうと、一気に現実に引き戻される感あるよね。
そんな古見さんが落ち込まないように遊んでいるみんなや、はげます只野君が良かった。
30代女性
只野くんとなじみちゃんが、古見家へ遊びに来た時から気になっていた父親と弟の存在。秀子さんが1人で話してボケて突っ込んでいたのは、古見さんがコミュ障なのは、父親・将賀さん譲りだったのねと、家族内でもコミュ障を発揮している2人がただひたすら愛おしく感じました。

TOPに戻る↑

第8話「お盆です。」ほか

26 「お盆です。」
お盆のためおばあちゃん家(将賀の実家)にきた古見さん。叔母と叔父、そして従妹との久々の再会に距離感がいまいち掴めない。従妹・晶ちゃんも緊張して古見さんとの距離がつかめない様子だったが、仲良くなりたい古見さんは、勇気を出して晶ちゃんの脇腹をくすぐりに行き…。

27 「お祭りです。」
またまたなじみの誘いで夏祭り会場に集合した只野くんたち。浴衣姿の古見さんも到着したが、なぜか夏祭りの約束をサウザンドブッキングしたなじみが友達の行列を作って登場。ノートを忘れて不安な古見さんだが、只野くんがいるからととりあえず会場に入ることに。しかしいつの間にか皆とはぐれ、只野くんと二人きりに…!?

28 「夏休みも終わりです。」
夏休み最終日、只野くんの家に集合する古見さん、なじみ、山井さん。女性が兄を訪ねてくることに驚く只野くんの妹・瞳。しかしなじみには、この会を開く目的があった。そう、まっしろなノートに宿題を写させてもらう事!!…流石に写させない皆は夏休みの思い出を話し始めるのだが、話していると古見さんが何故か涙ぐみ…!?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
只野くんが選んでくれたワンピースを、帰省の時も着ているところがまた、古見さんへの愛おしさが爆発してしまう要因なんだよなと深く頷く。そして、やっと古見さんの弟・笑介くんを正面から全身見れた!と喜べたのも一瞬で、勿論ひと言も声を聞くことはありませんでした涙。
40代女性
古見さんにとって夏休みの過ごし方はこれまでよりも充実していました。雰囲気が変わったのは実家でも気が付いてもらえました。帰ってからはなじみに夏祭りに誘われます。なぜか山井さんや矢田野さんに出会うことも多かったですが、只野が見守ってくれるので安心して夏祭りを楽しめたようです。思い出深い夏休みとなってうらやましいです。
30代女性
夏祭りが凄く青春って感じでよかったです。
ノートを忘れてしまった古見さんに対して、当たり前のように僕がいるんで大丈夫とか言えちゃう只野くんが凄いなって思ったし、
只野くんに浴衣が似合っていると言いたかった古見さんが可愛かったです。
あとなじみくんのサウザントブッキングって何?
40代女性
古見さんのコミュニケーションが苦手な所は赤の他人にだけと考えていたものの、親族という身近な相手にも苦手意識があるとはビックリ、それでもなんとか身近になろうと頑張る心掛けは素晴らしく、この前向きさは只野との出会いがあったからだろう。
30代女性
父親・将賀さんもコミュ障気味だと判った上での実家帰省なので、これはコミュ障家系なんだろうなと想像していたけれど、そんな中でも古見家内のように秀子さんが察して回しまくる姿も想像出来て、改めて素敵な御両親だし古見さんが古見さんである所以だなと納得してしまいます。

TOPに戻る↑

第09話「田舎の子です。」ほか

29 「田舎の子です。」
新学期初日。久しぶりの古見さんの姿に生徒たちは喜びを隠せなかった。そんな中、井中さんだけが憂鬱そうな表情。田舎者だとばれないように、夏休みデビューしていたのだった。古見さんを都会のオンナと見定め、後を付ける井中さん。自分のスタイルを貫く古見さんにあこがれを抱くが…?

30 「テレビゲームです。」
自室で本を読んでいる古見さんの元に1通のメールが届いた。コミュ症は、メールの文面を考えるのにも時間がかかり、メール1通送るのにも精神力を使うもの。『件名:暇を持て余した神々の遊び』。…中々さんからの遊びのお誘いだったので、中々さんのお家へお邪魔することに!

31 「アルバイトです。」
ティッシュ配りのアルバイトを手伝うことになった古見さん。今日中に5000個配らなければならないという、コミュ症にはきつい高難度ミッション。だが頼まれたら断れないのもまたコミュ症。中々受け取って貰えない現実にくじけそうになる中、ティッシュを求める女性・勅使河原欲子が近づいてきた。

32 「顔にゴミがついてます…です。」
只野くんの顔にゴマがついている。困惑する古見さん、いつものように察してくれない只野くん…。ノートに書いたら伝わる?傷つけるかもしれない。次々と現れるクラスメイト…みんなの口元には何かがついている!?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
夏休み明けですが、古見さんの存在感のおかげで学校は盛り上がっていました。そんな古見さんに充てられて何とかお近づきになろうとする新キャラが登場します。井中さんや中々さんなど個性は他のクラスメートに負けないぐらい濃いキャラでした。まあ只野となじみが引っ張っていくのは変わらないのですが。只野よりもなじみのほうが古見さんに大きく影響を与えている感じです。
40代女性
血の契約を交わしたことになっている、中々さんの家の前までやって来た古見さんでしたが、やっぱり緊張してインターフォンを押せずに暫く立ち竦んでいたけれど、帽子の外にも生えた耳から、遂に覚悟を決めたんだ!と嬉しくなるも、毎回古見さんの緊張感を他人事だとは思えず、手に汗握りながら戦況を見つめてしまいます。
30代女性
古見さんは見た目は美しくて常に落ち着いていて歩く姿にも全く隙がなく完璧な女性なのだが、心の内は悩みの多く思春期の年齢相応の乙女である普通の女子なのだが、誰1人として気が付いてくれない人生を歩んでいたというのが真実なんだよなと思えてしまうのを井中は知らない。
20代女性
前もなじみは古見さんにスタバの飲み物買いに行かせていたけれども、今回もまた買いに行かせるとか、
かわいい子には旅をさせよ精神なのか、自分がめんどくさいだけなのかどっちなんだろう。
それにしても前回同様に、全くしゃべれなかったけど、井中さんにはかっこいい都会の女に見えたんですね。
20代女性
このメールを送信する前も、自身の設定を守ろうと何度も打ち直している中々さんの姿が想像出来たのですが、あの時手を差し伸べてくれた古見さんと、もっと仲良くなりたいと勇気を出したんだろうことも伝わって来て、中々ワールド全開の誘い方もらしくて素敵だなと思えました。

TOPに戻る↑

第10話「体育祭です。」ほか

33 「体育祭です。」
体育祭が始まった。我が神に勝利を!と一致団結する古見さんのクラス。「応援」の仕方が分からず戸惑う古見さんだったが、只野くんを一生懸命応援し、どうやら届いた様子。そして最後のクラス対抗リレー、第4走者の古見さんは、2年生の根津野さんとトップ争いとなるが…。

34 「ちょっと苦しいような気持ちです。」
学級委員として大勢から仕事を押し付けられ忙しい只野くん。そんな彼に手を差し伸べたのは誰にでも面倒見の良い尾根峰さんだった。放っておけないと書類整理など細かい作業も手伝ってくれる尾根峰さん。仲良さそうに話す二人を見て、古見さんは初めての気持ちに出会う。

35 「プリントシールです。」
プリントシールに興味津々の古見さんは、「撮れ高のなじみ」と「激盛りの山井」と共にゲームセンターに向かう。店内をキョロキョロと見渡し気になる様子の古見さんだが、撮影スピードについていけず、混乱!慣れないながらも楽しんだ古見さん、最後に書き込んだ一言は?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
体育祭だけでも様々な出来事がありました。なじみだけは対して頑張っていなかった気がしますが、古見さんも含めてクラスメートが一生懸命だったのは心地よい感じです。本来ならこれだけで十分なボリュームなのに他の話もありました。特に印象に残ったのは文化祭の準備です。そこで登場した尾根峰ねねは変わり者だらけのクラスメートの中ではかなりの常識人となっています。只野に気を使うなどかなり優しい子でレギュラーキャラとして登場して欲しいです。
40代女性
古見さんにとって、初めての友達以上の存在だと気付いているのかな?と思っていたけれど、只野くんの隣に自分ではなく尾根峰さんがいるところを見て、胸がざわついていた古見さんの姿に、友達を作ることが目標だったから必死で判らなかったんだろうなと、でもそんなモジモジする古見さんもまたいと美しけりだよと思いました。
40代女性
もうめっきりプリクラとは縁のない年齢になってしまったから、プリントシールって言われてもファイリングする時に使うラベルしか思い浮かばなかったけど、
たしかにプリクラって友達証しみたいなところあるし、興味出るよね。なじみと山井ちゃんに変な異名があるの面白かった。
40代女性
一丸となっているクラスの熱気と圧を見ていて、そう言えばなじみの提案で古見さんの役職は神になったんだったと思い出し、それにしても、古見さんが頑張って下さいと応援してくれているんだなと、表情と佇まいからしっかり受け取っていた只野くんはさすがだなと思いました。
40代女性
お互い譲れぬ拘りを持つなじみちゃんと山井さんだけれど、どんな写り方だとしても、古見さんにとっては初めてで大切な思い出なんだなと、一生懸命何を書こうか考えて書いた言葉に全てが詰まっていて、プリントシールを宝物のように頬を染め見つめる古見さんから嬉しさが伝わって来ました。

TOPに戻る↑

第11話「文化祭の出し物です。」ほか

36 「文化祭の出し物です。」
1-1。このクラスはいま未曽有の危機に陥っていた。学級崩壊寸前のピリついた空気!飛び交う罵声!このクラスはいま…文化祭の出し物を決めているのだ!古見さんを話の中心にしてヒートアップする会議。古見さんが投票した企画とは…!?

37 「文化祭準備です。」
文化祭準備。手伝いたいけど手伝えずオロオロする古見さん。”神”座に座らせられ困っていると、文化祭実行委員の尾鶏さん、そして尾根峰さんと買い出しにいくことになった。おっとりしている尾鶏さんはホームセンターでもすぐ忽然と居なくなるが…? やっとみつけた尾鶏さん、古見さんを誘ってくれた理由はいったい?

38 「チラシ配りです。」
学校の最寄りの伊旦商店街で文化祭のチラシを配ることになった古見さん、只野くん、なじみの3人。コミュ力モンスター・なじみは流石の交渉力!古見さんも頑張ってみるものの、なかなか難しそう…。そこで、通っている美容室、以前みんなで行ったラーメン屋さんなど知っている人たちに声をかけにいくことにする。

39 「文化祭前日です。」
文化祭前夜。多くの生徒が学校に残り、明日の準備をしていた。しかし、その姿はまさに屍…死屍累々…。だが、女子グループがおにぎりを差し入れ屍たちは息を吹き返した。この中には、当然古見さんが作ったおにぎりもあるらしい…!

40 「メイドです。」
文化祭が始まった。メイドの達人・明戸達人は出し物のメイド喫茶目当てで文化祭を訪れる。おぼつかないメイドの接客に目くじらを立ててしまう明戸だが、古見さんの接客をきっかけに、原点とも言えるある想いに気付く。一方、なじみと古見さんの作戦で女装メイドに変身した只野くんは、その姿を古見家と瞳ちゃんに目撃され…!?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
文化祭の出し物決めから準備、本番までが本当に面白かったです。みんな古見様には何が合うのかっていう基準で出し物決めで揉めていたけど、古見さんがメイドやりたいって聞いて、メイド喫茶に即決するのが良いし、メイド姿が可愛かった。
40代女性
3話ぶりに登場した謎な不良くん達に加えて、謎なオタク新キャラまで登場する程、クラス総出で「どう古見さんと関われるか」で揉めていた文化祭の出し物も、古見さんが「メイド喫茶をやりたいです」と書いた途端、使命だ!と一致団結していて、さっきまで揉めていた姿が嘘のようで、本当に分かりやすいなとクラスメイトの反応には笑うしかありませんでした。
20代女性
今回は文化祭編。出し物を決めるのに紛糾していましたが、古見さんの希望が発覚するとすぐに決まってしまいます。収拾のつかない状況もしばしばありましたがこれも高校生らしい体験ですね。古見さんにとってはクラスメートに囲まれて楽しく過ごせたのは何よりもうれしかったはずです。普段話したことのないクラスメートともコミュニケーションをとり収穫の大きなイベントになったことでしょう。
40代女性
文化祭という学生時代の催し物にはあまり盛り上がらないという印象しかないのだが、古見さん達のクラスでは真剣を通り過ぎて熱すぎために怒号となるとは青春物語そのもので羨ましさもあるのだが、静かな古見さんは可哀想に思えてならない。
40代男性
普通に皆と文化祭の準備をしたいのに、またもや神として見守って下さいと言われて困惑する古見さんだったけれど、そこを察しているのがまた只野くんなんだよなと、もう古見評論家としてやって行けちゃうよねと、ニヤケながらもほっこり気分にさせて貰っています。

TOPに戻る↑

最終回 第12話「文化祭です。」ほか

41 「文化祭です。」
悪だくみ顔のなじみは、文化祭で密かに一儲けを狙っていた。事業は大成功だったが、先生に見つかり失敗。次は正当な方法で宣伝を試みると言い、校内を古見さん・只野くんで回る事を提案されるが、そこに隠された狙いとは…!?

42 「後夜祭です。」
クラス発表で見事最優秀賞を取ったはずの1-1。しかしなじみの不正行為がばれ取り消しになってしまう。でも、古見さんの「楽しかったです」という言葉で、クラスは笑顔に。伊旦高校恒例のダンスパーティが始まり、参加してみたそうにしている古見さんをみて只野くんは…!?

43 「打ち上げです。」
文化祭の打ち上げはカラオケ!みんなでカラオケに行くのが憧れだった古見さん。しかし、いざマイクを持つとだんだん不安になっていき…?

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
文化祭編の後半となります。なじみがメイド喫茶を始めいろいろと引っ掻き回していくのが印象深い展開となりました。古見さんはクラスメートには打ち解けていますが、文化祭の出し物巡りは緊張のしっぱなしでしたが、只野や周囲のお陰でずいぶんと楽しめたのは大きな前進でしょう。短期間でこれほどまで多くの人たちと充実した日々はなかったでしょうから古見さんにとっては凄く良い思い出となったことでしょう。個性的なクラスメートに囲まれて嬉しそうに過ごせている様子はみている方も和みました。
40代男性
なじみちゃんから提案されて、最初は激しく抵抗していたのに、結局最後まで女装したメイド姿で文化祭を楽しんでいた只野くんの勇気にまずは拍手を、そして、古見さんの気持ちを察している尾根峰さんが、一緒に回ろうよと誘ってくれた心遣いにも拍手を送りたいです。二期制作決定との発表には嬉しさ爆発で、古見さんに会える日まで楽しみに待っています!
40代男性
カラオケにみんなで行くのが夢だったとか、本当にいつも古見さんは可愛いけれども、いつも喋らない古見さんが歌えるの?って心配になってしまいました。
けどみんなにとっては古見さんが実際に歌ってる、歌ってないは関係ないんだよね。心の声を聴いてるから(笑)
本当にコミュ症というものを上手く笑いにした面白いアニメだったけど、いつかお友達100人できるといいですね。
40代男性
見た目も普段の会話やその場に流れる雰囲気を和やかにするなじみという人物は誰からも好かれてしまうのだろうが、こういうヤツこそ気を付けないといけない人物なのに、古見さんと只野はイイ人すぎて直ぐに話すことを鵜呑みにしてしまうのが残念でならない。
40代男性
頑張れ古見さん!ファイトだ古見さん!そう応援し続けていた日々も、もう最終回なんだなと寂しさが募ってしまいます。初めはひと言も発することが出来なかったのに、体育祭に続いてこの文化祭でも微かだけれど思いを発することが出来ていて、単純にそれが嬉しくて可愛くてもっともっと見続けていたかったです。