(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

呪術廻戦

第2クール2021年1月から放送予定!

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
unext 配信あり
見放題
31日間無料!

※このページは2020年12月現在のものです。

放送 第1クール:2020年秋
第2クール:2021年冬
話数 第1クール:全13話
第2クール:放送予定
制作 MAPPA
声優
虎杖悠仁:榎木淳弥/伏黒 恵:内田雄馬/釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美/五条 悟:中村悠一/両面宿儺:諏訪部順一

ストーリー

少年は戦うーーー「正しい死」を求めて。辛酸・後悔・恥辱。人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く。そして、呪いは呪いでしか祓えない。驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう。呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することとなった虎杖は、最強の呪術師である五条 悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり……呪いを祓うべく呪いとなった少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす―

みどころ

近日更新!

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
見放題
31日間無料!
dアニメストア 配信あり
見放題
31日間無料!
配信あり
見放題
14日間無料!
配信あり
見放題
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画などの完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『両面宿儺』

並みはずれた身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁。祖父が死んだ夜に呪術高専一年の伏黒 恵と出会う。
彼は、虎杖の持つ“呪物”を回収しに来たというが、ちょうどその“呪物”は虎杖の先輩らによって封印が解かれていた。“呪物”が引き寄せた、呪いの化け物に襲われる先輩たち。そこに虎杖と伏黒が駆けつける。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
絵が綺麗で、オープニングから期待が膨らみました。漫画では味わえないようなコミカルさも描かれており、思わずフフッと笑いが漏れてしまいます。まだ戦闘シーンは少なかったですが、これからの激しくなる戦いに注目して、今後も視聴を続けたいと思います。
20代女性
“虎杖って50m3秒とか、砲丸ピッチャー投げとかどんな身体能力してるの?
呪術が無い状態でも、倒せないまでも呪いをぶっ飛ばしてたし、そもそものスペックが高いですね。
それにしても、バトルの迫力が凄かったです。”
40代女性
助ける為だとはいえ、あんな気持ち悪い特級呪物の指を食べた虎杖悠仁の勇気にまず驚かされ、食べた後、虎杖悠仁の体の中に、両面宿儺が宿ったかと思ったら、ちゃんと彼の意思も残っていて、これからどうなって行くんだろう?とワクワクが止まりませんでした。
30代男性
虎杖の高校生ながら砲丸投げを軽く投げるだけで遠くに飛んでしまう展開と、サッサと帰るとは言うものの一瞬で居なくなってしまう動きを目で追う事ができないとは身体能力のハンパなさにはビックリで、虎杖自身がヤバいモノでは思えてしまう面白さがイイ。
20代男性
呪術廻戦ではたくさんの呪術が謳歌していました。シノビのような人物がたくさん現れて呪霊を倒したので良かったです。そんな中で主人公が呪霊に取り憑かれてしまいびっくりしました。主人公が元の生活に戻れるのか気になりますね。

TOPに戻る↑

第2話『自分のために』

見知らぬ部屋で目を覚ます虎杖は、目の前にいた呪術高専の教師・五条 悟から自分の“秘匿死刑”が決定したと告げられる。五条は、虎杖に二つの選択肢を示す。今すぐ死刑になるか、『両面宿儺の指』20本を探し出し、すべて取り込んだのちに死ぬか――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
このアニメは毀滅のヤイバの次にブレイクすると言われているらしいのですが今のところあまり面白くはないですね。どうして面白くないかというと主人公に魅力があまりありません。見た目もこれと言ってカッコ良くありません。
30代男性
なんか主人公を見ていてるとブリーチの一護を思い出してしまうのですが自分だけでしょうか。髪型から何から何まで似ていませんか。呪術専門学校に入ることになるのですがこの展開もジャンプ漫画にありがちな展開ですね。
20代男性
呪術というものは現実世界に本当に存在するものなのでしょうか。自分は単なる眉唾ものだと思っています。科学的根拠は何もないんですよね。あと気になったのが主人公の声があまりキャラに合っていないと思いました。
20代男性
特急呪物を食べた悠仁は本来すぐに死刑になるところを悟に選択を与えられ、20本の指の呪物を食べた後に死刑になるか、すぐに死ぬかという選択を出されていました。どっちにしても死刑というのが理不尽すぎると思いました。
50代女性
説明回でした。情報量が多かったです。もっとも、まだ導入部で、虎杖と二心一体となってしまった宿儺や学校については、表面のみの説明です。これまでの少年漫画は、新しい事項については登場時に細々と説明していたものですが、この作品では、視聴者に興味を持ってもらえるような工夫をしているように感じました。虎杖と共に、呪いについて深く知っていくことになりそうです。虎杖が戦う理由を、改めて確認した場面は胸熱でした。

TOPに戻る↑

第3話『鉄骨娘』

3人目の一年生、釘崎野薔薇を迎えに行く虎杖と伏黒、五条。そのままとある廃ビルへ向かい、五条は虎杖と釘崎に、廃ビル内に潜む呪霊を祓ってくるよう課題を与える。ビル内、二手に分かれて呪霊を探し始める虎杖と釘崎は、子どもを人質にとる狡猾な呪霊と対峙する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
悠仁と恵は3人目の呪術高等学校で1年生となる釘崎と会うことになったのですが、街でモデルを探しているスカウトマンに自分から話しかけて断られるというところでした。モデルのスカウトマンが困っていたのが面白かったです。
30代男性
冒頭から悠仁が異形のものにナイフをぶっさしていたのですがかなり滑らかに動いたのでスタッフはここの戦闘には結構力を入れたのではないでしょうか。敵の絵のタッチが少しだけキャラたちと違っているように感じました。
40代女性
旧原宿駅からのスタートで、もう無い現実を寂しく思ってしまった。しかし、勝手に制服のカスタムを選ばれていたのに「まいっか」で済ます虎杖悠仁にも、あっさり伝える五条先生にも笑ってしまった。新入生の釘崎野薔薇は何故原宿にいた?スカウト目当て?
40代女性
野薔薇と悠仁のお昇り感情を利用して「六本木」だよと大喜びさせてから、呪いの蔓延るビルへ連れて行く五条先生。なかなか喧嘩を売るやり方だなと苦笑い。人口に比例して、呪いも多く強くなるとは、東京在住者として耳が痛くなった。
30代男性
五条たちが3人目の一年生を迎えに行っていたのがとても面白くてよかったです。廃ビルに向かっていたのがとてもビックリしました。廃ビル内に潜む呪霊を祓ってくるよう言われていたのがとてもビックリしました。子どもが人質に取られていたのがとてもビックリしました。

TOPに戻る↑

第4話『呪胎戴天』

少年院で起きた緊急事態に、虎杖、伏黒、釘崎が派遣される。任務は、いずれ特級呪霊に成り得る呪胎とともに取り残された生存者の確認と救出。乗り込んだ虎杖たちは、無慈悲な現実に直面する。直後釘崎の姿が消え、残された虎杖と伏黒の隣には、特級呪霊の姿があった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
新しいキャラ伊地知さんが登場したのは組織を少し知れたようで嬉しいです、少年刑務所という場所自体が怖いですが、特級呪物は凄く強くて見た目も怖いです。釘崎はいつの間にかいないし、伏黒も全然敵わないしで手に汗握る感じでした。残った虎枝がおじいちゃんの言葉だけを頼りに戦っていたのは偉い、宿儺は凄く強くて特級呪物もビビっていたのは凄いですね、虎枝が戻ってこないのが気になります。
20代女性
虎杖と野薔薇のお馬鹿コンビは、面白いですね。
出口を覚えている犬も褒められて、ジャーキーあげるって言われて嬉しそうでした。
あんなに強い特級異物もビビる存在のスクナって、やっぱり同じ特級でも別格なんですね。
最後のスクナに変わって虎杖が戻ってこないって、自分が弱いと自覚してメンタルやられたかな。
40代女性
ついに本格的な任務に向かう虎杖、伏黒、釘崎ら。テロップの「一名死亡」に早くもハラハラがとまりません。展開的に誰であってもおかしくない状況が続き、目が離せない30分でした。感情と客観的な判断との間で揺れる伏黒に締め付けられるような気持ちになりました。
20代男性
特級クラスのとても強い呪いが登場して一気に状況が凍りつく描写が目立っていました。主人公たち三人がばらばらになる中でピンチい対応する展開にスリルを感じました。釘崎野薔薇が敵に食われそうになる展開にはらはらしました。
30代男性
呪霊の中でもかなり強い特級と戦うことになった虎杖達、彼らの初めてのピンチにビビるつつも、虎杖のうちに宿る呪霊が強すぎて、生身では勝てなかった敵を倒してしまいびっくりしましたね。彼らは今後さらに強くなる気がします。

TOPに戻る↑

第5話『呪胎戴天-弐-』

少年院の外に退避した伏黒は、特級呪霊の死に気付く。次の瞬間、横に両面宿儺が現れ、虎杖の体から心臓を抜き取り、人質にする。このままでは虎杖の意識が戻っても死んでしまうと戦い始める伏黒だったが、格の違いを痛感する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
虎杖の心臓を抜かれた時は怖かった、虎杖本人は今どうなってるのか気になりましたが死んだ時はビックリしました。色々と新キャラ登場で覚えるのが大変です、敵も呪術師と個性的な見た目の奴らで何が出来るのか楽しみです。登場する女子高校生は空気読めない系ばかりですね、京都の学校との交流会と平和な話が出てきたけど学校生活に戻るのは意外でした。呪い達が何やら企んでいるけど虎杖が死なないって分かったら安心しました。
40代女性
宿儺に身体を取られて戻れない虎杖が退避した伏黒の前に現れる。虎杖を戻させないために心臓を抜き取ってしまう宿儺。格の違いを見せつけられる伏黒。伏線が盛り沢山、気になります。彼女は伏黒の何のか、伏黒の能力はもっと何か使いようがあるのか、父親は誰なのか、虎杖は本当に死んだのか、奇妙な坊さんは何なのか、どう言う展開になるのかワクワクして待ちきれない、楽しみです。「平等の為の不平等」良いですね、ヒーローじゃなく呪術師な伏黒。新キャラ登場、解剖医や先輩も登場で楽しくなってきて、虎杖を失った2人は決意新たに交流会へ意気込む次回以降の展開が楽しみです。
30代男性
神社にパンダ先輩がやってくる展開がカオスで面白かったです。どうしてパンダがいるのかということに全く触れずに話が進んでいくのでとてもシュールに感じました。なんで喋っているのかとか色々と気になる点のオンパレードでした。
30代男性
虎杖が死んだという展開に驚きました。主人公ですから本当に死んだわけではないのはわかっていますがこの先どのような感じで復活するのか楽しみになりました。胸にかなり大きな穴が空いていたのであれが致命傷となったのでしょう。
40代男性
両面宿儺つえー。伏黒じゃ、全く相手になってないじゃんかよ。そもそも、虎杖の心臓を抜き取って、それを人質にするって、意味分かんないんだけど。でも、両面は伏黒をすげえ気に入っているようで、彼のためなら何でもするって感じじゃん。それで、伏黒と虎杖は救われたって感じだぜ。それにしても、このアニメ、登場人物の名前が難しくって、なかなか覚えられないぜ。あだ名をつけようぜ。

TOPに戻る↑

第6話『雨後』

虎杖の死に悔しさをかみしめる五条。仲間の死に沈み込む伏黒・野薔薇は強くなるために2年生達と特訓を始める。一方、夏油達も動き出す。そんな中、死んだはずの虎杖は――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
物語の最後でいきなり一つ目妖怪が襲ってくる展開があるのですが、一体あの妖怪は何者なんでしょうか。道路をあんなにも砕いてしまうなんて相当の使い手であることは間違いないので、どのようなバトルに発展してしまうのかとても楽しみになりました。
30代男性
最強になるための特訓だ。術式とか、忍者の技みたいだな。呪術師の実力は才能が8割だとよ。だったら努力してもダメなんか。呪力の発現のためのトレーニング、なかなか難しそうだ。それにしても、このアニメ、主人公がちょいちょいコミカルだから、お笑い要素が入っているな。やはり、同じジャンプ漫画として、鬼滅の刃を意識しているのだろうか。人物の絵がスラムダンクに似ているな。技はNARUTOだな。師匠はなかなかの実力者のようだ。
30代男性
喋るパンダが本当にカオスだなと思いました。周りの人物たちが普通に接している姿がとても不可解でおかしかったです。裏原がどこかわからなく場面もあるのですが裏原なんて住所はないんですよね。自分も始めどこのことなのかわかりませんでした。
40代男性
きも可愛い眠っている熊野ぬいぐるみが出てくるのですが、このクマをグッズ展開して欲しいです。かなりのゆるキャラで見ていて癒されました。起きた瞬間に主人公に殴りかかってきた場面が面白かったです。凄くいいキャラですね。
40代男性
勝負を受けた瞬間即刻やられてしまう虎杖、呪霊の気配を感じてバックレるバイト、グロテスクなシーンなのになぜだか笑ってしまいました。そして楽しい修行回!ド派手な実践ではないものの、前回までとはうって変わったほのぼの感に和みました。

TOPに戻る↑

第7話『急襲』

移動中だった五条は、特級呪霊・漏瑚の奇襲を受ける。攻撃を重ねても決して当たらない――漏瑚は、すぐに五条の強さを目の当たりにする。一瞬で高専に戻り、修行中の虎杖まで連れてくる余裕の五条に、漏瑚は怒りを爆発させ、ある手段に出るが、対して五条は――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
術式は物理法則を自在に操るというとんでもない能力だ。相手に弱いと言いきって、相手を怒らせる。それでも勝つ気が満々だな。だいたい、見た目の醜い妖怪は、実力もむごいことはこれまでにも体験積みだ。弟子を育てるためには、まず実践からということなんだろうな。それが一番力が付くからなあ。敵はまさに、蛇に睨まれた蛙だな。頭だけになっても生きているのはキモイな。
40代男性
五条は漏瑚との対戦しているさいに悠仁を連れてきました。戦い方を実践に見せるために連れてきたみたいなことを言っていましたが、どうやって五条が悠仁を連れて来たのかわからなかったので、どうやって連れて来たんだろうという疑問が残りました。
30代男性
五条が漏瑚の奇襲を受けていたのがビックリしました。攻撃をたくさんしても全然当たらないのがビックリしました。五条がすごく強いのがビックリしました。漏瑚が怒っていたのが面白くてよかったです。水の上に浮いていたのがビックリしました。
30代男性
五条が敵からの奇襲を受けるんですがお得意の呪術で対抗する場面がすごく気持ちよかったです。敵を吹っ飛ばしたりとバトルシーンがとても迫力あって見ていてとても面白かったです。原作の雰囲気は全く壊していませんでした。
20代女性
空間を伸ばすことができれば空間を縮めることもできるよなそりゃ。漏瑚ぶっ飛ばした後のほんの一瞬の間に虎杖連れてきた五条先生。何気に他人にも術式の恩恵を与えられるんだね。まだ目隠し取ってないのに既にかっこよさが臨界突破している。

TOPに戻る↑

第8話『退屈』

交流会に向けた特訓の合間。釘崎と伏黒の前に、呪術高専京都校の禪院真依と東堂が現れ、二人にケンカを吹っ掛ける。伏黒を腕っぷしで押していく東堂。一方、真依の言葉に嫌悪を抱き、釘崎は真依を挑発するが――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
でかいおっさん、思いっきり口から泡を飛ばして、これじゃあコロナ感染確実だよ。いまじゃ非国民扱いだ。妹の方は性格が悪すぎるな。いやーな事をグジグジグジグジ、女の腐った奴と言うのは正にこいつのことなんだろうな。まさか自分が美人だとか思ってねえよな。ハッキリ言おう、お前はブスだ。性格の醜さが顔に出ている。おっさんは、女の趣味でそいつの人柄がわかるとか、旧石器時代の人間かよ。昭和の管理職が言っているようなセリフだな。しかし、むちゃくちゃなパワーだな。まさに筋肉お化けだ。交流会とは戦争なのか。なんだそりゃ。
40代男性
恵と野薔薇の2人は、葵と真依にうざ絡みを受けました。出会ってそうそうに葵が恵に女性の好みを聞き始めたのですが、いきなりあんなこと言われても何でそんなこと聞くんだろうと思ってまともに解答するのには困るだろうなと思いました。
30代男性
特訓をしていたのがとても面白くてよかったです。真依と東堂が現れたのがとてもビックリしました。ケンカを吹っ掛けていたのがとても面白くてよかったです。東堂の腕っぷしが強いのがとてもビックリしました。釘崎が真依を挑発していたのが笑えてよかったです。
30代男性
呪術高専の一年生が先輩方にみっちりしごかれてましたね。みんな個性が強い人しかいないので、虎杖は五条直々の修行で恵まれてるなと感じたのでした。そして虎杖はあんまり出てきませんですが、次あった時どれだけ強いか気になりますね。
20代女性
東堂と伏黒のアクションシーンは作画が良く見ていて爽快でした。好きな所があんなに東堂はいかつくてゴリゴリなのにアイドルに会ってデレてるところをはがしに移動させられるシーンはめちゃ笑いました。そして真人が起こした映画館での事件。真人が見える少年はどうなるのか次が楽しみでしょうがないです。

TOPに戻る↑

第9話『幼魚と逆罰』

高校をサボり映画館に来た吉野順平は、自分をいじめていた同級生が顔を変形させられ、死んでいるところを目撃する。“犯人”を追い、声をかける吉野。その後、事件現場の映画館に乗り込んだ虎杖と脱サラ一級呪術師の七海建人は、2体の呪霊に遭遇する。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
学校でいじめられていた順平は映画館でいじめを行っていた同級生3人が変死するところに立ち会ってしまいました。いじめをしてきた対象とはいえ、知っている人間が死んでいるので少しぐらいはショックを受けるのかと思いましたが、そうでもない感じの雰囲気だったので、順平の恨みのデカさはとてつもなく大きいんだなと思いました。
30代男性
高校をサボっていたのがとてもビックリしました。同級生が顔を変形させられて死んでいるところを目撃したのがとてもビックリしました。吉野が犯人に声をかけていたのがとてもビックリしました。虎杖と建人が2体の呪霊に遭遇したのがとてもビックリしました。
20代女性
悠仁が先生に修練つけてもらってたとこも原作とは違かったよね。高専の建物内がどうなってるのか結構気になる。ナナミンこと七海さんの7:3戦闘シーンが物凄く格好良くて良かった。
弱点を作れる能力だけど正確に7:3分割出来るの凄い。
20代男性
虎杖の成長回とも言えると感じましたね。やはり呪術廻線は今乗っていると思いますね。鬼滅の刃ブームにうまく乗って相乗作用がおきてる気がします。特に五条がカッコ良すぎますね。1クールなのが惜しいくらいです。
40代男性
まあ、人間界で悪さをしていた人たちは、呪術師に殺されても文句は言えないよね。殺され方も無様でいい気味だよね。人間、悪いことをした人は、それ相応の罰を受けないとイケナイよね。脱サラ呪術師さん、かなりの実力者のようだ。経験も豊富で、良い勉強になるだろう。それにしても、大人になる過程は、随分としょぼいんだな。

TOPに戻る↑

第10話『無為転変』

吉野の調査を任された虎杖は、補助監督の伊地知に作戦を聞く。低級の呪いに吉野を襲わせ、反応を確かめるというが作戦は失敗し、虎杖は吉野に直球で声をかける。結果的に嫌悪する担任教師を追い払ってくれた虎杖を見て、吉野は話を聞く気になる。一方、真人のアジトを突き止めた七海は地下水路で真人と相まみえるのだった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
真人は人の体を大きくしたり小さくしたり実験していることを順平に話す場面がありました。普通だったらそんなものを目の前で見せられたり聞かされたりすると多少なり驚いたりするものだと思いますが平然とした態度だったのは驚きました。
40代女性
吉野の事がようやく分かってきました。それに、あんな巨大な呪霊を見ても驚きもせず、真人との会話で近づいてしまう。吉野に心配してるっていう担任に憎しみを燃やすのかと思いきや虎杖登場!嫌ってるのを察知してあげる虎杖、本当に良い奴です。と思いきや、七海と真人の戦い一体真人は何者ですか?
20代女性
五条悟、生徒の前でイ◯クラプレイやめろや。
着痩せしそうだから野薔薇ちゃんのほっそいウエストのスカート入…るわけねーだろすぐ脱げ。
がに股はスカート落ちないようにするための苦肉の策だとしても、何か慣れてる。高専時代に硝子さんのスカートでも同じことして学長に怒られてそう。
20代女性
真人は人間の形を変えてストックしているとか、やっぱりヤバイですね。
でもそれ以上にいじめ現場を目撃していた先生が、お前仲良くしていただろとか言える頭がおかしすぎる。
あれって虎杖が割って入らなかったら、あの先生殺されてたかも。
20代女性
じゅんぺいのいじめが原因で生まれてしまった暗い心の中や価値観に同情してしまいました。また真人の死に対する価値観も呪霊ならではで、面白いです。
七海と真人の戦闘シーンは、きれいで迫力もあり、ドキドキしました。次回はさらに戦闘の激しさが増しそうなので、とても楽しみにしています。

TOPに戻る↑

第11話『固陋蠢愚』

真人に追い詰められた七海は呪力の制限を解除、十劃呪法『瓦落瓦落』で地下水路の壁を破壊し、がれきの雨を降らせる。一方、吉野と接触した虎杖は、映画の話で意気投合する。吉野の母とも会い、家に招かれるとさらに打ち解けるのだったが…。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
呪術師とは仲良くとね…映画で語り合える人が居ない。成程…それが選択肢に入れてしまう出来事に納得はしたくないね。さて順平君、利用されちゃったけ…もう戻れない?このレベルの作画であと1クールも見れると思うと楽しみだし安心だし期待もすごい。なんなら2期もほぼ確定だろうし楽しみ。
20代女性
順平、いじめにあって、教師は座視、でも家に帰ると陽気な母に救われた。なのに、、
矛先を元から憎悪の対象であるいじめっ子筆頭に向ける。人を殺させる。真人まじ鬼畜だよ。お前が全部悪いんだよ。やめてよ順平。人を殺めれば君の好きな母は穢れるんだ。そいつじゃないんだ母の仇は。本誌があの展開のこのタイミングで、夏油と真人がどういう奴らなのかおさらいさせてくれるこのエピソードなの、凄いな。
30代男性
ターゲットとなる少年にも気さくにアプローチをかける虎杖の人間の良さがよく出ていました。呪霊によって少年の母親が殺されてしまう描写は恐ろしいものでした。その前に家族団らんを描くシーンが目立っただけに、激しいギャップとなったのが印象的です。
30代男性
七海対真人が対決の勝負がとりあえず決着がつき、前回までは七海が一方的にやられていたので負けると思いましたが、真人の足を切ってその場から離れられました。結構あっさり足を切ることに成功したので以外と楽勝なのかと思いましたが、致命傷を避けてはいましたがまともに攻撃を受けていた事が後でわかり、やっぱり真人の方が七海より強く、うまく逃げきれた状態だったんだと思いました。
20代男性
ナナミンが強すぎて笑いました。敵のボスクラス相手にリミッターを外した彼がどこまで行けるか気になったのですが、想像以上でしたね。白い服を着て凄まじい威力を放つその様はシュール過ぎます。いいキャラしてましたね。

TOPに戻る↑

第12話『いつかの君へ』

真人に心酔していた吉野は、上手く利用され虎杖と戦うように仕向けられていた。復讐に走り暴走する吉野に対し、虎杖は拳を重ねながらも動機を聞き出し説得しようと図るが、吉野の口から残酷な事実を知ることになる。そんな二人のそばに真人が忍び寄り――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
命の力ををはき違えるな、この言葉は、多くの死線を生きながらえてきた者にしか分かるまい。やはり、ジャンプ漫画お得意の「友情パワーでGO」の展開に持ち込みたいようだ。しかし、契約者に裏切られた主人公、何とも哀れなことよのう。友を救えない奴に、生きる資格などないのである。
30代男性
真人は順平をもう少し利用していくのかと思っていたら案外簡単に切り捨て異形に変形させて絶命させました。最初からどっかでそういうことをしそうではありましたが、まさかこんなに早くだと思わなかったので驚きました。
20代男性
真人と宿儺、悪役同士笑い顔が最悪でしたね。吉野は案の定裏切られてました。うまい話には疑ったほうがいいと感じました。そして真人はやはり虎杖では厳しそう、ナナミンと虎杖で倒す展開になり次回が楽しみすぎると感じました。
20代男性
今回はかなりえげつない展開でしたね。吉野があんな姿にされてしまいかなりグロテスクでした。一方で真人がかなりえげつなかったです。あの変形は化け物クラス、ナナミンが来ましたが速く五条にも来て欲しいところですね。
50代女性
順平を利用するだけ利用して、お前が馬鹿にしていた奴らの次に馬鹿だよと何の迷いもなく殺した真人。人間として考えれば異常者で理解不能だけれど、悠仁の言うように「何処まで行っても呪いだから」と考えれば納得出来ました。

TOPに戻る↑

第13話『また明日』(第1クール最終回)

間一髪で真人の一撃を防ぎ虎杖を救った七海。ここで確実に真人を祓うため虎杖と七海は息の合った攻撃を重ねる。真人は改造人間を使い虎杖を精神的にも追い詰めようとするが、虎杖はそれを乗り越える。畳み込まれる攻撃に追い込まれた真人は「死」を感じ――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
50代女性
悠仁の体内には、呪いの王である両面宿儺がいるから殺せない。それがもどかしいと感じながらも、魂は何度でも殺せるからまあいいかと真人が言っていたのは、人間を殺すことを躊躇う悠仁の前に、改造人間を送り込んで殺させることを意味しているんだろうな。
50代女性
サラリーマン時代の七海を見れたことは新鮮だったけれど、ただひたすらにお金さえあればと考えていたとは意外でした。パン屋のお姉さんから「ありがとう」と言われたことが、高専へ戻るきっかけになっていたなんて、やっぱりななみんは温かい人なんだろうな。
30代男性
領域展開した真人、かなりのおぞましさでしたね。ナナミンは領域展開できないようで五条の強さが秀でた気がしました。そして真人を倒したのは両面宿儺、とんでもない強さでした。また漏湖と五条の戦いは次元が違うと感じました。
30代男性
真人の領域展開で七海が死ぬ展開になるのかと思いましたが、悠仁が外から入ってきたことによって宿儺が真人に攻撃を加えて七海の命が助かるという展開になりました。完全に七海は死ぬことになると思っていたので助かるという展開は嬉しかったです。
20代女性
そういえば今回が初めてじゃない?Eveさんの廻廻奇譚とALIさんのLOST IN PARADISEのCM流れるの!私の記憶が合ってれば、今回が初めてなんだよ!次回からOPED変わっちゃうから、もうなんか感慨深くて泣く。

TOPに戻る↑

『呪術廻戦』期待の声

40代女性
ジャンプで連載が開始された時から注目していた作品なので楽しみです。予告動画を観る限り、映像がとても綺麗で丁寧に描かれていたのが嬉しいです。呪術や呪物の描写や戦闘シーンにも期待しています。キャラクターが個性的で愛着のある人たちが多いので、動いてしゃべってる姿だけでも十分満足できそうな気がします。
20代男性
呪術廻戦の期待できる点は、呪術師のストーリーを描いているという点です。ファンタジー作品でありながら今までになかった呪術師という職業のアニメはすごく期待できます。また、呪いというものをアニメで描くという楽しみもあります。
30代男性
思い遣りやおもてなしという人間の優しさを示す言葉が溢れる反面、人を羨み妬むというダークな心理を上手く描いた作品に感じられ、「呪いには呪い」という「目には目を」という言葉に似たチョイスが面白いと思いました。呪いに挑むだけに呪術を唱えて対抗するものと想像してしまうものですが、主人公の虎杖悠二は格闘で挑むという予想外の方法を使う所が魅力的、最近の流行りになっている物語のコミカルさではなく本格的な呪いの恐怖が感じれる作品の最高傑作になる予感がします。
20代女性
人の負の感情が具現化して、人に害をなす呪いが存在する世界ってことで、なかなかドロドロしていて恐ろしいお話になりそうですね。ただ重めのストーリーではあるけれど、たまにギャグ要素も含まれているみたいなので、暗くなりすぎず適度なテンポで見られそうです。
30代女性
アニメ化すると思っていました!まず、話の設定が斬新です。呪いを祓うために呪術の学校に入学するなんて、自分だったら思いつきません。次に、主要人物の構成が某ニンジャ漫画に似ています。男子2人、女子1人に教師が1人の計4名のチームですね!なんとなく、この構成はチームとしてバランスがいいような感じがします。それから、主人公の声優さん、最近すごく気になっている人なのでうれしいですし、キャラクターにもピッタリハマっていると思います。