(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

半妖の夜叉姫(壱の章、弐の章)

※このページは2021年10月現在のものです。

放送 2020年秋
話数 全24話
制作 サンライズ
声優 日暮とわ:松本沙羅/せつな:小松未可子/もろは:田所あずさ/琥珀:木村良平/翡翠:浦尾岳大/竹千代:ファイルーズあい

ストーリー

とわ、せつな、もろはは、妖怪と人間の血を引く半妖はんようの少女たちだ。幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。とわは、時代樹じだいじゅの時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代へとタイムスリップ。かごめゆかりの日暮ひぐらし家の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀こはくの下で妖怪退治を生業にしていた。もろはは、かごめと犬夜叉いぬやしゃの娘。賞金稼ぎとして「化ばけ殺ごろしのもろは」の異名を取り、やはり妖怪退治に明け暮れている。とわとせつなが別れ別れになってから、10年。時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれた。現代に現れたせつなと再会するとわだったが、せつなは何故かとわのことを忘れてしまっていた。せつなと共に、現代にやって来たもろはも加わり、とわたち「半妖はんようの夜叉姫やしゃひめ」が、現代を、そして戦国時代を、縦横無尽に暴れ回る!

みどころ

近日更新!

TOPに戻る↑

\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
見放題
31日間無料!
dアニメストア 配信あり
見放題
31日間無料!
配信あり
見放題
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!

⚠️AbemaTVやニコニコ動画などの完全無料配信はありません。

注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『あれからの犬夜叉』

時は戦国時代。関東管領の屋敷に捕らえられた日暮とわは、管領の家来の宗久から十数年前に起きた妖怪「根の首」退治の顛末を聞かされることになる。山崩れで塚が壊れ、封印されていた妖怪が逃げ出し、何人もの人々が襲われて首だけが持ち去られた……。「根の首」退治を村人から頼まれた犬夜叉と弥勒は、手がかりを探しに壊れた塚を見に行く。根の首を追いかける犬夜叉と弥勒。かごめや珊瑚も戦いに加わり、殺生丸も姿を見せる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代女性
犬夜叉の続編で犬夜叉と殺生丸の娘の話。当時アニメの犬夜叉をリアルタイムで視聴していたので懐かしく思い視聴しました。1話目では、奈落退治後の犬夜叉やかごめ達のその後がメインで描かれていて、当時のメンバーが皆出演していて嬉しく思いました。それぞれのキャラの声優さんも、ほぼそのままで弥勒様だけが声優の方が亡くなられていたので、違う方が担当していましたが、思っていたより声に違和感もなく楽しく、懐かしくみる事が出来ました。犬夜叉を見ていたのが、中学生の時で現在は30代になってしまったのですが、その続編をリアルタイムで見れるというのは
感慨深いものがありました。
1話では、まだ娘達の詳細は分かりませんが、2話目以降も楽しみになる様な内容でした。
20代女性
始まった冒頭から完全にかごめの雰囲気が出てしまう自転車のサドルから始まりまさかの令和の元号まで出てくるとは予想外で、あれから半年後という流れから弥勒と珊瑚の子沢山な様子にビックリと、しばらくはかごめと犬夜叉たちがメインだなと笑ってしまった。
30代男性
「半妖の夜叉姫」では、とわ・せつな・もろはが主になって登場すると思っていたので、1話から犬夜叉やかごめたちが登場してくれて嬉しかったです。七宝がかごめの姿に化けて犬夜叉に殴られたシーンや、かごめが犬夜叉に「おすわり」と言ったシーンには懐かしくて思わず笑ってしまいました。
30代女性
主にかごめと犬夜叉の過去のエピソードがメインでしたが、新しいキャラクターたちの登場にワクワクしました。しかもヒロインたちが殺生丸の娘や犬夜叉とかごめの娘で、色々と謎があり、これからどんな妖怪たちと戦ったりするのか楽しみです。
40代男性
四魂の玉を巡る戦いのあと、犬夜叉たちはどうなったのか。気になる彼らのその後を描いたストーリーで、犬夜叉ファンとしては、もう一度彼らに会えたことがとても嬉しかった。本編に入る前に『犬夜叉』のおさらいが出来て良かった。

TOPに戻る↑

第2話『三匹の姫』

幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった双子の少女、とわとせつな。時代樹の時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代にタイムスリップしたとわは、かごめゆかりの日暮家で草太の娘として育てられ、武道に長けた女子中学生に成長した。一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治を生業にしていた。10年後、せつなが賞金稼ぎの少女もろはと妖怪と共に現代に現れる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
とわは数人の不良に喧嘩を売られ一瞬で全員を倒したのですが、その報復で義理の妹や草太の母親とおじいさんが人質にされました。人質を取られたことによって打つ手がなくなったと思いましたが、とわは驚異的な身体能力で人質を助け不良を退けました。半妖としての身体能力の凄さに改めて驚かされました。
20代女性
3匹の姫。双子の姉妹、とわとせつな、時空を越え現代にタイムスリップはしたとわ、とわは拾われた現代人に養女になり、喧嘩三昧の毎日。せつなは、妖怪大事のお頭に、見ていて時代錯誤感を感じますが、共にスピード感があり、せつなも現代に突如タイムスリップ、なかなか、理解が出来ないアニメですが、次回が楽しみです。
40代女性
今回から主人公達が本格的に登場し、ようやく「半妖の夜叉姫」が始まったという印象でした。1話では分からなかったとわとせつなの幼少期や関係性、そしてどうして戦国時代に生きていたはずのとわが現代風の格好をしていたのかという謎がこの話で少し解けたと思います。2話の最後に二人が再開し、また謎が増えましたが、これから徐々に明かされていくと思うと楽しみです。また、「犬夜叉」の頃から登場しているキャラクターの姿が登場したのも嬉しかったです。彼らが「犬夜叉」からどういう風に過ごしてきたのか、それについても2話では少し垣間見えた気がしたので、そう言ったかつてのキャラクター達の成長も今後、楽しみに見たいと思います。
20代女性
殺生丸の双子の姉妹に犬夜叉とかごめの娘が登場して犬夜叉達のその後が知れたようで嬉しかったです。何故か子供達はみんな森に住んでいたのが不思議なので後で説明が欲しいですが、とあとせつなが離れ離れになってしまったのは可哀想でしたね。現代に行ってしまったとわを草太が見つけて知っている顔が続々と登場したのは懐かしく嬉しかったです。虹色珊瑚という玉に惹かれて子供達も再会する事ができて、とわが戦国時代に戻る理由が早く知りたいですね。
30代女性
トワと刹那が離れ離れになって10年後、やっと会えたと思ったら刹那がトワのことを忘れててびっくりしました。かごめの弟である、そうたがトワを見つけてそのまま養女になったのも驚きました。漫画がないので毎回アニメがとても楽しみです。

TOPに戻る↑

第3話『夢の胡蝶』

2個の虹色真珠を取り込んだ三つ目上臈に呆気なく折れる菊十文字。だが、せつなのピンチに妖力を発動させたとわは、妖気の刀を自分で造り出して立ち向かう。せつなの協力もあって三つ目上臈は退治できたが、飛頭根に取り憑かれてしまうとわ。そんなとわをせつなは姉だと認めない。戦い合うとわとせつな。飛頭根はとわの妹の芽衣に乗り換える。一方、もろははせつなに幼い頃の記憶が無いのは夢の胡蝶に夢を食われたせいだと見抜く。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
せつなはとわのことを覚えておらず、近づくことすら拒みました。なんでせつなのことを忘れているかわかりませんが、お姉さんの記憶をなくしてしまっているというのを聞いたときは悲しい気持ちになりました。これからせつなの記憶を戻すことが出来るのかが楽しみです。
30代男性
せつながピンチだったのがとてもビックリしました。とわが妖力を発動させたのがとてもビックリしました。三つ目上臈を退治できたのがすごいと思います。とわがせつなを姉だと認めないのがとても面白くてよかったです。せつなに幼い頃の記憶が無いのが夢を食われたのがビックリしました。
40代女性
目の前で、ムカデ妖怪・三つ目上臈が頭を付き抜かれて殺されたのに、怖がるより先に「ありがとうお姉ちゃん」と、もろはに御礼を言うめいが凄過ぎて驚いた。かごめや犬夜叉と出会っていた、大祖父と大祖母の血筋所以のものなのだろうか?
20代女性
三つ目上臈を倒して一安心できたかと思いきや、今度はとわが飛頭根に取り憑かれてしまったり、更にはそれがとわから芽衣に移ってしまったりと見ていてハラハラしました。無事に飛頭根を倒すことは出来ましたが、せつな達は元の時代へと帰ることが出来るのか続きが気になります。
20代女性
せつなととわは、やっぱり殺生丸の娘だったのか。せつなの方は、雰囲気が殺生丸に似てますもんね。
そしてもろはは、弓を使った時からもしやとは思ったけど、犬夜叉とかごめの娘か。この3人が出会ったのも、必然ってことですかね。
夢の胡蝶にせつなの記憶を食われたって、どうすればもどるんだろう?

TOPに戻る↑

第4話『過去への扉』

せつなの夢と眠りと記憶を取り戻すには夢の胡蝶を捕まえるしかない。戦国時代へ戻る決意をするとわ。草太はそんなとわを快く送り出す。芽衣はとわ、せつな、もろはにみんなで帰ってきてと訴える。芽衣に必ず帰ってくると約束するとわ。もろはは時代樹の力を取り込んだ根の首を欺し、戦国時代へと繋がる通路を開かせる。その通路で御神木の核に辿り着いた3人は、時代樹の精霊と対峙。精霊は古の巫女・桔梗の姿を借りていた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
もろはが、戦国時代へと持って帰ろうと自転車や虫網といったいろんな物を何でもかんでもリュックに詰め込んでいたのが面白かったです。ストーリーのラストで、成長したりんと思われる女の子が眠っているシーンがあったことがすごく印象に残っています。一体何が起こったのか気になります。
40代女性
現代にすっかり慣れているもろはとせつなが楽しそうで良かった、もろはが根の首を脅している時の顔が悪くて好きです。戦国時代に帰ったと思ったら時代樹から妖怪の討伐を頼まれ、とはとせつなが拒否って見た事も無い父親の為なのが気に入らなかったようですね。根の首に蒼い龍でやっつけたとわは凄かったです、殺生丸も見ていたようなので褒めて上げて欲しいです。まだまだ謎があるみたいなので教えてくれるのを楽しみにしています。
20代女性
物語の舞台は現代から戦国へ。桔梗の姿を借りた精霊か明かす、新たな敵「麒麟丸」の存在。時空をも超越する!?そういえばとわの担任の名前って。
余談ですが、とわちゃん一人だけ名称付き技無しかなと危惧してたケド、○の蒼龍破を使えるようで安心。
20代女性
夜叉姫見てから、犬夜叉の『殺生丸様と永遠に一緒』を見るとさぁ、なんだかなぁもう!って思って泣きそうだよ!ほんと妖怪と人間の歳の違いとかさぁ!なんか、多分的外れだと思うけどさぁ!幸せな結婚生活送りなよ!
30代男性
もろはが近所のお爺さんとお婆さんたちとの会話で400歳も年上と語っていたのに、芽衣の曾祖父にはじいちゃんと呼んでいるアベコベさは笑えてしまい、更に幸運のカッパの手を貰って喜ぶとは思考レベルのシンクロ率が高く、涙を流して喜ぶじいちゃんに爆笑させられた。

TOPに戻る↑

第5話『赤骨御殿の若骨丸』

人や獣の骨を抜き取る妖術を使う怪しい童子・若骨丸は、父妖怪・檮杌を復活させるため骨を集めていた。その退治を引き受けたとわとせつなは、後から合流したもろはと共に赤骨御殿に乗りこむ。もろはに仕える蚤妖怪・冥加によると、檮杌は大陸から渡ってきた妖獣4人の一人だという。彼らを束ねるのは獣王・麒麟丸。その名に驚くとわ達。一方、もろはを父の仇と待ち伏せる若骨丸に対し、もろはが国崩しの紅夜叉となって立ち向かう。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
とわは夢の胡蝶をせつなの為に探そうとしますが、せつな自身が乗り気ではないうえにとわと一緒に行動することも嫌がっている感じでした。とわからすれば離れ離れになった妹と仲良くしたいという思いがありますが、せつなからすれば突然姉の存在するとわかったばっかりでしかも覚えてないという状態なのでものかしい感じに見えました。
30代男性
せつなの我が道を行く姿が笑えてしまい、姉のとわの優しい言葉の投げ掛けを全てハネ除ける掛け合いも面白く、見ていると仲の悪さが際立っているように感じてしまうが、絶妙なタイミングの良さで言葉の掛け合いがあるだけに2人の連携はベテラン漫才師よりも上をいっている気がする。
20代男性
今回は人や獣の骨を抜き取る童子、若骨丸のために骨を集め退治をするわとせつな。その先に現れたのが、大量の動き出す骨達、みんなの剣を使った戦闘は大変に見入りました。妖の昔ながらの作画が大変味が出ていると感じました。
40代女性
今回は人や獣の骨を抜き取る童子、若骨丸のために骨を集め退治をするわとせつな。その先に現れたのが、大量の動き出す骨達、みんなの剣を使った戦闘は大変に見入りました。妖の昔ながらの作画が大変味が出ていると感じました。
30代男性
華麗に登場した若骨丸が橋の欄干に立つ姿は幻想的で美しく、人の命などどうでもいいと考える野党を扇子でやっつけてしまう凄さにはビックリ、アニメでは確実に女性活躍の時代になっていて世の中の理想を叶えている所が面白い。

TOPに戻る↑

第6話『古寺の猫寿庵』

旅人が次々行方不明になる事件が起きる。解決を任されたとわ達は北の山中へ向かうが、途中で化け猫に取り憑かれた村に遭遇。化け猫を追い払って村を救ったとわ達は、逃げた化け猫達を追って古寺に辿り着く。その寺から現れたのは一人の美僧。とわの妹・芽衣が大ファンのアイドル・ジュリアン君そっくりの寿庵だった。その寺には古い言い伝えがあった。百年ほど前、霊力に優れた僧が妖怪を封じ、寺の床下に骸を納めたという。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
めいが好きなアイドル・ジュリアンと、ほくろの位置までそっくりな寿庵。お寺に化け猫が住み着いてるのは確かだけど、寿庵が成仏させてあげたくて唱えたことで、逆に封じ込めていた化け猫の封印を解いてしまっていた。知らぬうちに体を乗っ取られていた寿庵は、里に下りる決意をしていたから、その後、ジュリアンに繋がる子孫を授かるんだろうな。
40代女性
とわ達は、北の山中で、旅人が行方不明になる理由を調べました。猫の妖怪が今回の相手ですが、古寺の言い伝えのは、恐ろしかったです。せつなともろはが強いので、安心していましたが、寿庵が妖怪に体を乗っ取られていたので、退治が難しかったです。とわは、犬夜叉の子供なので、妖怪だけを退治できたのです。懐かしかったです。
50代女性
3人で妖怪退治の仕事に出かけるなんて仲良くなったね、猫が妖怪なんて残念だけど可愛かったな。山寺にアイドルのような住職がいてドキメクとわが女の子らしくて可愛いです、もろははお金を稼いでいる事を知られたくないんですね余計に知りたくなります。猫たちが沢山襲ってきたり、大きな化け猫も可愛かったけど斬っても退治できないのはやっかいでしたね。せつなは住職を斬ろうするがとわは妖力だけを斬ることに成功して良かった、とわの力がどんどん凄くなって嬉しくなります。
30代男性
次々行方不明になっていたのがとてもビックリしました。化け猫に取り憑かれた村に遭遇したのがとてもビックリしました。化け猫たちを追っていたのがとても面白くてよかったです。ジュリアンに寿庵がそっくりだったのが笑えてよかったです。
30代男性
現代アイドルそっくりのジュリアン君の登場が気になるものでした。ジュリアン君そっくりの僧侶を前にやや興奮状態にあるとわの姿が珍しいものでした。化け猫対峙のお礼を少女に言われて笑顔でかえすとわが可愛かったです。30代男性

TOPに戻る↑

第7話『林檎の出会い』

夢の胡蝶を探すとわは、理玖と名乗る謎の青年と知り合う。陸に上がった海賊だといい、不思議な術を使う理玖に気前よく林檎をご馳走するとわ。そのおいしさに感動した理玖は本物の菊十文字だという刀をとわに残していく。だが、その刀は関東管領家から盗まれた物だった。捕り方に捕まったとわは、関東管領・扇谷柊の屋敷に連れて行かれる。一方、とわを探し管領家に乗り込もうとするせつなともろはの前に、妖怪・フブキが立ち塞がる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】

TOPに戻る↑

第8話『夢ひらきの罠』

関東管領家から逃げ出した妖怪・夜爪の行方を追うとわ達。夜爪は四凶の一人・窮奇の砦に逃げ込むが、窮奇は虹色真珠を夜爪に貸し「夜叉姫どもの弱みを探れ」と命じる。夜爪が使う夢開きの術で眠りに落ちてしまうとわ、もろは、竹千代。だが、眠れないせつなに術は効かない。夜爪の目論見を見破ったせつなは旋風陣で夢を攪拌する。もろはは竹千代の過去の夢を、竹千代はもろはの過去の夢を、とわはせつなの胡蝶に奪われた夢を見る。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
竹千代は、犬夜叉とかごめが殺生丸と麒麟丸からもろはを逃がそうとするところの夢を見ていました。犬夜叉とかごめはどこかで再登場するものだと思って見ていたので、もしかしたら殺されているのかなと思って少し悲しい気持ちになりました。
40代女性
とわたちが夜爪の行方を追っていたのがとても面白くてよかったです。夜爪の夢開きの術で眠りに落ちたのがとても面白くてよかったです。せつなに術が効かないのがとてもビックリしました。みんなバラバラの夢を見ていたのがとてもビックリしました。
50代女性
“虹色真珠の力で弱味を見るとは、夢を見させることなんですね。だから胡蝶のせいで夢を見ることのできないせつなに効かないのは、助かった。
けど真珠に妖気を吸われたとわの奥の手は、なかなか自滅と隣り合わせの危険な賭けでしたね。
せつなが傷ついたことで目覚めたとわの力は凄かったけど、この力が自由に使えるようになるのは難しいのかな。”
30代男性
窮奇は、恐ろしいです。妖怪の夜爪に、虹色真珠の力を使わせました。夢開きの術は恐ろしいです。もろはと、とわが、眠らされてしまいました。せつなは、夢を見ないので助かってよかったです。とわが強くなって敵を倒したのが見事でした。とわの夢の中で、かごめと犬夜叉の姿が出てきました。時代樹で、眠っているのは誰なのでしょうか。少しずつわかってきたこともありますが、まだ、なぞが多いです。
30代男性
現代から持ち帰ったものが、何の疑いも持たれず受け入れられている不思議。竹千代を餌付けしたお菓子も、移動に使っている自転車も、もしかしたら、とわが持ち帰って生まれたものかも?と想像するのも楽しいです。窮奇から虹色真珠を渡され、五つ目になった夜爪だったけれど、眠らないせつなには胡蝶は効かなくて、あっさり倒されていた。

TOPに戻る↑

第9話『冥王獣の冥福』

武将の砦を落とした謎の妖怪。その退治を引き受けたもろはに、とわとせつなが合流する。その妖怪・渾沌は四凶の一人。冥王獣を倒して鎧甲を奪い何物も通さぬ鎧を拵えたという。渾沌を父の仇だという冥福に助太刀するとわ達だが、渾沌が使う神速の術と神剣に苦戦する。渾沌の鎧に斬りかかって妖気を吸い取ろうとするとわ。しかし、鎧に妖気がないためその策が通じない。勝機を探すもろはは、冥福に「アタシの盾になれ」と命じる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
30代男性
もろはが謎の妖怪の退治を引き受けたのがビックリしました。妖怪が渾沌の四凶の一人だったのがビックリしました。渾沌が使う神速の術と神剣に苦戦していたのがビックリしました。とわが妖気を吸い取ろうとしていたのがすごいと思います。
30代男性
とわとせつなに断られたもろはの悲しい気持ちを素直に話せない心理のひねくれ具合が面倒に思えていた反面、ポツリポツリと仲良くしたい気持ちの高まりが可愛らしく、とわとせつなが来てくれた時の嬉しさ溢れた満面の笑みながら素直になれない所も素敵に思えてしまい、もろはの虜になってしまった。
50代女性
もろはの賞金稼ぎの仕事に、とわとせつなが加わったので、とてもうれしそうでした。三人ならよいコンビになると思います。渾沌は不気味で強くて、父の敵討ちをしたいと思った冥福が勝つ訳がないと思っていましたが、硬い甲羅を持っていました。でも、まさか、とわの鎧になってくっつくとは思いませんでした。最後は、とわと冥福で鎧を取りましたが、逃げられました。賞金が稼げなくて残念でした。
50代女性
退治には行かない理由を「グループとしての方向性の違い」と現代らしく答えるとわに苦笑い。夢の胡蝶探しの賞金が必要だからと、結局追い掛けて来たけれど、ただ単に自分を思って来てくれたと、喜んでいるもろはを気遣うかのように、本当の理由を告げなかったせつなに少し驚きました。
20代女性
“もろはの賞金稼ぎに利害の一致でついて行っただけだけど、もろはの性格を理解してフォローするせつなは良いですね。
仲間になってきたって感じがします。
渾沌には逃げられちゃったから、また力を付け襲ってくるんだろうけど、次こそ仕留めて賞金が手に入るといいですね。”

TOPに戻る↑

第10話『金と銀の虹色真珠』

一つの卵から二つの頭を持って生まれ、強い方がもう一つの頭を喰らうという妖怪、禍一族。金禍と銀禍の兄弟妖怪は、長年争いあうもいまだ決着を付けられず、その戦いの余波であちこちに被害を及ぼしていた。退治を頼まれたとわ達だが、兄弟妖怪に取り憑かれたとわとせつなが戦い合い、瞳の虹色真珠を奪われてしまう。金禍と銀禍は、一族の頭領の女禍に虹色真珠を献上しようとするが、女禍は銀禍を攻撃。虹色真珠ごと食おうとする。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
妖怪だろうとなんだろうと兄弟の絆は、強いものなんですね。
あの兄弟の強い想いのおかげで、せつながとわと離れ離れになった時を思い出しかけていたけど、
もしかしていずれは胡蝶関係なく、自力で記憶を取り戻すのかな?
20代女性
10話では、金禍と銀禍という兄弟の妖怪が登場しました。初めはお互いに憎み合い争っていた2人でしたが、銀禍が女禍に捕まってしまった時には金禍が必死に助けようとしていた姿に兄弟の絆を感じました。女禍を倒すことは出来ましたが、最後には2人とも消えてしまったのが切なかったです。
40代女性
金禍と銀禍の兄弟妖怪は禍一族です。二つの頭をつけて生まれて、片方を食べて育つ運命とは過酷です。でも、虹色真珠取るために、とわとせつなに取り憑くなんてひどいです。そうゆうときだけ、協力するのですから、いい加減だと思いました。禍一族の女禍は、さらに残酷です。金禍と銀禍の兄弟愛が最後に見られたことが良かったです。
40代女性
2つの頭を持って生まれて来るけれど、どちらか強い方がもう一方を食べて、ひとつになり成長する妖怪なんだと、金禍と銀禍が喧嘩を繰り広げていたけれど、2人がとわとせつなから虹色真珠を奪った途端、女禍が2人を取り込もうとして、こんな奴が一族の頭領だなんて…と切なくなりました。
30代男性
とわとせつなの持っている宝物を妖怪たちの誰もが狙っているという事に、とわとせつなが全く気付いていない鈍感力にはビックリさせられ、これまでのバカな妖怪どもの動きで理解して欲しいモノだと感じるが、どちらも抜けている所はさすが姉妹だ。

TOPに戻る↑

第11話『人喰い沼の呪い』

人も獣も鳥も喰うという人喰い沼。その沼には何かが潜んでいる。退治に向かったとわとせつなは、沼近くに住む彦丸と千代の兄妹と知り合う。二人の両親も沼の犠牲になっていた。千代達を家まで送り届けたとわ達は、兄妹のおばあさんから泊まっていくよう勧められる。彦丸達から、沼に「毒蛟」という妖怪が棲み着いていることを聞くとわ達。一方、帰ってこない二人を心配していたもろはは、沼近くでとわ達と合流、妖怪退治に加わる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
おにいちゃんだから、両親の敵を取りたいと思う彦丸の気持ちも、お兄ちゃんなんだから、妹の手を離したら駄目だと、自らの後悔と、重ねて見えてしまったとわの気持ち、両方の理解が出来て、せつなととわが人食い沼に住むであろう妖怪を、退治して欲しいと願ってしまいます。
40代女性
せつながバイオリンを弾いてもろははパンケーキを食べて現代の物を堪能していて楽しそう。緑色の沼は鳥や人を喰うみたいで兄妹と出会うけど兄が妹を置いて行こうとしてとわが怒った時は少し感動しました。せつなに寄りかかろうとしたとわが避けられてチェって言ったのが面白くて笑ってしまいました。沼にいたのは鬼の頭で体は蛇なのに沼も妖怪って人間を凄い喰っていて怖いです。とわとせつなな別の毒耐性があるなんて流石双子ですね、草むらにもろはがいるのに打ち込んじゃって笑えました。せつながびわの代わりに兄妹に弾いてあげて優しいですね。
20代女性
とわとせつな、それぞれに違う毒の耐性がって、段々と2人だからこそ倒せる敵が増えてきましたね。
敵を倒したあとに一瞬だけ、せつなが嬉しそうにハイタッチしようとしていたのが面白かったです。
最初の頃だったら、ハイタッチをする素振りすら見せなかったと思うと、本当に2人の距離は縮まってますね。
50代女性
昔はきれいな池だったのに、人喰い沼になった原因は、恐ろしい毒蛟という妖怪のためでした。両親を喰われた兄妹の思いを、せつなととわは、しっかり受け止め、その話から、妖怪退治のヒントを見つけられたのです。せつなととわは、二種類の毒の耐性が、それぞれにある事が強みでした。やはり、2人が一緒だと最強です。
30代男性
戦国時代にはなかった品物がやたらと有るのは問題ではないのかと思えてしまう構図だけでも面白く、いつもクールなせつなはバイオリンを華麗に奏で、もろはは食いしん坊を発揮してカセットコンロを上手く使いホットケーキを焼くという性格の違いがここまでもわかるのが笑えてしまった。

TOPに戻る↑

第12話『朔の夜、黒髪のとわ』

元は仙人だったが邪心を抱き妖怪に変化した妖怪、二枯仙。四凶の一人の渾沌は、夜叉姫達の始末を二枯仙に命じる。一方、山を枯らす二枯仙の退治を琥珀から頼まれたとわとせつなは、やはり退治を頼まれたというもろはと禿山で合流。待ち伏せていた二枯仙と対峙する。しかし、妖刀の刃を作れないとわは、二枯仙の仙気の毒に苦戦。髪も黒くなり人間になってしまう。それは半妖が妖力を失う「朔」がとわの身に起こったせいだった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
50代女性
もろはが二枯仙を斬り落としたのに、首だけが浮いて消えてしまった。そう思っていたら、首と体は別々に動いていて、寧ろ本体は胴体の方だった。二枯仙が現れて、とわの様子がおかしくなって行った?と思えたけれど、さくの夜だからだと冥加爺ちゃんの説明に納得でした。
50代女性
とわはニ枯仙の毒にやられて、妖力が出せず、髪の色も黒くなり、半妖ではなくなりました。毒のせいではなく、新月のさくの日になると、半妖は人間に戻ってしまうのです。もろはは同じ半妖なのにさくはないようです。夢を取られて良いこともあったようです。最後は夜が明けて、力が戻ったとわがやっつけました。渾沌にさくのことを知られたのが心配です。
20代女性
二枯仙の首が何度も生えることに対しての、もろはの感想が面白かった。
どうだ驚いただろって自慢したら、賞金稼ぎにちょうど良いとか言われたらいくら妖怪でもびっくりするよね。
そして渾沌にとわの弱点がバレてしまったから、次はどんな手で仕掛けてくるのか楽しみです。
40代女性
とわとせつなが妖怪がいる山へと行くともろはがいて偶然出会って嬉しかったです、やっぱり3人一緒が良いです。にこせんの首を斬ったのにダメージが無いなんてどうなってるんだろう、本体から首が生えてきて気持ち悪い。もろはがにこせんと交渉したのは笑えました、その最中にとわの髪が黒くなってしまってビックリで心配です。人間に戻ってしまう朔の時期が来たなんて納得です、もろはが結界を張れるなんて流石ですね。琥珀たち妖怪退治屋が山を燃やすとか強硬手段なのは大胆ですね、朝になってとわの妖力が戻ると凄く強くて格好良かったです。
30代男性
仙人だったのに邪な思いから化け物に成り果てたという話をするもろはの賞金稼ぎは邪な思いではないと考えている所が笑えてしまい、ニヤニヤする表情からとわとせつなが現れた事で稼ぎが減ると感じた瞬間のガッカリ表情と顔の七変化に爆笑させられた。

TOPに戻る↑

第13話『戦国おいしい法師』

徳の高い僧侶や神主を食う妖怪が現れた。翡翠は、父法師の護衛を琥珀から頼まれる。同行するとわとせつな。翡翠の父、弥勒はかつて何でも吸い込む風穴を右手に持っていた。しかし、奈落を滅して呪いから解放され、今は風穴がなくなっていた。ある妖怪との戦いで無力さを痛感した弥勒は、神通力を得るための千日の修行を開始。すでに二年が経つという。一方、人食い妖怪の饕餮は実は四凶の一人。虹色真珠に導かれ弥勒の前に現れる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
琥珀は徳の高い神主やお坊さんが妖に食べられる事を翡翠に話していた。
翡翠の父親は山の中にいるらしく、雲母に乗って移動していた。
父親の元に到着すると姉の玉兎も来ていた。
父親はすでに800日を超えていたが、まだ強くなったかわからないのも仕方ないとも思った。
40代男性
橋を渡る修行僧達3人だったが、そこに妖が現れた。
妖はうまそうな坊主じゃないかと恐ろしい事を言い出す。
修行僧は抵抗するが、あっさり本当に食われてしまったのは驚きでしかなかった。
妖は虹色の真珠に三蔵法師のような奴がいないかと問いかけると飛んでいた。
40代男性
修行僧が妖に襲われた。
しかもうまそうだなと言い出す始末だった。
修行僧は抵抗虚しく、簡単に食われてしまった。
琥珀は神主などを襲い、妖怪に食われている話をしていた。
無論、本当に食べてるのかと気持ち悪く思うのも当然だと感じた。
琥珀はその護衛の為に別行動となった。
翡翠は兄上の元にいくように言われていた。
40代男性
化け物がソコソコの法師だと指摘した通りに弟子である2人の修行僧に良いところを見せようと果敢に挑んだまでは良かったのに、すぐに捕まり呆気ない程にパクリと食べられて終わってしまう展開の早さには修行僧たちもガッカリした事は間違いないだろう。
50代女性
翡翠が父親・弥勒のことを疎ましく感じているのは、千日業を積んでいるなんて言い訳で、妖怪退治から逃げ出す為だったと思い込んでしまっているからだった。徳は高くないから、饕餮から狙われることはないと言い切っていたけれど、今回の件で誤解が解けたかな。

TOPに戻る↑

第14話『森を焼いた黒幕』

美しい娘、玉乃を掠い、雪山の屋敷に連れ去った山の邪神、焔。次第に嫉妬深い正体を現し、使用人や出入り商人が玉乃に声をかけただけで怒り狂って次々に殺めてしまう。座敷牢に閉じ込められた玉乃は辛くも逃げ出し、雪山で倒れていたところを理玖に助けられた。焔の退治を頼まれたとわ達は雪山に向かうが、炎を操る焔は、とわとせつなの姉妹を見ると驚く。実は二人が離ればなれになった森の火事に焔が関わっていたのだ。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
“焔は、ものすごく独占欲が強い妖怪だよね。
玉乃さんと男性が目を合わせただけで焼いてしまうとか、恐ろしすぎるでしょ。
玉乃さんも察して目を合わせないようにすればいいのに、妖怪版ヤンデレを見せられている気分でした。”
40代男性
玉乃に声を掛けただけで怒り狂って次々にあやめてしまうのがとてもビックリしました。玉乃が座敷牢に閉じ込められたのがとてもビックリしました。玉乃が雪山で倒れていたところを理玖に助けられたのがとてもビックリしました。
40代男性
村娘の中で最も可愛らしく美しい玉乃を一人占めした焔ながら、他の男性たちがちょっと見ただけで嫉妬心の塊となって始末してしまう思考の単純さには呆れてしまい、玉乃もその気にさせていると嫉妬心だけしかない言動はDVそのもので情けないと感じた。
40代男性
“とわとせつなを引き裂く原因を作った妖怪に出会うとは、とんだ偶然だったけど、2人の存在を知られると困るとはどういった意味だったんだろう。
今回は焔が自分で悲しみのあまり、自分自身を焼き尽くしてしまったから、戦いに勝つことができたけど、憎しみに囚われたとわでは今回は勝てなかったかもしれない。”
50代女性
スマホに驚くせつなが即座に始末しようと長刀を構えてしまう思考は妖怪退治屋らしさを感じたのに対して、スマホと同じようにもろはは手離せないモノとして河童の脚を満面の笑みで取り出すという対照的な構図は面白すぎた。

TOPに戻る↑

第15話『月蝕、運命の惜別』

とわとせつな、もろはの父母の殺生丸達や犬夜叉とかごめにいったい何があったのか…語り出す理玖。それは18年前、二代目宝仙鬼が犬夜叉に黒真珠を届けた日から始まった。その4年後、とわとせつなの姉妹が生まれる。しかし、殺生丸は双子を連れ去ると結界に封じて隠してしまう。双子の命を狙う者がいるからだ。半妖を嫌う者の名は是露、麒麟丸の姉だ。麒麟丸を倒すのは人間でもなく妖怪でもない存在だと予言されていた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
犬夜叉とかごめの2人が揃って登場する内容が嬉しく、犬夜叉のあまり考えもしないで行動を起こしてしまう単純さは相も変わらずなのが可笑しく、かごめも犬夜叉を操る唯一の言葉であるお座りの渾身の一撃で犬夜叉が地面に叩き付けられる無様な姿に大笑いさせて貰った。
40代男性
二代目の宝仙鬼の巨漢では人間の住む木造家屋ではとても入りきれないだけに、犬夜叉が宝仙鬼の見たいと願った技によって家を半分だけ吹き飛ばした失態が宝仙鬼を自宅に招き入れられる意外なことに役立つとはビックリで、宝仙鬼は単純な犬夜叉を唆した気もするだけに偶然だったのかと疑いたくなる。
40代男性
子沢山な母親となった珊瑚と新たな命がお腹に宿ったかごめという内容は、とわとせつな姉妹の存在でわかっているのだが、独身時代の2人を知っているだけになんだが不思議な気持ちになってしまう所が面白く、時の流れは環境を変えていくのだなと改めて感じた。
40代男性
とわとせつながもろはの父母の殺生丸たちや犬夜叉とかごめにいったい何があったのかを理玖が語り出したのがとてもビックリしました。18年前のことを話していたのがとてもビックリしました。二代目宝仙鬼が犬夜叉に黒真珠を届けた日から始まったのがとてもビックリしました。
50代女性
“とわとせつなのお母さんはやっぱりりんちゃんでしたね。
何が起きたのかってことはだいたい分かったけど、いかんせん殺生丸が心情の吐露をしないから、娘も犬夜叉たちも守りたかったのはわかるけど、
結局そのあとは殺生丸どうしているの?って思ってしまいました。”

TOPに戻る↑

第16話『もろはの刃』

もろはにはかつて師匠がいた。その名は凱風。3年前、凱風に命じられて蠱毒の坩堝に入ったもろはは、妖怪達と死闘をする羽目になる。辛くも生き延びて脱出に成功したもろはだが、その蠱毒は、実は妖賭博。命に関わる秘密のある凱風は、その解決の資金を得るため、賭博に手を出していたのだ。屍屋獣兵衛に借金をした凱風は、もろはを売り飛ばし、いずこかへ去っていた。そして、3年ぶりに元師匠の凱風が再びもろはの前に現れる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
刀を構えるもろは、せつなは薙刀を両手に持ち構えてる姿勢をみせて、とわは折れた刀を取り出して妖気によって刀に変えてしまっているが、令和時代を生きるとわだけにハイテクなビームサーベルを持っているようでハリウッドスターに思えたのが可笑しい。
40代男性
半妖であるもろはに怒り心頭となる巨漢な妖怪ながらさすがにあの洞窟では動き難いだけに、ちょこまかと跳び跳ね回れるもろはが有利に感じられただけに、もろはの師匠である凱風の創意工夫はこういう事だったのだろうと感じた。
40代男性
もろはにかつて師匠がいたのがとてもビックリしました。凱風が賭博に手を出していたのがとてもビックリしました。凱風が借金をしていたのがとてもビックリしました。もろはを売り飛ばしたのがとてもビックリしました。
40代男性
もろはの師匠である凱風が最後の試練のように話したまではいいが、もろはに最後に掛けた言葉が創意工夫というわかるようで、全く意味不明な言葉には何をしたらいいのかサッパリわからず、最後は弟子のもろはに責任まで丸投げした格好に見えたのが笑えた。
50代女性
いつもおどけていて明るいもろはながら半妖怪だけに危機的な状況となると妖怪の血が騒ぎだして人の心を失くしてしまうとは危険極まりなく、それを抑えるための紅だったとはビックリで、もろはは逆に捉え使っていたとは知らない事は危険だなと感じた。

TOPに戻る↑

第17話『二凶の罠』

砂地に描いた方陣に剣先で線を引く渾沌。とわ達、夜叉姫を葬る策を練っているのだ。理玖はその手助けを申し出る。人食い妖怪の饕餮が出たという噂を理玖から聞いたとわ達は退治に乗り出すが、それは罠だった。饕餮に誘い出されたとわ達は涸れ谷に迷い込む。方術で形成された八陣遁甲の陣に取り込まれるとわ達。渾沌が操る遁甲盤の働きで、もろはが断崖絶壁から抜け出せなくなり、とわとせつなも平原での立ち往生に追い込まれる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
もろはが多額な借金返済のためには妖怪退治が必要だか倒せない相手ではさすがに掃除ぐらいでもしなければ仕方なく、ここぞとばかりに小姑のような口調でホコリが残っていると言い出す竹千代の憎たらしさが笑えてしまい、もろはの残念な立場であるとよくわかるのが面白い。
40代男性
おむすび山と結び山というおの字が付いていないだけで全く違うモノになるというのが笑えてしまい、とわのはやる気持ちが自己都合に合わせた言葉の捉え方をしてしまう所が人間の身勝手な行動と思えるのも愉快で、一緒に来たせつなは淡々としている性格を更に際立たせていた構成が面白い。
40代男性
もろはをいつも背中に乗せて飛んでいる竹千代の飛んでいる時の速度はゆっくりとしていただけに、逃げる妖怪を追いかけるに遅いと考えていたのに、今回は木々を避けながら追い詰める寸前までに高速だったことにビックリでやる時にはなるものだなと感心した。
40代男性
バイオリンを演奏するせつなの美しさにはウットリとさせられ、その音に合わせるように語るとわの口調も素晴らしく、面白く可笑しい場面が多い物語とは思えないのは、コミカルキャラクターのもろはがいないからと思えたのが笑えてしまった。
50代女性
とわたちが夜叉姫を葬る策を練っていたのがとても面白くてよかったです。理玖が手助けを申し出たのがとても面白くてよかったです。とわたちが涸れ谷に迷い込んだのがとてもビックリしました。もろはが断崖絶壁から抜け出せなくなったのがとてもビックリしました。

TOPに戻る↑

第18話『殺生丸と麒麟丸』

夢の胡蝶と麒麟丸の関わりや虹色真珠のいわれを知る渾沌は、招喚した青鬼にとわとせつなを襲わせる。一方、もろはは虹色真珠を取り込んだ饕餮に苦戦するが、何故か陣が消えた。八陣遁甲の幻惑に対し妖気の流れを嗅ぎ分けろというせつな。とわは妖気の渦を見切って斬る。打撃を与えられた渾沌は、とわがかわした青鬼に頭を食われて果てた。陣が消え、不利を悟って逃げる饕餮。追うとわ達だが、眼前に麒麟丸が出現。殺生丸も現れる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
もろはは澄ました顔をした腹黒い理玖の事はどうでもよく、賞金が稼げる物怪の首が必要という考え方が面白く笑えてしまうが、もろはの戦いで身に付けた直感が理玖を悪者であると無意識に判断していると考えられるのがイイ。
40代男性
殺生丸がとわとせつなの前に現れたのですが、何を考えているかわからな感じにもやっとしました。でもなんだかんだ娘だからなのか殺生丸なりのやり方で娘を守っている感じもするので、どっかで殺生丸の行動の理由がわかるときが来れば良いなと思いました。
40代男性
とわとせつなにもろはの連携する戦いぶりは美しく華麗で見とれてしまう凄さは感動的でいつもこの調子ならば無敵なのにと思えてしまうだけに3人の連携エピソードをもっと増やして欲しい。一人で寂しく待っていた竹千代がもろはに責め立てられるように化けろと言われる様子だけは可哀想でならない。
40代男性
とわは令和時代を生きていた現代っ子だけに剣術も剣道というスポーツというルールのある競技だけに、妖怪と命懸けに戦うせつなとは考え方が違うために戦国時代の感覚をとわに確りと教えないと今後の行く末が危ないと理解している所が素晴らしく感じた。
50代女性
青鬼にとわとせつなが襲われていたのがとてもビックリしました。もろはが饕餮に苦戦していたのがとてもビックリしました。とわが妖気の渦を見切って斬るのがすごいと思います。饕餮が逃げたのがとてもビックリしました。

TOPに戻る↑

第19話『愛矢姫の紅夜叉退治』

関東管領家に呼び出された翡翠は、姫の愛矢から「合戦に勝利すれば召し抱えにしてやろう」と持ちかけられる。頭の琥珀の不在中に勝手に引き受けた翡翠はせつなに相談。せつなはとわに内緒で荷担することに。合戦相手は賞金稼ぎの一団で、その中にもろはが入っていたからだ。合戦当日、出がけに口を滑らせるもろは。とわはもろはを心配してせつなを探し始めるが、当のせつなは退治屋達と共に合戦場で賞金稼ぎの一団と対峙していた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
物怪を退治する組織に所属する翡翠ながらまだまだ駆け出しと言っていいくらいのレベルで、呼び出した関東管領の愛娘の姫である愛矢もお嬢様気分ばかりが目立つまだまださとなっていて、どちらもあるのは若さだけという部分に笑えてしまう。
40代男性
とわとせつなは愛矢姫のわがままで敵味方に別れて合戦をすることになるのですが、せつな側の妖怪退治屋がとわ達に向かって容赦なく爆弾を連投していたのには笑ってしまいましたし、合戦とは言えやりすぎだろと思いました。
40代男性
翡翠が関東管領家に呼び出されたのがとてもビックリしました。翡翠がせつなに相談していたのがとても面白くてよかったです。せつながとわに内緒で加担することにしたのがビックリしました。とわがもろはを心配していたのが優しいなと思います。
40代男性
“正直このアニメって何を最終目的に戦ったり、旅をしたりしているんだろうって考えてしまうくらいの茶番回でしたが面白かったです。最初からとわに知られたくないなら、完全に気がつかせない方法があっただろうに、せつなが真面目にバカやってるのが笑えました。”
50代女性
“とわだって事情を説明すれば、退治屋さんにはお世話になってるからって協力してくれたと思うけどな。知らないで駆けつけたら、そりゃ2人とも何してるのってなるだろうし、無駄にとわのこと心配させて、何がしたかったのか分からないけど、もろはの仲間は役立たず過ぎる。”

TOPに戻る↑

第20話『半妖の隠れ里』

ある谷へ向かうせつな。ついてきたとわは、そこがかつて幼いせつなが暮らしていた里だと教えられる。そこは百鬼蝙蝠と人間の間に生まれた半妖・紫織が結界を張って守り多くの半妖の子供たちを匿っていた隠れ里。せつなはその里でしばらく暮らした後、楓の村で暮らすが、再び隠れ里に戻っていた。だが、ある日、結界を張る半妖が妖力を失うのが蝕の日だと調べをつけた蛾ヶ御前が手下を連れ、半妖の子供たちを食おうと襲撃してくる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
過去にせつなが妖怪の力を弥勒に封印してもらった経緯がわかったのが面白かったです。自分の大切な仲間を守るために力を暴走させているのを見て、改めてせつなという人物は心が優しい人物なんだと思わせてくれて嬉しい気分になりました。
40代男性
半妖の夜叉姫 第20話では、せつなの過去について明かされました。これまで楓の元を訪れる以前の話は出ていませんでしたが、今回で半妖の隠れ里で過ごしていたことが分かりました。里を出たあとも変わらず気にかけている様子から、登場時のクールで冷たい印象から一変し、情が深くやさしい印象を感じました。とわが令和の時代で家族と過ごしたように、せつなもまた半妖の隠れ里で、家族と呼べる存在と過ごしていたのだな、と心が温かくなる話でした。
40代男性
せつなが暮らしていた里だったのがとてもビックリしました。半妖の子どもたちをかくまっていた隠れ里だったのがとてもビックリしました。蛾ヶ御前が手下を連れて半妖の子供たちを食おうと襲撃してきたのがとてもビックリしました。
40代男性
“せつながとわと別れたあとにどうしていたか分かってよかったです。
半妖の子供が集まる里があるんですね。そこで殺生丸らしき人物からの支持を受けて特訓して強くなるせつなが可愛かったです。しかも定期的に今も顔は出さないまでも、里を守ってるのは素敵でした。”
50代女性
“勝手にとわが付いてきたって言う割には、ちゃんとせつなの生い立ちをとわに話してくれるせつなは、本当に丸くなりましたね。
どういうふうに育ったのかもわかったし、何故弥勒に妖怪の力を封印されたのかも分かって良かったです。”

TOPに戻る↑

第21話『虹色真珠の秘密』

時は鎌倉時代。犬の大将の死を悲しんだ是露は心も涙も妖力も捨てると四魂の玉に願いをかけ、流した涙が強い妖力を秘めた七つの虹色真珠になった。理玖はその真珠を是露のため密かに集めていた。朔の夜、妖力を失い黒髪になったとわは楓から母りんの話を聞く。りんはとわ達を生んだ後、姿を消したという。深夜、夢の胡蝶を見かけたとわは、理玖と再会。そこへ、朔のとわを狙って饕餮が襲撃する。理玖はとわを守ろうとするが…。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
ただ七色真珠を奪う為だけなら、饕餮の攻撃からとわを庇う必要性はないはず。何故とわを守りたくなるのかは理玖にも判らなくて、逆に愛しているならとっと殺すべきなんですと言っていたのは、姐さんを思うが故の葛藤からなのか。
40代男性
愛とか恋とか良く判らないけれど、理玖のことが好きだよと伝えたと思ったら、自分の銀色真珠を渡したとわ。彼が何故自分を「生き物としては紛い物」と言ったのかは判らなかったけれど、私だって半妖なんだからと笑ったとわを見ていたら、理玖が守りたくなった気持ちが判る気がしました。
40代男性
理玖が真珠を密かに集めていたのがとてもビックリしました。とわが妖力を失い黒髪になったのがとてもビックリしました。とわが楓からりんの話を聞いていたのがとても面白くてよかったです。りんはとわたちを生んだ後姿を消したのがとてもビックリしました。
40代男性
“虹色真珠ってああゆう原理で出来たんですね。麒麟丸から打ち捨てられたって理玖は言っていたけど、何かやらかしたんだろうか。
本当に是露に虹色真珠を返したいんだったら素敵だけど、なんとなく理玖のことだから裏があるんじゃないかって思ってしまいますね。”
50代女性
“とわの理玖に対するあの言葉って、普通だったら恋愛とか勘違いされそうだけど、とわのことだから単純な好き嫌いの話なんだろうな。
結局簡単に虹色真珠あげちゃった上に笑い話になっていたけど、虹色真珠の重要度ってどうなっているんだろうね。”

TOPに戻る↑

第22話『奪われた封印』

麒麟丸を脅かす半妖の娘達を憎む是露は、とわを操り、弥勒が施したせつなの封印を解いてしまう。妖怪の血のたぎりに抗えず暴走するせつなに、とわは妖力を吸い取ろうとするがうまくいかない。もろはは国崩しの紅夜叉となって対抗するが、妖怪化したせつなの強さに苦戦する。弥勒の娘で法力に長けた金烏は、せつなを助けるよう命じられ、弟の翡翠と共に戦場に駆けつける。とわは、せつなの懐に飛び込みその動きを止めようと試みる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
せつなの薙刀の刃先をもろはに研いで貰っているという光景は仲の良い感じが素晴らしかったのに、もろはのイマイチという何気無い一言に一気に対峙するモード全開となる喧嘩するほどに仲が良いというパターンになる2人が笑えてしまい、それを側で見守るとわの苦労がよくわかるのも面白い。
40代男性
是露によって弥勒が封印していたせつなの封印が解かれることになったのですがいまいち狙いがわかりませんでした。せつな達と麒麟丸を戦わせようとしているように見えたので、麒麟丸が生き生き戦闘している姿をみたいだけなのかなと思いました。
40代男性
麒麟丸と犬の大将が戦っていた時代に是露はこの戦いを憂いていたけど関係は良好だったみたいで微笑ましかったです。是露が弥勒に会いに来て修行の成果を奪うなんて可愛そ過ぎる、せつなの封印を解くなんて怖いです。是露はせつな本人に接触して来て封印を解いてしまって大変、とわが暗示に簡単に掛かってしまったのは心配です。麒麟丸の姉だけあって強いですね、蜘蛛の糸を使って防御されるし逃げてしまって残念です。せつなが暴走して背中から蝶の羽みたいなのが出てきたのはビックリ、翡翠と金烏が来てくれて安心です。とわがせつなを呼ぶ声に感動します、せつなもとわの声に気づいて姉妹の絆に泣いてしまいました。現代の希生やし先生が何者なのか気になるし草太パパに近づいて心配です。
40代男性
麒麟丸の姉の是露は恐ろしい力があります。とわ達の母ともつながっているらしいので、退治することもできません。とわが操られてしまい、せつなの封印も解いてしまいました。妖怪になったせつなは、ものすごい力で制御できません。空まで飛べてますます強くなって驚きました。でも、とわが後ろから抱きしめて話しかけると、声が届いたのです。姉妹の力は強いです。金鳥が封印しましたが、まだ完全には抑えられていないのが心配です。
50代女性
理玖が語っていた優しい姐さん像とは、全く違うように見えたけれど、きっと生き物としては紛い物の自分にも、優しくしてくれたという意味なんだろう。是露がせつなの封印を解く為に、とわを利用することが判っていたから、愛してるならとっとと殺すべきなんだと呟いたように思えました。

TOPに戻る↑

第23話『三姫の逆襲』

せつなととわは、もろはを雇い、是露退治に乗り出す。あずさのゆみはりを手がかりに是露を見つけ出す三人の前に、理玖が立ち塞がる。理玖が語った「主」と世話になった「アネさん」が、麒麟丸と是露だと知り驚くとわ。一方、その戦場はかつて犬の大将が死んだ地。そこに全ての虹色真珠が揃ったと聞き、憤った是露は真珠の持ち主だと名乗り、増幅した妖力でとわを狙う。止めようとしたせつなは腕の血刀で是露に斬りつける。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
とわとせつなにもろはだけが時代を行ったり来たりと出来るモノと考えていたが、ヤバい雰囲気の漂う麒麟丸も易々と行き来していて現代ではとわの通う学校の先生に成りすますとはビックリで、演技も大したモノで全部の才能を持っている設定はヤリ過ぎだ。
40代男性
希林先生は肉眼では見えない彗星が見えるようだし、戦国時代の麒麟も同じ景色が見えるようで不思議ですね。殺生丸の母が登場したが美人で殺生丸に似ています、孫の事は半妖だから気に入らないようで話し方に貫禄があります。是露を退治しに3人で攻撃して激しい戦いは見ごたえがあります、理玖もいるけど虹色真珠が全部揃ったと言って何やら企んでいてハラハラします。虹色真珠は是露の涙だったとは驚きだし、是露の元へ真珠が集まってせつなが倒してしまったのもビックリですね。是露とリンが繋がっているのもビックリだけど殺生丸が助けてくれて良かったです。麒麟丸まで現れて大妖怪達の思いが交錯して面白いです。
40代男性
せつなととわがもろはを雇い是露退治に乗り出したのがとてもビックリしました。理玖が立ち塞がるのがとてもビックリしました。戦場が犬の大将が死んだ地だったのがとてもビックリしました。せつなが腕の血刀で是露を斬りつけるのがすごいと思います。
40代男性
せつなは是露に妖怪の力を呼び起こされて血刀が消えません。きっと使う時が来ると思います。せつなととわは、もろはを雇って是露を退治することに決めましたが、理玖も是露に味方して、なかなか手強いです。虹色真珠は是露の涙だったのです。でも解放された血刀で是露は倒れました。とわたちの母とつながっているのが気がかりです。
50代女性
とわとせつながもろはを雇い、是露の元へと向かったけれど、ここに全ての虹色真珠が揃ったと理玖が告げたら、是露が怒りだした理由が判らず、なのに、殺生丸に生き返らせられたら、今度は虹色真珠を使うと言う。この場所だから使いたくなかったのか、それとも自分の涙だから使いたくなかったのか。

TOPに戻る↑

最終回/第24話『殺生丸の娘であること』

戦場に降臨した麒麟丸は、殺生丸の天生牙に姉が行った無礼を詫びると、七つの虹色真珠を彼方へ飛ばしてしまう。弟の態度が許せない是露は麒麟丸に絶縁を言い渡すと、その場を去ってしまう。麒麟丸の腹に剣を突き刺し、是露を追う理玖。殺生丸も是露を追う。同じ頃、天下の名刀「ゆかりのたちきり」が生み出されると言う刀々斎が邪見と共に戦場へ急ぐが…。麒麟丸と対決したとわ達は、圧倒的な力の前に大きな代償を払うことになる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代男性
麒麟丸がせつなを殺したことによってとわとせつなの2人の能力が覚醒し麒麟丸に大きなダメージを喰らわすまでに成長したのですが、まさかせつなが死ぬような展開になると思っていなかったのでものすごく悲しい気分になりました。
40代男性
“最終回らしく迫力満載の戦闘シーン、とわともろはの妖怪としての覚醒演出が素晴らしかったです。
まさかのせつなが死亡のバッドエンドで終わるのかと思ったけど、2期があるということで、せつな復活楽しみに待ってます。”
40代男性
とわとせつなは麒麟丸と対決しました。でも、とわたちがどんなに向かっていってもかないません。どうなるかドキドキしました。すると、せつなの刀が折れ死んでしまいまし。最後の戦いは、壮絶でした。もろはは紅夜叉になり、とわは真の力を発揮しました。でも、麒麟丸には勝てませんでした。殺生丸が現れたので、きっとせつなを生き返すことができると思います。戦いはまだ終わっていないと思いました。
40代男性
殺生丸が現れたから、娘たちを助けるのかと期待したけれど、あっさり是露を追う為に消えてしまったのは、やっぱり二人が半妖だからなのだろうか。結局、麒麟丸対とわ・せつな・もろはの戦いになったけれど、せつなだけが刺されて、2期へ続く形で終わったので少し消化不良でした。
50代女性
腹黒い思惑があると感じている麒麟丸ながら礼儀を重んじるという粋な姿勢は素晴らしく、凄まじさを漂わす雰囲気には驚かされてしまい、文武両道とは麒麟丸のような者に使うのだろうと思えてしまうだけに全うであれば最強なのにと残念に思う。

TOPに戻る↑

第25話『天生牙を持つということ』

麒麟丸との戦いで、せつなが命を落とした。深く悔いるとわの前に現れた殺生丸は「せつなを生かすも殺すも、お前次第だ」と折れた天生牙を手渡す。とわは菊十文字のように妖気の刀身を作り出そうとするが、天生牙の刃は伸びない。逆に妖気を失っていくとわの髪が朔の夜のように黒く変わっていく。せつなを生き返らせる事は無理なのか? 刀々斎は、せつなの腕の血刀に相応しい薙刀の拵えを冥土の土産にと瑠璃玻璃と灰土で作り出す。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
天生牙によってせつなが復活したのは嬉しい展開だと思いました。天生牙は折れていて妖力を吸収させ刀身を妖力で作っていたのですが、麒麟丸との戦闘後で満身創痍の状態だったので上手くいくかどうか不安でしたが見事に成功できて良かったと思いました。
40代女性
そういえば前回は麒麟丸との戦いの結果、せつなが亡くなってしまったんでしたね。すっかり忘れていて、初めての知ったかのような衝撃を受けてしまいました。
当然とわが頑張ればせつなを生き返らせる事ができるって流れになるとは思ったけど、
正直とわともろはの2人じゃ色々な面で見ていられないから、生き返ってもらわないと困るよ。
40代女性
麒麟丸に斬られてしまったせつなは、とわをお姉ちゃんと呼びながらそのまま息を引き取った。激しい怒りで麒麟丸に勝負を挑んだとわだけれど、結局勝敗がつく前に麒麟丸が消えてしまって、それと同時に天生牙を持った殺生丸が現れて、何故こんなに2人を試すことをするのか、今はまだ殺生丸の意図が読めませんでした。
40代女性
せつなを倒されたとわが麒麟丸に立ち向かって行ったけど負けてしまって、もろはも謝っていてのは切ないですね。父親の殺生丸が天生牙を差し出してとわを試すような事を言うなんて味方なのに厳しすぎます。夢の胡蝶が何故現れたのか不思議で知りたいけど殺生丸が余計な事を考えるなと言ったら素直に従ってしまいますよね、刀々斎と邪険に余計な事を言って叩かれているもろはが笑えます。とわが自分の妖力の全てで刀を顕現させ黄泉の国からの使者も見えているのに一歩も動けないなんて可愛そう、刀々斎が仕事を始めてもろはは魑魅魍魎たちを相手にしなきゃいけないし大変、雲母が手助けして可愛いです。とわは倒れるし皆はやられてしまうし殺生丸は見守ってるだけで何もしないからハラハラしたけどせつなが間に合ってくれて良かった、生き返ってくれて嬉しかったけど呆気無く解散になって笑えます。刀々斎は優しくて色々と教えてくれて良い妖怪でしたね、もろはは地団駄を踏んで子供みたいで面白かったです。
40代女性
新しいシーズンが始まりワクワクしていたが、前回の戦いでせつなが敗北し命を落とした状況からと思い出させられる展開は切なく、一体どのような展開になるのか予想ができない惹き付けられる構成のスゴさに圧倒される。

TOPに戻る↑

第26話『海の妖霊』

刀々斎からの伝言にあった、麒麟丸に立ち向かうための武器・吸妖魂の根を探しに海岸の村を訪れたとわは、長く美しい髪の女の人を襲う『海蛇女』の噂を聞く。元々はあたりの海を守る『わたつみのたまひ』という妖霊だったらしい。一方、もろはとせつなが助けた海辺の尼寺の尼こそ、その海蛇女だった。その目を見ると石に変わってしまう海蛇女相手に、有効な攻撃ができず窮地に陥る二人だが、そこへとわと退治屋達が駆けつける。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
高橋留美子も、うる星やつらの頃はギャグマンガだったのに、めぞん一刻でラブロマンスに、近年の犬夜叉でバトルロマンスに、テーマを変えつつ長いことやっていて、今回の作品だ。犬夜叉を思い出させる内容だな。作画も本質は変わっていないが、昔よりも綺麗に仕上がっている。現代補正が効いているな。
40代女性
“とわの武器を手に入れるために吸妖魂の根を探すっていう、やっとこのアニメで目的らしい目的に向かって旅が始まったけど、
海蛇女の目を見ると石にされてしまうからって、サングラスかけたりとか、相変わらず突っ込みどころが満載でした。”
40代女性
海蛇女という妖怪は、昔は人を救っていたのに、ある時から長く美しい髪の女性を襲うようになりました。海蛇の姿の時に、大好きだった助けた人に殺されてしまったのです。悲しい出来事です。でも、退治するしかないのです。もろはとせつな違っととわが助けに来ました。理久も見方をしたのが良かったです。
40代女性
虹色真珠のことをまだまだ諦めていなかった理玖。急いで探さなければとは、殺生丸側よりも早く手に入れたいからだけなのか。竹千代が海蛇女の目を見ない為の盾に利用されていて、その為にコロコロ転がされていた姿は、笑わずにはいられませんでした。
40代女性
とわが目覚めた時に甦ったせつなとの再会を堪能しようと考えた時に、せつなはどんな時にも自分自身の態度を変えないクールさでとわの思いをぶち壊したが、その前から既に爆睡を続けるもろはの姿で台無しになっていたのが笑えてしまい、しんみりが似合わない3人娘だと面白く感じた。

TOPに戻る↑

第27話『銀鱗の呪い』

十四年前に是露がりんにかけた銀鱗の呪い。呪詛がかかった銀の鱗に全身を覆われると、りんは死んでしまう。その進行を遅らせる手立てを時代樹の精霊から聞いた邪見は、森の火事でとわと生き別れになった幼いせつなの首筋に夢の胡蝶の蛹を取り付けるのだった。一方、朴仙翁を探すとわ達だが、殺生丸の娘を狙う妖怪達が追ってくる。二人を先行させて一人立ち向かうせつなだが、理玖が現れ妖怪を勝手に退治。せつなはその真意を質す。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
褒め殺し作戦で朴仙翁から情報を聞き出そうとするもろはの口の上手さに笑ってしまって、あなたくらいのお方であれば判らないことなどありませんよねと、結果的には「きゅうようこんのね」はむすび山にあり、あの山だと場所まで喋らせてさたのはさすがでした。
40代女性
殺生丸の家来なのかはよくわからない邪険に扱われている存在の邪見ながら、りんの身に起こった全てのことを知っている家臣らしさを漂わせる所が面白く、それでいて何一つできない存在である所が邪見らしさが溢れる様子は笑えてしまう。
40代女性
とはの新しい刀を作る為に吸妖魂の根を探すけどもろはが持ってくる情報は怪しくて笑えます。りんに是露が呪いを掛けて娘達を狙っているなんて酷いですね、呪いの進行を止める為に時代樹を頼ったとは納得です。森を焼いたのも是露が犯人だったとは酷いです、りんの時を止める為に夢が必要でせつなを選んだとは切ないですね。三匹の大きな鬼がせつなに襲いかかってハラハラしました、理玖が助けてくれたけど虹色真珠が目的だったのは残念ですね。とわを助けたかったとはご執心のようでキュンとします、朴仙翁の場所を教えてくれるなんて優しいですね。もろはが上手い事情報を聞き出して笑えます、理玖は麒麟丸の角から生まれたのはビックリだけど是露は二度と会いに来るなんて酷いです。山に向かった3人は結界が難しいと思っていたのに山は不穏な雰囲気で怖いですね。
40代女性
14年前、麒麟丸の姉の是露が、トワたちの母のりんに銀鱗の呪いをかけました。邪見は呪いの進行を食い止めるため、時代樹に移したのです。りんを守るため、殺生丸は麒麟丸と是露を退治することができませんでした。刹那が眠らないのもそれが関係しています。悲しいつながりがわかってきました。理玖はせつなが危ない時に助けてくれました。いったい理玖は敵なのか味方なのか、まだわかりません。
40代女性
本当に2期になってやっと物語が動き出しましたね。
正直1期で物語の鍵になっていた夢の胡蝶探しは、せつなが自力でとわの記憶を取り戻したし、
誰もその話題に触れないから、解決したことにされてしまったのかと思っていたので、今回その話に触れてくれてよかった。

TOPに戻る↑

第28話『』

 

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新

『半妖の夜叉姫』期待の声

20代女性
私は殺生丸の子どもの話と聞いて絶対に見ると心に決めました!理由は犬夜叉のキャラクターの中で一番好きなキャラクターが殺生丸だからです!殺生丸に子どもがいることに驚きを隠せません!ストーリーに胸が高鳴ります!
20代女性
「犬夜叉」のアニメシリーズをすべて見てきたファンの私にとって、この「半妖の夜叉姫」といったアニメが始まると知った時、また再び犬夜叉の世界観に触れられることをとても嬉しく思いました。どんなストーリー展開になるのか見当もつかないので、ワクワクしながら放送開始日を待とうと思います。
30代男性
生粋の妖怪である殺生丸と人間と妖怪の血を受け継ぐ犬夜叉の子孫が繰り広げる物語という設定が面白さを感じさせ、殺生丸と犬夜叉の不仲な兄弟とは違い仲がよさそうな雰囲気と子孫が全て女性で構成された設定が賑やかになりそうで楽しみな番組が増えたと期待が高まっています。
20代女性
犬夜叉の続編ということで、犬夜叉ファンとしてはそれだけでも期待できます。また今回の主人公はかごめと犬夜叉の子供と、殺生丸の子供という事でどうストーリーが進むのか、犬夜叉達はその後どうなったのかを描いてくれるのかどうなのか気になる所です。
40代女性
ゲームの「ドラゴンクエスト」を1度もしたことがないけれど、入り込めるかな?と心配したのですが、アニメストーリーはオリジナルと言う事なので、何の知識もないまま観てみようかなと思っています。今までもゲームを知らなくてもアニメは好きになったので期待しています。