(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

ゲッターロボ アーク

ゲッターロボ アーク

\この作品を見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
配信あり
見放題
31日間無料!

※このページは2021年7月現在のものです。

放送 2021年7月4日(日)~
AT-X・TOKYO MXほか
話数 全-話
制作 Bee・Media
声優 流拓馬:内田雄馬
カムイ・ショウ:向野存麿
山岸獏:寸石和弘
神隼人:内田直哉
流竜馬:石川英郎
車弁慶:梁田清之
タイール:佐々木望
早乙女博士:菅生隆之
敷島博士:多田野曜平
伊賀利隊長:岩田光央
大女王メルドウサ:朴璐美
コーメイ:土師孝也
マクドナルド:立木文彦
流りょう:島本須美
ハン博士:緒方賢一
OP「Bloodlines~運命の血統~」JAM project

ED


ストーリー

生存か。消滅か。
流拓馬(cv内田雄馬)と山岸獏(cv寸石和弘)は、埋立地のゴミの山の上に立っていた。
目の前には、上空から墜落したロボット=ゲッターD2の機体がある。
世界は荒廃していた。
19年前――。世界は、“蟲”のような謎の敵の襲撃を受ける。その戦いの中で、主要都市は壊滅状態に陥ってしまう。各国は戦力をシベリアに集結させ、敵との決戦に挑んだ。流竜馬たちの乗るゲッターロボも、その中にあった――。

日本、現在。浅間山麓にある早乙女研究所の指令室で、神隼人(cv内田直哉)は戦況を見つめていた。そうだ、戦闘はまだ続いているのだ。その隼人のもとに報告が入る。墜落したゲッターD2が動き出したのだ。モニターに映った見知らぬ若者は「流拓馬」と名乗る。あの時、ゲッターロボとともに決戦に向かった流竜馬の息子だった。拓馬は、ゲッターD2を一気に上空へ飛ばし、敵との交戦に入った。隼人は待機していたパイロット、カムイ・ショウ(cv向野存麿)に命じる。「ゲッターアーク、出撃!」
新たなゲッターロボ、ゲッターアークの機体が大空を切り裂いていく。
ゲッターアークの戦いは、ついに始まった。
この戦いの果てに待っているのは、生存か、消滅か――。

みどころ!

見どころはロボットアニメの代名詞として知られるマジンガーZと並ぶゲッターロボシリーズの続編にあたり、これまでの主人公だった流竜馬の息子である流拓馬が活躍するなど新たなゲッターロボが見れます。また、神隼人などこれまでのシリーズのキャラクターも登場するので、ゲッターロボファンが多い親世代の方も楽しめ、新たに登場するキャラクターも様々な過去や事情を抱えているなど魅力的なキャラクターが多いので老若男女楽しめるアニメになっています。そして、ロボットアニメらしい迫力ある戦闘シーンや必殺技のシーンは見どころの一つとなっており、さらにすでに一部の声優が発表され、内田雄馬や内田直哉など豪華なキャストとなっているのも期待が持てます。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

配信あり
見放題

31日間無料!
dアニメストア 配信あり
見放題
31日間無料!
配信あり
見放題
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『天の鬼』

19年前の大戦終結から復興もおぼつかない地球。早乙女研究所とゲッター線の研究を受け継いだ神隼人は謎の敵から地球を守るためD2部隊を組織していた。強力な敵を前にD2は苦戦。新たなるゲッターロボ・アークは完成していたが、それに見合った能力を持つパイロットは、まだカムイ一人しかいなかった。パイロットはあと二人必要だった。一方、母の仇を追う流拓馬は手掛かりを追い、相棒の山岸獏と共に早乙女研究所を目指していた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
荒廃した町が物悲しいけど拓馬と獏は研究所を訪ねると正面からぶつかっていって荒っぽい声を上げるのは男性漫画という感じですね。寄ろうと思ったコンビニで不良達が暴れているのを静かにさせたのはスカットしました。ゴム山でそこに住んでいる人達にボコボコにされるし刺されてしまうしで酷いけど何とも無いのは不思議ですね。ロボが降りて来て二人が乗っ取ってしまったのはビックリだけどお目当てはこれだったようで何をするのかワクワクしました。拓馬がロボに乗り込んで戦うとは凄いですね、研究所からは建物が出現してゲッターロボ・アークが出動して気分上がります。もう一人のパイロットは人間じゃないみたいで早く詳しい情報が知りたいです。
40代男性
“19年前の大戦から地球の復興は進んでいなかった。
拓馬はゲッター研究所に訪れていたが、守衛に阻まれていたが、とにかく責任者に会わせろとケンカ腰に話していた。
獏は拓馬とコンビニを見つけたが、いきなり襲われていたのは面白い。”
40代男性
“大戦から19年過ぎていたが、地球は復興に時間がかかっていた。
拓馬と獏はコンビニを見つけるのだが、そこに強盗が襲っていたが、2人で強盗を退治してしまう。
しかし、弁当の値段が3000円とかかなり高価になっており、かなり食事にも厳しい時代のように思った。”
40代男性
“地球は以前の大戦からの復興に時間がかかっていた。
食事にも厳しい環境にあるようで、コンビニさえ泥棒が押しかかってくるやばい時代だったと思う。
拓馬と獏は争っている時に、上空からゲッターロボが落ちてきたのは驚いてしまった。”
40代男性
“拓馬は獏とゲッター研究所に来ていたが、門前払いされてしまう。
仕方なく、別の方法を模索するのだが、荒廃している地球では争いが起こっていた。
争っている最中に空からゲッターロボが落ちてきた。
そのロボに拓馬が乗りこんで操縦していたのはすごいと思った。”

TOPに戻る↑

第2話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新

『ゲッターロボ アーク』期待の声

真ゲッターの頃からのファンです。新たな声優を投じて、またあの熱い闘いが繰り広げられるのかと思うと夏が待ち遠しいです。PVの熱い演出を見る限りでは、今回もかなり力が入っているのでは!?と期待が膨らみます。また、オープニングテーマがあのJAM Projectという点が作品への熱さを増長させています。ゲッターのオープニングテーマはどれも素晴らしく燃える曲ばかりなので今回も楽しみです。熱い季節をさらに滾らせる作品になるだろうと思います。私も心を沸騰させながら試聴したいです。(20代女性)

往年の合体ロボがアニメとして現代に蘇ったのは昭和を感じられて懐かしいです、ゲッターロボシリーズの最終章のようなのでどんな作品になるのか楽しみです。最初の作品は生まれる前なので見たこと無いですが、現代の技術で映像も綺麗に見せる技術も素晴らしいものに変化されて見せつけてくれる事を期待しています。主人公の拓馬は父親がゲッターと関係しているらしく母親の敵討ちを目的にしているようだし、他のゲッターロボのパイロット達にも事情があるようで人間模様も楽しめそうです。合体ロボのメカニック達が柔軟に飛び回り戦う姿が見られる事に注目したいです、パイロットとロボの相性とか操縦の仕方とかどんな機能があるのか色々とチェックしながら見たいと思います。原作は未完のままみたいですがアニメではゲッターロボの戦いに終わりが来る事を期待したいです。(40代女性)

初代ゲッターロボからずっとみているゲッターシリーズの最新作が出ると聞いてとっても楽しみにしています❗前作か前々作のような博士自身がゲッターに乗り込んで主人公達と戦うような胸アツなシーンを今回も期待しまたゲッターもどんな風にパワーアップしていくのが楽しみでなりません。出来る事なら初代ゲッターの神谷明にもボスの声優として出てきて欲しいのですがそれは叶わないとは思います。
スーパーロボット大戦にもその内参上するのは間違い無いと思うので先にアニメで予習します❗(40代男性)

今作のアニメ「ゲッターロボアーク」では本来のゲッターロボの野性的な部分が出ていて良いなと個人的に思います。永井豪さん原作作品なだけあってキャッチコピーも「生存か。消滅か。」というネットフリックスで公開されている同じ永井豪さん原作のアニメ「デビルマン:クライベビー」を彷彿とさせる作風になっているのではないかなと思いました。ゲッターアークのデザインもかなりカッコ良くて赤いデビルマンのような感じがして最高です。(20代男性)

マジンガーZと並ぶスーパーロボットアニメの金字塔「ゲッターロボ」の最新アニメ化で、原作者の石川賢氏が急逝してために原作が未完のままになってしまったためにそのアニメ化という事でどういった結末になるかも注目される作品になりそうです。また、主人公・流拓真がかつてのゲッターの搭乗者・流竜馬の息子で、司令官が平成以降の作品では半ば定番になっているかつてのゲッター2の搭乗者の神隼人だったり、主題歌がOVA「真ゲッターロボ」の主題が「HETAS」の現代版だったりとゲッターファンにはたまらない要素が満載になってる印象です。(30代男性)