(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

ブルーピリオド

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2021年10月現在のものです。

放送 2021年10月~
話数 全-話
制作 Seven Arcs
声優 矢口八虎:峯田大夢
鮎川龍二:花守ゆみり
高橋世田介:山下大輝
橋田悠:河西健吾
桑名マキ:宮本侑芽
OP

ED


ストーリー

成績優秀で世渡り上手な高校2年生・矢口八虎は、悪友たちと遊びながら、毎日を過ごしていた。誰もが思う”リア充”……そんな八虎は、いつも、どこかで虚しかった。ある日、美術室で出会った1枚の絵に、八虎は心を奪われる。「絵は、文字じゃない言語だから」絵を通じてはじめて正直な気持ちを表現できた八虎は、美術のおもしろさに目覚め、衝動のままにスケッチブックへ向かっていく。そして八虎は、ついに進路を固める。「第一志望 東京藝術大学」実質倍率200倍、入学試験まで、あと650日──!国内最難関の美大を目指して青春を燃やす、アート系スポ根物語、開幕!

みどころ!

大賞も受賞している作品のアニメ化でどこまで表現出来るのかも期待出来ます。自分の絵が好評で本気で芸術に向き合う主人公、矢口の志に心が震えてしまいます。芸術や大学を受験する意味や大変さなども話が進むに当たり伝わってきて、納得さえしてしまいます。またテーマが絵という芸術であるため言葉や台詞よりもいかに絵のタッチの表現が大事な作品でもあります。しかも分かりやすく解説のようなストーリーになっているので、抵抗がある人も見やすいのではないでしょうか。絵画を描くための構図や感情方法も描かれていて芸術に対する見方も変わってくること間違いなしです。プロ目線ではなく素人目線での展開、登場人物の感情も隠さず放出されていて作品の中に入り込んでしまいます。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間

×
未配信

31日間無料!
dアニメストア ×
未配信
31日間無料!
×
未配信
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『絵を描く悦びに目覚めてみた』

夜な夜な友人と渋谷の街に繰り出すヤンキーにして、昼は成績優秀の高校生。矢口八虎はそんな毎日に空虚さを覚えていた。美術部の部室で出会った一枚の絵は、八虎に描くことのワクワクをもたらす。常に感じていた渋谷の「青」が表現出来た時、初めて覚える生きてる実感。「藝大一択?」八虎の眼前に進路は大きく開かれた

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
絵を描く事が好きな主人公の高校生が東京藝術大学を目指すことを目標にするアニメで、今回は美術の授業2時間で好きな風景を描いていました。2時間で風景を描くのは結構難しいので、写真などのデータがあるとスムーズに描けると思いました。
40代女性
ピカソ展のポスターを見ても、自分にも描けそうだとしか思えなかった、少し努力をすれば何でも程々に出来て来たからであろう八虎なりの壁。自然に惹き込まれたのが、さっき目の前を飛んで行った龍二の画だったとは、あの一瞬だけでてっきり女性だと思ってしまった、固定観念の塊な自分にガツンと来ました。
40代女性
オールで遊んでても、チャラい感じでも、勉強はしてて、でも、満たされない欲求の日常に、美術部で見た絵に素直に感動してるのに、素直に好きって言う勇気。美術で渋谷で感じた早朝の空気を表現出来て、それからはどんどん描いてく八虎が先生にまた褒められて、何百倍の倍率の東京藝術大学に向かいだしたの、見てて気持ちよかったです!
40代男性
本当に人生って思いもよらない時に一瞬で変わるよなと、良い方向に向かおうとしている八虎のことを見ているとワクワクして来て、それでも高い目標を持つと必ず現れるであろう高い壁を前にした時に、彼がどう立ち向かうのか、どう飛び越えるのかとても興味深いです。
40代男性
そもそも八虎ってヤンキーなのに成績優秀で、スクールカーストも上位って、非の打ち所がないからこそ多少悪いことをしていても、目を瞑ってもらえるという周りから憧れるような存在だけど、そんな一見完璧に見える人でも、だからこそなのか空虚に感じることもあるんですね。
しかも渋谷の青を表現したいとか、オシャレ過ぎる。

TOPに戻る↑

第2話『全然焼けてねえ』

顧問の佐伯先生の指導の下、八虎の美術部での日々。夏休みが終わり、デッサン30枚を仕上げた八虎に唖然の部員達。八虎は「天使の絵」の森先輩が、予備校では下から5番目と聞き、衝撃を受ける。年が代わり、森先輩は八虎に「ニケ」の絵を残し、卒業する。八虎は藝大受験を認めない母に、母の日常を描いた絵を差し出すのだった。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
挑み続けるように創作意欲が溢れて仕方がない八虎の行動は今という時間が堪らなく楽しくてならないように思えてしまい、今までのなんとなく人に合わせていた時の流れを取り戻すような気持ちに無意識ながらなっている気がする。
40代女性
進路希望の第三志望までを「東京藝術大学」と書いているのを見つけたお母さんが深いため息をつていて、きっと普通の大学に通って普通に就職をして欲しいんだろうなとの親心ではあるんだろうけれど、美術部にいる時の絵を描いている時の八虎は本当に楽しそうで、佐伯先生の言葉のまま挑戦してみて欲しいと心から願うばかりです。
40代女性
デッサンをやる意味は、デッサンをやることで基礎が身について、あらゆる絵に応用できるってことか。
そして森先輩が無事に美大に合格してよかったです。森先輩が合格するって一つの希望ですよね。
お母さんも説得できたみたいだし、いよいよ本格的に美術のことが始めるって感じかな。
40代男性
毎日毎日八虎が心血注いで描き続けてデッサンは上達して行って行く中で、お母さんには金銭的にや将来性を突っ込まれて揺れ動く所に森先輩に後押しされて、勇気を出してお母さんに説得する時にお母さんの絵を書いて、お母さんの苦労の気づきを絵から分かれたって言うの感動しました。
40代男性
八虎が美術に興味を持てたきっかけの一番は森先輩の絵なんだろうけど、やっぱり顧問の先生の教え方やアドバイスも大きいですよね。
生徒をやる気にさせる教え方が上手いなって改めて思いました。
八虎って元々の頭の良さもあるんだろうけど、夏休みの課題をきっちりこなしてくるところを見ると、最初から天才なんじゃなくて、努力の天才なんですね。

TOPに戻る↑

第3話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
中性的な見た目の可愛いリュウジが、他人と自分との間にある大きな価値観の違いを感じて涙するシーンが良かったです。主人公とリュウジの幼馴染み二人がタバコを吸って語り合うベンチでのシーンは深く印象に残るものでした。
40代女性
他者とは異なる自分の中にある異質な人間性について突き詰めて語るリュウジの言動には注目できました。ヤトラとリュウジとの間に確かにある幼馴染みの妙な絆が濃く見えた点が良かったです。メイド服姿でポニーテールにしたリュウジは可愛らしかったです。
40代女性
美術予備校での物語の中で、魅力的にして個性的な新キャラクターが一気に登場した点が見所となっていました。各員が美術に対する取り組み、価値観として独自のものを持っていると分かる点が面白いです。人間ドラマが濃く見えました。
40代男性
美術予備校で気になる新キャラクターがたくさん出て来た点が印象に残ります。同じ美術とはいえど、描きてによって作風が大きくことなるというのが、各員の提出物から分かりました。上には上がいると知ることでその道の厳しさをしる主人公の物語にも注目できるものがありました。
40代男性
美術予備校でのリアルな授業風景が見える点が珍しく、興味がわきました。自分の美術における個性を磨こうと頑張る主人公の物語に集中でき、応援もしたくなりました。授業の中に独特な緊張感が見えるものがあったのも良かったです。

TOPに戻る↑

第4話『我々はどこへ行くのか』

世田介に、自分が描いた絵を、好きな絵の「上澄みを掬ったよう」と指摘され、凹む八虎に、大葉は「構図」と「視線誘導」の重要性を伝える。浪人生と合同の夏期講習が始まり、温度差に面食らう八虎。最終の公開コンクール、1位になると受からないというジンクスに、トップのマキは落ち込むのだった。そんな中、世田介が予備校を辞めると言い出す。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
まだまだ自分の実力が足りないことで悔しくて泣くヤトラの本気が見えました。文化祭に行き、先輩達の画を見て益々画の世界にはまっていくヤトラのサクセスストーリーが見えたが良かったです。美術のゴールは人それぞれで違うという大葉先生の言葉には深みがあったと思います。
40代女性
迷って悩んでを行う中でも、八虎が益々絵画に惹かれ、好きになっていくのがよく分かりました。向上心をもって取り組む主人公の青春に好感が持てます。ヒロインの桑名の明るいキャラ性は可愛らしいもので良かったです。
40代女性
夜間コースとは違う予備校の生徒達の作品の独創性が見て取れました。既存のものでなく、自分の世界感から新しい作品性を生み出すことが絵画のセンスとして重要なものだと分かりました。受験絵画というこの世界ならではの価値観にも注目できるものがありました。教えられた技術が全てではなく、完成には自分だけの力もいると分かりました。
40代男性
描けば描くほどに絵画の世界を知り、それだけに自分の届かない高みがあるとヤトラが知っていく過程が印象的です。視線を集中させるなどの絵画構造の技術が分かる予備校でのシーンは参考になりました。実践的な絵画の授業が見える点には魅力を感じます。
40代男性

TOPに戻る↑

第5話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新