(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

薔薇王の葬列

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2022年1月現在のものです。

放送 2022年1月9日(日)~
TOKYO MXほか
話数 全ー話
制作 J.C.STAFF
声優 リチャード:斎賀みつき
ヘンリー:緑川光
ヨーク公爵リチャード:速水奨
エドワード:鳥海浩輔
ジョージ:内匠靖明
ウォリック伯爵:三上哲
ケイツビー:日野聡
マーガレット王妃:大原さやか
エドワード王太子:天﨑滉平
アン:鈴代紗弓
イザベル:真野あゆみ
エリザベス:伊藤静
セシリー:久川綾
バッキンガム:杉山里穂
ジャンヌダルク:悠木碧
ナレーション:大塚芳忠
OP「我、薔薇に淫す」古川慎

ED「悪夢」ZAQ


ストーリー

中世イングランド。白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代…。ヨーク家の三男・リチャードにはある秘密があった。それは、男女両方の性を持つということ。己を呪うリチャードは残酷な運命に導かれ、悪にも手を染めていく…… 。シェイクスピアの史劇「ヘンリー六世」「リチャード三世」を原案に描かれる運命のダーク・ファンタジー!!

みどころ!

「オトメン(乙男)」の作者、菅野文さんが描くファンタジー作品。原作は、少女漫画でありながら王位を巡る戦争が中心となっています。前回の菅野文さんの長編作品である「オトメン(乙男)」とは打って変わり、登場人物の容姿がほぼ全員とても整っています。作中のキャラクターの視線の動きには見入ってしまうことも。アニメでこの美しさを再現できるのか期待大です。キャストは未定ですが、主人公リチャードはその中世的な容姿とバックボーンから、実力のある声優さんが抜擢されるのではないでしょうか。アニメーション制作の J.C.STAFF は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」や「とある魔術の禁書目録」シリーズを手掛けています。この2作以外も、作画がきれいでアクションシーンも見応えがある作品が多いです。「薔薇王の葬列」の華麗ながらも過激なシーンも、漫画とは違った見せ方をするのではと楽しみです。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間


見放題

31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!
×
未配信
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『Wars of the Roses』

「悪魔の子」。母セシリーから疎まれ育ったヨーク家の三男・リチャードは、誰よりも父であるヨーク公爵リチャードを慕っていた。父はリチャ-ドに告げる。「私はこれからこの国に大嵐を呼び起こす。黄金の環を手に入れ、必ずや戻ってくるぞ」。それは白薔薇のヨーク家と赤薔薇のランカスター家が王座を巡って争う薔薇戦争の始まりだった。戦いの中、ランカスター勢に捕らえられたリチャードは、抜け出した森の中で羊飼いの青年と出会う。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
荘厳な雰囲気が終始漂っていたストーリーで、人間関係が入り乱れていたのが印象的です。何が起こっているのか把握しにくいのが難点ですが、だんだん理解していけば面白く見れる内容の作品でしょう。奥深いシナリオとキャラクターの重厚さで見ている人を惹きつけてくれる気がします。
30代女性
リチャードは悪魔の子と蔑まれてきて、昔から色々と苦労してきたからなのか、かなりの過激派ですね。お父様に戦いを進言したときは年齢的に全く似つかわしくない顔をしていましたね。時々出てきたそばかすの男の子の正体は何なのでしょうか?ヘンリーやリチャードについての秘密もまだまだたくさんありそうなので今後の展開に期待です。
40代女性
中性的な印象が強く家族の中で唯一黒髪であるリチャードの不思議な魅力が素敵ながらも、それがかえってリチャード自身を孤独にしていたのかと思えてしまい、更に不思議な力も宿していたという神秘性に惹き付けられる。
20代男性
実際にあった歴史上の戦争が元になっているということで、ダークファンタジーとして面白くなっていくそう。
そして主人公が両性具有って同人誌では見かけたりするけれども、アニメでは珍しいですね。
両方持っているが故に母親から、悪魔の子なんて言われたりと、色々と複雑ですが、恋愛面もどうなっていくのか楽しみ。
20代男性
格式の高い良家であるから尚更、男女どちらの性も持つリチャードのことを忌み嫌うんだろうなと、本当なら誰よりも本人が1番苦悩しているだろうと、心寄り添い味方で有り続けて欲しい存在である母親からの拒絶は、扉を開いて真っ暗な場所へと後ろから背中を押されたことと同じ残酷さしか感じられませんでした。

TOPに戻る↑

第2話『Father Is My Light』

リチャードは父・ヨーク公爵とともに戦場に立つことを望む。しかし、その願いは母セシリーに阻まれる。「お前の言葉は呪いとなり人を破滅させる」。塔へと幽閉させられたリチャードは、その塔にランカスター家の王ヘンリー六世も囚われていることを知り、彼を殺して父に王冠を捧げたいと強く願うのだった。そのころヨーク公爵は、ランカスター家のマーガレット王妃率いる軍勢と激しい戦いの果てに虜囚となっていた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
40代女性
リチャードを思う母を演じ涙で訴えながらも、彼の耳元では真逆の言葉を伝え、ヨークはその言葉通りの愛だと信じて、リチャードを連れて行く事を止めたけれど、ヨークが変わらぬ愛情をリチャードへ注いでいる、その嫉妬心から憎悪感情へ変化して行ったのかと、セシリーの深層心理が知りたくなりました。
40代女性
マーガレットが率いた軍勢と直接対決を決めたヨーク公爵だったけれど、今度は絶対に引かないとリチャードとの約束を守ろうと、最後まで前線で剣を振るっていたけれど、彼が討取られたと知れば、またお前が悪魔の子だからだと擦り付けるんだろうと想像するだけで苦しくなってしまいます。
30代男性
呪いとばかり話している母親のセシリーの方が思考の中を完全に呪いによって何も見ていないとしか思えず、リチャードを幽閉するよりも、セシリーを精神病棟で呪いの言葉を取り除く治療を施せよと言いたくなる暴走には呆れてしまう
20代女性
“偶然といえども、お互いにお互いがどんな立場の人物なのか知らないまま、孤独や悩みを打ち明けて、だんだんと惹かれ合っていくリチャードとヘンリーが良かったです。ただ戦時中ではあるし、お互いの立場を考えると、単純にハッピーな恋愛は難しそう。”
20代女性
“お父さんのリチャードしか、リチャードを愛してくれていなかったから、お父さんの役に立つために色々とリチャードが監禁されても役に立とうとするのが健気ですね。そして監禁生活の中で、知らないうちに打ち解けてしまった2人が、どんな運命をたどるのか気になる。”

TOPに戻る↑

第3話『I Am the Shadow, the Darkness Behind the Light』

父・ヨーク公爵は殺された。ウォリック伯爵は、ヨーク家の長男エドワードに王になるよう促し、エドワードはそれに応える。ロンドン郊外で行われるヨーク家とランカスター家の決戦。リチャードもまたそこで血を求め剣を振るっていた。「闇の中で。血の色しか見えない。だから埋め尽くすんだ……」。まるで薔薇の花弁のよう降り注ぐ血。戦はヨーク家の勝利に終わり、キングメイカー・ウォリック伯爵は、エドワードの婚姻を計画していた。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代女性
たった1人この世で愛し合いされた父親を失ってしまったリチャードは、敵軍の血を持って父親へ愛を捧げるしかないと、ひたすら馬を走らせひたすら敵を斬り捨て、それだけが自身の生きる意味であると信じて疑わないのも、母親から呪いの言葉を囁き続けられた結果なんだろうなと恨めしくなります。
30代女性
父親のヨークがこの世からいなくなった事は息子のリチャードにとって相当な精神的なダメージとなるのは当然だけに心配でしかなく、混沌した雰囲気ばかりで早速とばかりに良からぬ事を考えるヤバい奴らが動き出すなと感じてしまい、物語が濃厚となるだけにワクワクする。
40代女性
前回リチャードがお父さんの生首にキスをして終わるという衝撃展開で幕を閉じたけど、お父さんがいなくなった世界で、
敵国の兵士を残虐に殺しまくって、自分をバラ色に染めるっていう生き方をリチャードは見つけたんですね。
20代男性
エドワードを王と呼び忠誠を尽くすと誓ったウォリック伯爵に対して、エドワードもその忠誠に応えると2人の魂を鎖で繋ごうとまでハッキリしっかり誓っていたのに、それをも簡単に覆す所が好色であるエドワードの弱点だなと、とても鎖だとは思えなかった脆くてあっけない蜘蛛の糸の様でした。
20代男性
これ以上の戦いも民の犠牲も望まなかったヘンリーに、これが貴方の選んだ結果だと、死んで行った数多の兵士たちを見せてさらに追い込むとは、さすがヨーク公爵の首を城に晒すだけの人物だなと、でもそんな冷酷さを持つマーガレットだから、軍勢も着いて行くんだろうなとも思えました。

TOPに戻る↑

第4話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新