(2020.10.1)「リーチサイト規制」に関する法改正に基づき、一部リンクを削除しました。

アオアシ

\この作品を見るならココ!/
配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料!

※このページは2022年5月現在のものです。

放送 2022年4月9日~
NHK Eテレにて
話数 全ー話
制作 Production I.G
声優 青井葦人:大鈴功起
大友栄作:橘龍丸
橘総一朗:山下誠一郎
冨樫慶司:八代拓
黒田勘平:堀江瞬
朝利マーチス淳:加藤渉
本木遊馬:榎木淳弥
竹島龍一:熊谷健太郎
福田達也:小林親弘
一条 花:河瀬茉希
OP「無心拍数」[Alexandros]

ED「Blue Diary」Rin音


ストーリー

「世界へ、連れていってやる。」 愛媛に暮らす中学生・青井葦人(あおいアシト)は弱小サッカー部のエース。中学最後の大会で負けた日、悔しさをぶつけるように海辺で走り込んでいたアシトは、試合を見ていた一人の男と出会う。その男――福田達也は、J リーグ有数のクラブ「東京シティ・エスペリオンFC」で、高校生年代を育成する組織「ユースチーム」の監督だった。 荒削りだが、ある特別な才能を持つアシトに無限の可能性を見出した福田は、自らの野望を語り始める。 「俺には野望がある。俺の作り上げたクラブで、世界を掌中に収める。世界への踏み台じゃない。我がクラブこそが世界だと。その野望のすべてを担うもの、育成<ユース>だ。」 福田の誘いを受け、入団試験<セレクション>を受けに上京することを決意するアシトだったが── 常にサッカー漫画の最前線を走り続ける『アオアシ』が、ついに待望のTVアニメーション化! 挫折、成長、友情―青春の全てがここにある!

みどころ!

愛媛県内の公立中学校に通う青井葦人はサッカーチームに所属し、FWのポジションでチームの要として活躍している所を、プロサッカーチームの東京シティ・エスペリオンFCの下部組織であるユースチームを率いて指導する監督を務めている福田達也が故郷に帰省している時に見かけ、ユースチームの所属採用試験を受けるようにと声を掛け、最終試験にまで残った葦人は去年のユース採用組で結成されユースチーム2軍に圧倒的な力を見せつけられる中で、葦人は得点を決めて合格しただけに華々しくユース生活を送れると思いきや、他のメンバーとの連携ができない状況に追い込まれ、先ずコーチから与えられた課題はサッカーの基礎練習という、今までのサッカーマンガでは描かれなかったユースチームの詳細な現状内容と主人公の青井葦人には才能があるもののまだ足らない事ばかりで、更にサッカーというチームプレーに必要な事とチーム側から選手に言い渡される辛辣な場面を交えている所が見どころとなっています。

TOPに戻る↑

\無料配信ココ!/
⚠️各話一週間限定無料配信!

配信サービス 配信状況 無料期間

各話期間限定無料

各話期間限定無料
\この作品を配信中のおすすめサービス/
配信サービス 配信状況 無料期間


見放題

31日間無料!
dアニメストア
見放題
31日間無料!

見放題
14日間無料!

見放題
2週間無料!
注意事項

違法サイトを利用してアニメなどを視聴すると、ウイルスに感染する可能性があります!

\ウイルスによる危険性/⇦ここをクリック

感染したことに気がつきやすい被害

  • パソコンや各種ソフトウェアが突然動かなくなる
  • 画面上に意味不明なメッセージやアダルト広告のメッセージが表示される
  • 画面上の表示が崩れる
  • ファイルが勝手に削除される
  • インターネットで最初に表示されるページが変わってしまう

感染したことに気がつかない被害

  • ウイルス付きのメールを勝手に大量に配信されてしまう
  • パソコン内の写真などのデータを勝手に配布されてしまう
  • パソコン内のクレジットカード情報などの個人情報を盗まれてしまう

【引用 正しい知識で正しく対策!ウイルス対策入門】

 

上記のように、あなたが気付かないうちにウイルスに感染している可能性もあります…。

ウイルスが心配だけど動画は視聴したい!という方は、安全な動画配信サービスの利用がお勧めです。

 

動画配信サービスがおすすめの7つの理由

  1. ウイルスの感染の心配なし!
  2. 無料お試し期間がある!
  3. 月額料金が安い!
  4. オフラインでどこでも動画が見れる!
  5. 取り扱い動画が豊富!
  6. DVDよりも画質が良い!
  7. それぞれのサービスでオリジナル作品が見れる!

 

お試し期間中に解約すると料金はかかりません。

第1話『ファーストタッチ』

愛媛に暮らす中学生・青井葦人(アシト)は、弱小サッカー部のエース。中学最後の県大会、アシトの活躍によりチームはベスト4へと迫るが、相手チームのゴールキーパーによる挑発に激昂したアシトはレッドカードを貰い退場してしまう。試合に敗れ、悔しさをぶつけるように海辺を走り込んでいたアシトのもとへ、Jリーグ・東京シティ・エスペリオンFCの育成組織、ユースチームの監督だと名乗る男・福田達也が現れる。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
課題をこなせないアシトを前にして、思い違いかと諦めそうになっていた福田だったのに、こぼれ球なんかじゃない、皆が繋いでくれた皆のゴールなんやとの言葉を聞いて、フィールドにいた22人全員の位置を把握していたんだと一気に目を輝かせたのは、同じバケモノ同士惹き合ったからなんだろうなと思えました。
30代女性
アシトが一発退場して試合には負けてしまったけれど、大切な仲間を母親を侮辱されて我慢出来なかったことを、精神的に未熟だったからだと言い切ることは出来なくて、口だけじゃなく人の何倍もアシトが練習量を重ねていたと、見る人が見ればちゃんと分かるんだなと救われた気持ちになりました。
40代女性
アシトはすぐにカッと頭に血が登って、手ならぬ頭が出るところが良くないけれども、試合の時の相手の位置を覚えていたり、朝にはボールさばきをマスターしていたりと、本当に凄い才能ですね。そして福田監督の世界に連れて行ってやるっていう誘い文句もかっこいい。
20代女性
アシトの性格は面白いけれども、自分勝手にプレーしているように見えて、実はちゃんと周りを見て考えてプレーしてたんですね。そんなこと知ったら、鳥肌立つ。それとあの頭突きは、チームメイト猿呼ばわりされてキレたかと思いきや、母親のことって、アシトが家族思いだからこそ、お兄さんも協力してくれるんだな。
20代男性
選手としての能力は高いものの血の気の多すぎる所が仇となる日本人に多くいる選手の1人に見えてしまうアシトの精神はまだまだお子ちゃまレベルでしかなく、自ら全てをムダとしてしまう残念な所がどんな風に変わっていくのかワクワクする。

TOPに戻る↑

第2話『東京シティ・エスペリオン』

福田からエスペリオンユースの入団試験<セレクション>を受けに来いと誘われたアシトは、兄である瞬の後押しで単身東京へ。エスペリオンのサッカー施設の充実ぶりに驚くアシトは、福田の義理の妹・一条花と出会い、会場へと案内される。輝かしい経歴を誇る総勢86名の受験生が集まる中で何の実績も持たないアシトだったが、緊張に手を震わせつつも「この中でサッカーができる」という高揚感を胸にセレクションへ臨む。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
あの位置から正確なパスを何故出せたのかをどうしてもアシトへ確かめたかったのは、花さんが1番尊敬している大好きなサッカー選手だった福田監督とダブって見えたからで、でもそうじゃないはずだと認めたくないからなんだろう複雑な心境が伝わって来るようでした。
30代女性
アシトのモジャモジャ頭を見て、お前が愛媛から来た奴だなと声を掛けたのは、バルデラマみたいな奴が来ると福田さんから聞いていたからかと納得しつつ、バルデラマの髪型まで把握しているとは、花さんも相当サッカーに詳しいんだろうなと興味が湧きました。
40代女性
アシトが参加したユース入団試験って、ジュニアユースとかも含めて全員が公平にこの入団試験を受けて入団が決まるのかと思ったら、スカウトチームが欲しいと思わなかったけれども、入りたいなら試験を受けてみたら的な感じなんですね。監督が直々に誘ってきたのに、合格者が出ないか持ってことに驚いてしまった。
20代女性
この入団試験だと今までのアシトの超個人主義なプレーだと通用しないし、最後の試合でチームメイトに迷惑をかけてしまった反省が生きて、どうすればこのチームのみんなで勝てるのかって考えているのが良かった。どんどん試合を通してアシトは成長していきますね。
20代男性
プロの道へと進むには近道となるユースチームだけにそこに集める面々のサッカーにかける気持ちの強さはハンパなく、誰もが自信満々な考え方を持っているだけに中学校のサッカー部の呑気さが全くない雰囲気は物語が格段に面白くなってくる。

TOPに戻る↑

第3話『最終試験開始』

第一試験を通過したアシトたちに課された最終試験は、エスペリオンユースとの試合だった。そして福田は、「試合中のどこかでお前らにあることを言う」と告げる。まわりの受験生が怖気づく中、ユースを倒して全員で合格しようと意気込むアシト。試合開始直後から、アシトを中心にゴールへ迫り、手ごたえを感じる受験生たちだが、阿久津を始めとしたユースチームの緩慢なプレーに違和感を覚え始める。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
アシト含む11人でエスペリオンユースとの試合形式の最終試験が始まったけれど、去年唯一セレクション合格者だった阿久津が、アシトとのボディーコンタクトで倒れ込んだ際、肋骨へ手をわざと押し当て倒れ込んだやり口にはむかっ腹が立ちました。
30代女性
全然活躍出来てなかったからと自信無さげだった大友くんだけれど、白いビブスの番号の近い選手へ自分から話し掛けていたことも、試合で劣勢な時も1人で声を出していたとチームプレーに欠かせない協調性と自ら歩み寄れるその力も立派な才能だよと彼をこれからも見続けて行きたくなりました。
40代女性
最初はユース相手でも、受験生たちがいい勝負してるなって思ったけど、本来のポジションではなかったのか。だからちょくちょく集合しては、色々と話し合ってダメなところとか、アドバイスとかして修正していたのかな。これがジュニアであろうとプロなんですね。
20代女性
阿久津が前年の唯一の合格者か。唯一受かっただけあって、やっぱり別格感が漂っていたけれども、アシトに対して、周りの環境が悪いっていうのは、本当に失礼。きっと苦労したことないんだろうな。それでも諦めずに頑張っているアシトが印象的でした。
20代男性
アシトは確かに優秀だと思われるプレーを自然と華麗にできてしまう天才的なサッカー選手かもしれないが、アシトのように考えている事は既に誰かが過去に考えていたはずであり、このことをまだ理解できていないアシトはアマチャンなのだろう。

TOPに戻る↑

第4話『CROW』

エスペリオンユースのプレーに圧倒される受験生たちに、さらに追い打ちを掛けるように福田から「あること」が告げられる。メンタルを立て直せない受験生チームは成す術無く、立て続けに追加点を許し、試合は一方的な展開となる。ユースと自分たちとの歴然とした差に絶望している受験生の中で、阿久津のラフプレーのダメージを引きずるアシトも徐々に戦意を喪失していく――。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
1年しか違わない、その1年には雲泥の差があることを知らせた上で、何処までセレクションメンバーがプレー出来るかを福田監督は試したかったんだろう。そんな中でアシトがまず考えたのは、お兄さんが渡してくれたお金のことで、残された時間で何が出来るか最後まで絶対諦めないという強い意志と覚悟を感じました。
30代女性
キーパー以外のユース選手は今までやったことのないポジションでコンバートしていたと、福田監督が後半にアシトたちへ伝えたことにはきっと意味があるはずで、チームとしてまとまりつつあったセレクション側にどんな化学反応が生まれるのか、それともこのまま終わってしまうのか、ますます最後まで見逃せない戦いとなりました。
40代女性
アシトたちの懸命に試合を前向きにやろうとする所に更にぶっ込んでくる福田の発言には唖然とさせられ、選考会だけに揺さぶりまくってアシトたちの心理面に動きのキレを見ているのだろうと思うが、とにかくイヤらしいやり方だと感じてしまう。
20代女性
アシトの良さがやっと出てきましたね。アシトの良さって一見派手で目立つあきらめの悪さと勢いだけど、本当は空間把握能力とか先読みの良さなんですよね。そしてきちんとそれを察して、アシトの動きに合わせて動いてくれる大友達が本当に良い。大友は本当に将来チームに欠かせない人になるだろうな。
20代男性
地元で最強なアシトも、ユースのレベルの差に圧倒していてそれは現実世界でもあり得るなと思います。上には上があるというのは、大学サッカーでよく実感していますので、すごく親近感を持って、確かにと思いながら見ることができました。

TOPに戻る↑

第5話『オレンジ色の景色』

地元・愛媛でセレクションの結果を待つアシトの元にユース合格の通知が届く。歓喜に湧くアシトや友人たちだったが、それを眺めるアシトの母・紀子の表情はどこか寂しげだった。電話でアシトにユースについて説明をしていた花は、上京する前に紀子とよく話すよう諭す。紀子と向き合おうとするアシトだったが、なかなか話が出来ず、母子ふたりはすれ違ったままで…。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
アシトはサッカー楽しんでいるのは趣味的なことかと思えていた母親の紀子だけに、これからの費用を考えると悩んでしまう気持ちだったのが、アシトはプロのサッカー選手となって母親を楽させたいと考えていたと知ったために引き留めをしないで全ての負担を取り除こうとしていたと思うと切なくなる。
30代女性
葦人と母親の別れが感動的に描かれていて、見てて思わず泣けてしまいました。そしてサッカーをするにあたって、自分一人ではなく家族や仲間の支えが必要だということを実感できる内容でした。今回はサッカーをするシーンよりも人間ドラマが充実していて良かったです。
40代女性
アシトの合否の発表を待っているときに、落ちているかもって意地悪言っていた女の子は、アシトの東京行きにめっちゃ号泣してたし、きっとアシトの事を好きだったんじゃないのかな。全くそんな描写が無かったけど、サッカー部が追いかけるときに、お友達が泣いている子も即効で連れて言ってたから、そんな気がする。
20代女性
葦人の合格通知が届いて良かったけどお母さんのサッカーに取られるという言葉で寂しくなりましたね、花がちゃんと話をした方が良いなんてしっかりしている子で安心です。献立表を送って来てくれたり葦人や家族にも色々と教えてくれて親切だし、葦人が東京に行ってもお世話して欲しいですね。葦人が春になって卒業式の前に東京へ行くのは卒業式に出られなくて可哀想だけど、先生の寛大な心でサッカー部が見送りに来てくれたのは嬉しいですね、葦人が一生懸命に涙を堪えているのが感動します。お母さんはお見送りに来なかったけど手紙を渡して不器用な性格ですね、葦人の思いを分かっていて自分の誇りだと言ったのは号泣だったし、シューズを買ってくれたのはありがたいし親の愛に涙が止まりませんでした。葦人も人目を気にせず泣いてしまって、真っ直ぐ見つめる目力が強くて東京へ着くのが楽しみですね。
20代男性
花ちゃんグッジョブだったな。たまたま電話したときに、お母さんのサッカーに取られる発言聞いてしまったから心配してくれていたんだろうけれども、色々と聞かれてスタッフに丸投げしないで、自分で一生懸命調べて真摯にお母さんに答えていたのが良かったです。

TOPに戻る↑

第6話『最初のファン』

母・紀子の想いを受け取ったアシトは、決意と共に再び東京シティ・エスペリオンを訪れる。練習場でエスペリオンユースの女性サポーターに話しかけられ、たじろいでいるアシトが再会したのは、セレクションを共に戦った大友と橘だった。ジュニアユースからの昇格組である遊馬・朝利とも合流し、寮へとやってきたアシトだったが、ひとりの合格者が集合時間を過ぎてもまだ現れていないことを知る。

【☆アニメ動画視聴感想☆】
20代男性
アシトのことをプロになれないと否定された花さんが、私が世界で1番最初の青井葦人のファンだ!と言い切った意味は、アシトなら世界で活躍出来るしファンだって増えると言いたいんだろうなと、アシトがその会話を聞いていたから尚更グッときました。
30代女性
遂にプロへの道に進み出したアシトのユースチーム入りは嬉しいものの、アシトが建物を見て笑みを浮かべたものの書類を握り締めた姿には緊張感が伝わり、単に見て楽しむだけが緊張感がこちらも高まってしまいドキドキさせられる。
40代女性
やっぱり一緒に合格したのは大友と橘だったか。ユースとの試合の最後の3人の連携が素晴らしかったので、同じく寮生活なのは嬉しいですね。しかもユースに入って早々にサインをねだられるとか、本当にプロに近づいたっていう感じがして良かった。ああいうファンがいるのってありがたいだろうな。
20代女性
大友くんと橘くんとの再会を果たし、2人も合格していたのか!と自分のことのように大喜びしていたアシトの純粋さがまた尊くて、通える距離だけれど少しでも長く練習がしたいと、2人が寮生活になる点もアシトにとってプラスに働くだろうなと感じました。
20代男性

TOPに戻る↑

第7話『』

近日更新

【☆アニメ動画視聴感想☆】

近日更新

『アオアシ』期待の声

近日更新