11/2 東京タワー ウィンターファンタジー「オレンジ・イルミネーション」点灯式

11月2日(木)に、冬の幕開けを告げるイルミネーション企画「東京タワー ウィンターファンタジー~オレンジ・イルミネーション~」の点灯式が行われ、『覆面系ノイズ』で主演を務める、中条あやみさんが特別ゲストとして参加しました。例年より暖かい気候での点灯式となりましたが、撮影をしていた時期がちょうど1年前ということで、「(今年よりも)もっと寒くて、海のシーンもあり、みんなガタガタ唇を震わせながら撮影していた記憶があります」と、撮影当時に想いを馳せました。

東京タワーには、「雑誌の撮影で来たり、大阪の地元の友達が遊びにくると案内したりしているので、4~5回は登っています」という中条さん。今年で21回目となる冬のイルミネーションは、東京タワーのシンボルカラー“温かなオレンジ色”をコンセプトに、東京タワーの麓に高さ約 12m、樹齢 60 年の《モミの生木》を使ったメインツリーが登場し、合計で約 6 万個の LED 電球を使用して幻想的な世界が展開されます。中条さん自身、点灯式への参加は初めてで、ツリーが点灯すると「とってもロマンチックです。東京タワーに負けてないくらい輝いていますね」と目を輝かせながらコメントし、感激した様子でした。

本作は登場人物それぞれが“伝えられない想い”を秘め、その想いを歌や音楽にのせて相手に届けるという、切なくもキュンとする片恋ストーリー。見どころは「切なくなるところもあるけれど、観終わった後は心が温かくなる話」と「音楽」といい、「特に、最後のライブシーンは、みんなプロ並みに演奏をしていてかっこいいシーンとなっています。私は、奥にあるロック魂を引っ張り出して、シャウトしています」と本作の魅力をアピール。
最後に、「ぜひ映画館で観ていただき心をホッコリした後、東京タワーにきて、さらにホッコリしていただきたいです」と締めの挨拶でイベントは終了しました。

「東京タワー ウィンターファンタジー~オレンジ・イルミネーション~」は2月末まで実施中。