この声よ届け、想いよ響け―――。

Scroll

INTRODUCTION

  • 『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で大ヒットを飛ばした三木康一郎監督が繊細な演出と美しい映像で贈る最高のラブストーリー

    人気少女漫画誌「花とゆめ」で、2013年から連載が開始され、単行本の総発行部数が200万部を突破。読者からの熱い支持を集め、現在も連載中のマンガ「覆面系ノイズ」(福山リョウコ著)を『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で興行収入20億円を超える大ヒットを飛ばした三木康一郎監督が実写化! 美しい映像と繊細な演出で、高校生たちの恋愛ドラマはもちろん、バンドの青春模様を、リアルに丁寧に描きだす!

    突然姿を消した幼馴染に想いを届けるため、歌い続けるヒロイン・ニノと、彼女の声に惚れ込み、彼女を想って曲を書き続ける青年・ユズ。そして、幼い頃いつも一緒にいたニノをなぜか頑なに拒絶し続ける、ミステリアスな幼馴染・モモ…不器用でピュアな登場人物それぞれの切ない片想いが交錯する。言葉では伝えられない気持ちを、歌や音楽にのせて届けようともがく彼らの、切なく、ひたむきな姿が、観る人を温かく前向きな気持ちにしてくれる、究極の“片恋”ストーリーが誕生します

    →
  • 「自分の声を、地球全体に届く声にしたいの!」一途なヒロイン・ニノを、若手最注目女優・中条あやみが熱演!そして人気・実力を兼ね備えた若手キャスト達が大集結!!

    本作のヒロインで、一度聴いたら忘れられない感情豊かな歌声の持ち主・有栖川仁乃(ニノ)を演じるのは、モデルとしてはもちろん、女優としての活躍も目覚ましい、若手最注目株の中条あやみ

    原作のニノを彷彿とさせるルックスに惚れ込んだ制作陣が、「ニノを演じられるのは中条さんしかいない!」と熱烈ラブコール。中条は、バンドのボーカリストとなるニノを演じるために、約半年間に渡りボイストレーニングを積み、身も心もニノになりきった。聴く人を虜にする、中条=ニノのパワフルで透明感のある歌声が、作品を牽引している。

    ニノの声に惚れ込み、曲を生み出すユズを演じるのは、そのルックスと確かな演技力で人気急上昇中の俳優・志尊淳。そしてニノが想いを寄せる幼馴染、モモを小関裕太が演じ、ニノ、ユズとの三角関係を切なく演じきる。また、ニノに嫉妬しながらも、歌い方を教え、よき友となる深桜に真野恵里菜。さらにNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で注目を集める磯村勇斗、そして『キセキ-あの日のソビト-』でブレイクした杉野遥亮が、それぞれの担当楽器を一から猛特訓しバンドメンバーを好演。

    ←
    →
  • 日本のロックを牽引する、MAN WITH A MISSIONが全面協力。物語を盛り立てる、エモーショナルな音楽にも注目!

    本作には、究極の生命体5匹からなるオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが音楽監修/プロデュースとして参加しているのも話題。世界を舞台に活躍し、日本のロックを牽引する彼らが、原作を読み込み、作品の世界観と、中条あやみの声域を踏まえたうえで書き下ろしたのが、物語のクライマックスをエモーショナルに彩る「Close to me」だ。原作ともコラボしていた彼らは、さらに劇中音楽の監修に加え、エンディングテーマ曲「Find You」も本作のために書き下ろし、作品を強力に援護する。そして、in NO hurry to shout;(イノハリ)は実際にメジャーデビューが決定! 映画の枠を飛び越えた、今後の展開にも注目だ!

    ←

この声よ届け、想いよ響け―――。

STORY

高校2年生の有栖川仁乃(中条あやみ)は一度聴いたら忘れられない、人を虜にする歌声の持ち主。6年前に、幼馴染の男の子・モモが突然姿を消して以来、マスクが手放せないのは、感情が高ぶると叫び出してしまうから。幼い頃、何をするにも一緒だったニノとモモ。由比ヶ浜の浜辺で、「きらきら星」を歌ったとき、モモは「もしも会えなくなっても、お前の歌声を目印に会えたらいいよな」とつぶやいた。モモがそう言ってくれたから、ニノは歌うことを止めずにいる。いつか、その声がモモに届くと信じて―。

そんなある日。ニノは転校先の学校で、懐かしいメロディを耳にする。それは、モモがいなくなってしまった後に由比ヶ浜で出会った少年・ユズが浜辺に書いていたメロディ。当時、モモを失ったニノを勇気づけてくれた、その旋律に導かれるように音楽室に向かったニノは、ピアノを奏でていたユズ(志尊淳)を見つける。6年ぶりの、突然の再会に驚くユズに、ニノは天真爛漫な笑顔で「ユズの曲が大好き」と告げる。

実は、ユズは今注目の覆面バンド「in NO hurry to shout;(通称イノハリ)」のギタリストであり、ソングライターとなっていた。のどの病気で歌うことができないユズは、6年前、由比ヶ浜で聴いたニノの声に魅了され、ニノを“由比ヶ浜のアリス”と名付け、ニノを想って曲を書き、イノハリで演奏していたのだ。しかし、スランプに陥ったユズは曲が書けなくなり、イノハリも解散危機に直面していたが、ニノとの再会により、ユズの中からメロディが溢れ出す。その様子を見たイノハリのボーカルで、ユズに想いを寄せる深桜(真野恵里菜)は、「ユズが心から欲しいボーカルになりたい」という願いが叶わないと悟り、イノハリから脱退。そんな深桜を複雑な気持ちで見つめるイノハリのベースで軽音楽部部長のハルヨシ(杉野遥亮)は、「ユズなんかやめて私にしなさい」と深桜に告げるが、深桜はハルヨシが冗談を言っていると勘違い。そんな想いのすれ違いを、イノハリのムードメーカーで、ドラムのクロ(磯村勇斗)はただ見守ることしかできない。

一方、ニノはモモらしき男性がプロデュースを務めるバンドの新人ボーカルオーディションを見つけ、応募。深桜に歌い方を教えてほしいと直訴し、特訓を重ね、見事オーディションの最終審査に残る。オーディションの日。ユズが書いたものとは知らず、大好きなイノハリの楽曲「ハイスクール」を歌うニノ。その審査員席にいたのは、想い焦がれてきたモモ(小関裕太)だった。ついに見つけた!……とニノが喜ぶ間もなくニノに冷たくあたるモモ。泣きじゃくるニノを、切ない表情で見つめるユズ……。

翌日、想いが溢れたニノは、マスクを脱ぎ捨て、突然、学校の屋上で「ハイスクール」を熱唱する。その姿を目にしたユズ、クロ、ハルヨシは、ニノにイノハリの正体を明かし、新ボーカルとして迎える決心をする。スタジオに呼び出され、新曲「カナリヤ」の譜面を渡されたニノは、突然のオファーに驚きつつも、モモに自分の声が届くまで歌う覚悟をするのだった。

メジャーデビューすべく再始動したイノハリは、初めてのテレビ出演で人気に火がつく。一方、モモのバンドは、打倒イノハリ路線で売り出してくる。しかもそのボーカルは深桜!? 様々な想いが交じりあうなか、それぞれの想いは大切な人に届くのか? 切なく、甘い、恋が、歌が、今走り出す―。

CHARACTER

  • 歌が大好きな高校2年生の女の子、ひとたび歌えば、聞く人を惹きつけてしまう声の持ち主。幼いころに離れ離れになった初恋の人モモを想い、歌っていればいつか会えると信じて毎日歌い続けている。

  • ニノと同じ学校に通う、高校2年生の男の子。軽音楽部に所属し、作曲とギターを担当する。幼いころに一度ニノに会い、自分の歌を唄う彼女の声に魅了されて以来、彼女の為に曲を書き続けている。

  • ニノの幼馴染であり、初恋の相手。「お前の歌声を目印に会えたらいいよな」と言い残し、ある日突然、家族とともにニノの前から姿を消した。ニノには言えない大きな事情を抱えていて・・・?

  • 軽音楽部所属の高校2年生。幼馴染のユズ・ハルヨシとバンドを組み、ドラムを担当。ハルヨシとともにメンバーも見守り、ムードメーカーとしてバンドを盛り上げる。

  • 軽音楽部部長、バンドで唯一の高校3年生でベース担当。金髪にオネエ言葉という独特なキャラクターだが、リーダー的存在としてメンバーのみんなを気づかう。密かに、深桜に想いを寄せている。

  • 軽音楽部所属の高校2年生。ずば抜けた歌唱力の持ち主。ユズに想いを寄せつつ一緒にバンドを組んでいるが、ニノが現れたことでその関係性が大きく変わっていく。

  • ニノ as 中条あやみ
  • ユズ as 志尊淳
  • モモ as 小関裕太
  • クロ as 磯村勇斗
  • ハルヨシ as 杉野遥亮
  • 深桜みおう as 真野恵里菜
  • ヤナ as 渡辺大
  • 月果 as 中島亜梨沙

相関図

中条あやみ

中条あやみ
as
有栖川仁乃(ニノ)

1997年2月4日生まれ、大阪府出身。モデル・女優。11年に「Seventeen」の専属モデルでデビューし、現在「CanCam」専属モデルを務める。TBS系列の連続ドラマ「黒の女教師」(12)で女優デビュー。以降も幅広く活躍し、14年『劇場版 零 ~ゼロ~』にて、スクリーンデビューを果たすとともに、初主演をつとめた。映画の主な出演作に、『ライチ☆光クラブ』(16/内藤瑛亮監督)、『セトウツミ』(16/大森立嗣監督)、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17/河合勇人監督)。そして18年には主演作『3D彼女 リアルガール』(英勉監督)の公開が控える。

志尊淳

志尊淳
as
杠花奏(ユズ)

1995年3月5日生まれ、東京都出身。11年に俳優デビュー。「烈車戦隊トッキュウジャー」(14/EX)の主演・ライト/トッキュウ1号役を務め注目を集める。以降も、ドラマ・映画・CMと活動の幅を広げ、注目される俳優の一人。主な作品に、映画『先輩と彼女』(15/池田千尋監督)、「5→9~私に恋したお坊さん~」(15/CX)、「そして、誰もいなくなった」(16/NTV)、『疾風ロンド』(16/吉田照幸監督)、「きみはペット」(17/CX)、舞台「春のめざめ」(17/演出:白井晃)、「植木等とのぼせもん」(17/NHK)、『サバイバルファミリー』(17/矢口史靖監督)、『帝一の國』(17/永井聡監督)など。12月には『探偵はBARにいる3』(吉田照幸監督)の公開が控えている。

小関裕太

小関裕太
as
榊桃(モモ)

1995年6月8日生まれ、東京都出身。NHK「天才てれびくんMAX」(06~08)で子役としてキャリアをスタート。舞台「ミュージカル・テニスの王子様」(11~12)で注目を集め、以降も舞台「FROGS」(13)、ドラマ「ごめんね青春!」(14/TBS)、「ホテルコンシェルジュ」(15/TBS)などに出演。最近の主な出演作に舞台「DNA-SHARAKU」(16)、ミュージカル「わたしは真悟」(16/原作:楳図かずお)、『ドロメ』(16/内藤瑛亮監督)、「恋がヘタでも生きてます」(17/YTV)、朗読劇「私の頭の中の消しゴム 9th letter」(17)など。18年には『曇天に笑う』(本広克行監督)の公開が控えている。

磯村勇斗

磯村勇斗
as
黒瀬歩(クロ)

1992年9月11日生まれ、静岡県出身。「仮面ライダーゴースト」(15/EX)にアラン役で出演し、注目を集める。その後、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で前田秀俊役を好演。主な出演作に、「事件救命医2~IMATの奇跡~」(14/EX)、NHK連続テレビ小説「まれ」(15)、連続ドラマW「スケープゴート」(15/WOWOW)、『ガールズ・ステップ』(15/川村泰祐監督)など。

杉野遥亮

杉野遥亮
as
悠埜佳斗(ハルヨシ)

1995年9月18日生まれ、千葉県出身。15年、第12回「FINEBOYS」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界入り。「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(16/NTV)への出演以降、ドラマ「嘘の戦争」(17/KTV)、「東京アリス」(17/Amazon)、映画でも『キセキ-あの日のソビト-』(17/兼重淳監督)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17/河合勇人監督)などに出演。公開待機作に『あのコの、トリコ。』(18/宮脇亮監督)がある。

真野恵里菜

真野恵里菜
as
珠久里深桜(みおう)

1991年4月11日生まれ、神奈川県出身。08年にハロー!プロジェクトよりソロ歌手としてデビュー。卒業後、女優に転身。主な近作に『orange-オレンジ-』(15/橋本光二郎監督)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、「逃げるは恥だが役に立つ」(16/TBS)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16/山口雅俊監督)、『君と100回目の恋』(17/月川翔監督)など。18年には『不能犯』(白石晃士監督)、『坂道のアポロン』(三木孝浩監督)の公開が控える。

渡辺大

渡辺大
as
ヤナ

1984年8月1日生まれ、東京都出身。主な近作に『サブイボマスク』(16/門馬直人監督)、『幸福のアリバイ~Picture~』(16/陣内孝則監督)など。18年には『空飛ぶタイヤ』(本木克英監督)への出演が控える。

中島亜梨沙

中島亜梨沙
as
月果

1982年12月22日生まれ、北海道出身。16年NHK大河ドラマ「真田丸」の吉野太夫役が話題に。主な作品に『サクラダリセット』(17/深川栄洋監督)、『種をまく人』(竹内洋介監督)など。

STAFF

監督 三木康一郎

1970年生まれ、富山県出身。93年よりバラエティ番組のディレクターとして活躍。「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!」(95~EX)では、人気チャレンジ“電流イライラ棒”を考案し、テレビ朝日社長賞受賞。以降も数多くのバラエティ番組で演出を担当し、06年「都立水商!」(NTV)でドラマ監督デビュー。その後も「世にも奇妙な物語 秋の特別編『昨日公園』」(06/CX)、「トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を」シリーズ(07~/CX)、「東京センチメンタル」(14、16/TX)など多彩なジャンルのドラマを演出。映画監督としては『トリハダ-劇場版-』(12)、『トリハダ-劇場版2-』(14)、『のぞきめ』(16)などのホラー映画を手掛けてきたが、初のラブストーリー挑戦となった『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)では多くの女性の心をつかみ、大ヒットを記録。今後も『リベンジgirl』(17)、『旅猫リポート』(18)と公開作が続く。

原作 福山リョウコ

和歌山県出身。2000年「カミナリ」(「ザ花とゆめ」白泉社)で漫画家デビュー。連載作品に「悩殺ジャンキー」(03~08)、「モノクロ少年少女」(09~12)。13年より連載を開始した「覆面系ノイズ」は累計200万部を突破、17年4月にテレビアニメ化もし、新たな代表作となっている。

原作

comment

自分の漫画が映画になるという事実が公開間近の今もあまり現実感がなく、とにかく不思議な気持ちです。たくさんの方の手で創り上げられた三次元の「覆面系ノイズ」の世界を、音を、大きなスクリーンで大きな音で、存分に楽しんで頂けたらうれしいです。
そしてこんな素敵な機会をくださった読者の方々、いつも支えてくださって本当にありがとう。映画『覆面系ノイズ』を、どうぞよろしくお願いいたします!

THEME SONG

Close to me

in NO hurry to shout;

in NO hurry to shout;

映画「覆面系ノイズ」から現実世界に飛び出した謎の眼帯覆面バンド!

高校生である正体を隠すため、眼帯と包帯を利用した覆面姿で活動する謎のバンドとして劇中で活躍する「in No hurry to shout;」は、紅一点のボーカル“アリス”の切なく、透き通ったまるでガラスみたいな歌声で「片恋ソング」をエモーショナルに歌う姿が印象的なロックバンドである。 バンドのギタリストである“チェシャ”が紡ぐ繊細でメロディアスなギタープレイ、バランサーとしてバンドを支え、見た目からは想像できない激しいドラミングが印象的なドラムの“ハッター”、そしてバンドのリーダーとしてイノハリの土台を支える兄貴分的存在のベースの“クイーン”、彼らの粗削りだが魅せるプレイにも是非注目して欲しい。

特に音楽に青春を懸けるメンバーのひたむきな姿勢は、同じ目線で生きる多くの同世代女子の憧れや共感を呼ぶことになるだろう。 また、ゴシック調の衣装に「眼帯」「包帯」といったアイコニックなビジュアルも話題性があり、コスプレ感覚で簡単にマネできるところもフォロワーを生むきっかけになりやすい。 そして、新人としては異例だが、メジャー・デビュー曲「Close to me」はなんとあの人気ロックバンドMAN WITH A MISSIONが書き下ろし提供したという。 「シンデレラボイス」と「ビジュアルインパクト」に加え、MWAMという音楽的信頼感に支えられた2017年最注目の音楽プロジェクトがいよいよスタートする。

ENDING THEME

Find You

MAN WITH A MISSION

MAN WITH A MISSION

頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド、MAN WITH A MISSION。2010年に突如音楽シーンに登場。日本武道館、横浜アリーナ、幕張メッセ、さいたまスーパーアリーナでのそれぞれのワンマン公演は即日SOLD OUT。北米やヨーロッパ、アジアでもツアーを敢行する等、活動をワールドワイドに拡げ、その快進撃はとどまる事を知らない。

comment

カナリ以前ニ原作サイドノ方々カラ我々ノ楽曲ヲ気ニ入ッテ下サッテイルトゴ連絡ヲ受ケ、一度我々モ楽曲ヲ使ッテ戴イタ経緯モアリマシタガ、再ビ「覆面系ノイズ」ノ世界ニ関ワレテ光栄デシタ。

主演ノ「中条あやみ」サンニモ楽曲ニツイテ素敵ナコメントヲイタダキナントモ恐縮デゴザイマス。

作中ノ「ニノ」ヤ「モモ」ヤ「ユズ」ハオ互イヲ「見ツケル」タメニ或イハ「見ツカル」タメニモガク、刻ム、削ル、生キル。「Find You」ハ彼ラノ心情ヤソノ姿ヲ自分ナリニ解釈シテ書カセテイタダイタ曲デス。「ニノ」ガ歌イソウナ、「モモ」ヤ「ユズ」ガ書イテソレニ答エソウナ。ソンナ曲トシテモ映画ヲゴ覧イタダイタ人ニ聞イテクレタラ嬉シイ限リデス。

覆面系ノイズ 0%

ON

OFF

※このサイトは音楽が流れます。

みんなのコメント